FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

経済指標の発表をチェック

GDP(国内総生産)や失業率などの単語は誰でも聞いたことがあるかとは思いますが、こういった数値のことを経済指標と言い、その国の経済状況や家計の動きなどが数値化されています。この経済指標が景気を表しており、ファンダメンタル分析にとって重要な役割を果たします。


例えば「貿易収支」が黒字だと、貿易で得た外貨が国内で換金されることになるので(つまり外貨が売られ国内の通貨が買われる)、貿易黒字だった国の通貨の価値が上昇してきますし、「GDP」が拡大していれば景気が良いと判断され、通貨の価値が上昇していきます。

このような重要な経済指標は各国5〜10個ほどあるので、すべてを把握することはなかなか難しいですが、知っておけば今後の取引にとってプラスになると思うので損はないと思います。とくにアメリカの指標は相場全体に影響を及ぼすこともあるので要注意です。

経済指標ならすべて分析の役に立つというわけではなく、ある特定の経済指標のみが相場に影響を与えてきます。特に住宅・雇用・消費者マインド(消費者が現在の景気をどう思うか)などの経済指標の影響が強いように感じます。


参考のため重要な経済指標を紹介しておきます。

GDP(国内総生産)
雇用統計(失業率など)
CPI(消費者物価指数)
景況感調査
貿易収支
住宅関連指標
政策金利

国によって経済指標の名前が違うこともあるので注意してください。


経済指標を使いファンダメンタル分析する場合に注意しなければならないことは、経済指標の値が発表された際にその値が事前の予想とどのように違ったのかです。

ほとんどの経済指標は発表よりも前にある程度の予測されています。もしこの予測通りの発表がされれば、すでに予想通りに取引が進んでおり(織り込み済み)相場にはほとんど影響がありません。しかし予測が大きく外れた場合には、だれもが予想していなかった変動のため相場が大きく動く可能性があります

こういった予想外の経済指標の発表は相場を動かしますが、逆に予想通りだった場合には相場が動くことはあまりありません。経済指標がプラスだったかどうかも大事ですが、事前予想との差もファンダメンタル分析では大事なことです。


どの経済指標がいつ発表されるか、予測値はいくらなのかなどをチェックしておけば、経済指標の発表による相場変動を的確にとらえられるかもしれません。


関連記事
情報はどこから入手?
そもそも外国為替って何?
トレンドに乗るのが基本
posted by ゼロハジ at 2008年05月27日 16:51 | Comment(0) | 情報を活用(ファンダメンタル分析)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]