FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

情報はどこから入手?

ファンダメンタル分析をするにあたっては、分析を行うための正確かつ速報性の高い情報を得る必要があります、そのためにはしっかりとした情報源を確保しておくことが大事です。


情報源は速報性の面からいってインターネットを使ったものに限られてきますが、経済新聞などもデータの面からは役立ちます。

インターネットを使った情報源の種類は非常に多く、特にニュースサイトやFX会社の情報サービスは役立ちます。ニュースサイトは正確かつ速報性に優れ、突発的なニュースを知るのに向いています。またFX会社の情報サービスは取引に必要な情報(経済指標の発表スケジュールなど)が一目で分かるようになっており、予測を立てるのに役立ちます。

他にもFX会社が発行しているメルマガなどは、会員限定だったりはしますが専門家のファンダメンタル分析を読めるとあって参考にしている方も多いようです(それを読むためだけに口座を開設する方もいます)。


またインターネット上の情報は一定期間が経つと削除されてしまうものが多いため、過去のニュースや経済指標の値を探すのはなかなか難しいものがあります。しかし経済新聞は長期にわたって保存しておくことができるので、データベースとして使用している方もいるようです。


自分に合った情報源を見つけ出し情報を有効活用することも、取引にとって重要な要素と言えるでしょう。


関連記事
ニュースや政策から相場を読む
オススメのFX口座
FXでの税金知識
posted by ゼロハジ at 2008年05月29日 14:42 | Comment(0) | 情報を活用(ファンダメンタル分析)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]