FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

信託保全について

もしもFX会社が倒産したらいったいどうなるでしょう? おそらく口座に入れてある預託金は一切帰ってこず、非常に大きな損失を被ることになると思います。こういった事態を回避するのが「信託保全(信託分別管理、信託保全管理)」という制度です。


信託保全とは預託金・保証金などの資産を信託銀行に信託する制度のことで、信託保全を導入しているFX会社が倒産したとしても、資産は信託銀行により守られているので安心というわけです。

現在はFX業者すべてが信託保全を義務付けられており、信託保全を受ける場合には申し込みなどをするわけではなく、FX会社が自主的に必ず保全しています。つまりこれからFXをするのであれば必然的に信託保全を受けるわけです。

ちなみにですが「くりっく365」のような取引所取引は「取引所への預託」なので信託保全とは違うのですが、信託保全よりもこちらのほうが信用のある預託となっています。しかし取引所取引はそれほど多くはないので、とくに意識する必要はないと思います。どこの業者を使っても資金は守ってくれるということです。

信託保全があると安心することができるのでぜひとも欲しい制度と言えますが、これを導入していることによりFX取引の際のコストが増加しているという話もあり、信託保全義務化の際に導入ができずに廃業した業者もありました


すでに信託保全は完全義務化されたので、資金が守られていない業者はなく、信託保全というものを知っておく必要もなくなってきたのかもしれません。


関連記事
FX口座を選ぶ際のポイント
オススメのFX口座
リスクコントロールを知る
posted by ゼロハジ at 2008年06月03日 16:08 | Comment(0) | FX口座の選び方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]