FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

「RSI」で加熱度のチェック

RSIは加熱による一時的な高値などを狙ういわゆる「逆張り」を行うためのチャート、「オシレーター系チャート」の代表格ともいえるチャートです。

「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」の状況を見極め、買われ過ぎている時の売りへの反動と、売られ過ぎている時の買いへの反動を狙っていくのが主な目的です。

あまりに買いが進んでいるとその過熱感に反発して徐々に売りが出始め、結果として相場が下落する場合が多いのですが、そういった場面でRSIを使用し相場の加熱度をチェックしておけば取引チャンスを逃すことも少なくなります。

RSI.jpg

見方は簡単で、数値が70〜80%を超えていれば「買われ過ぎ」、数値が20〜30%を切ると「売られ過ぎ」という判定になります。買われ過ぎていれば売りのサイン、売られ過ぎていれば買いのサインと見ることができます。

ただし、80%を超えても相場が変動しないことがあるなど、相場変動を見るには精度が低く、RSIだけを単独で使うのは厳しいものがあります。他のチャートと組み合わせて使用するのがベストな使用方法でしょう。


買われ過ぎたり売られ過ぎたりすることによってトレンドが変化することもありますので、そういった変化を見逃さないためにもRSIを使用してみてください。


関連記事
オススメのFX口座
私の投資スタイル
トレンドに乗るのが基本
posted by ゼロハジ at 2008年05月26日 15:32 | Comment(0) | チャートの見方(テクニカル分析)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]