FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

自分に合った投資期間選び

FXでの投資期間は大きく分けて「短期」「中期」「長期」の3つです。投資期間が長くなるほどトレードをする時間よりも値動きを待つ時間が長くなり、投資期間が短いほど値動きを待つ時間よりもトレード時間が長くなります。トレード回数は投資期間が短いほど多く、投資期間が長くなるほど少なくなります。


まずは短期トレードです。

短期トレードはデイトレード(デイトレ)やスキャルピング(スキャル)の2つに分けることができ、デイトレードは数時間から1日以内の間に取引を行うことで、スキャルピングは数分の間に取引を行うという非常に短時間での取引のことを言います。短時間で決済するため利益は少ないですが、レバレッジを高くすることによりハイリターンも期待できます。また次の日にポジションを持ちこさないのが基本なので、心情的に楽なのも特徴です。

短期トレードの際に気になってくるのがスプレッドなどのコストで、大きな変動を望まない短期トレードではスプレッドの違いが大きな差になります。できるだけ低いスプレッドのFX会社を選ぶようにしましょう。


次は中期トレードです。

中期トレードはスイングトレードとも呼ばれ、数日から数週間をめどに取引を行うのが主で、朝だけ相場をチェックするとか、1日1回だけ取引システムを開くような時間がない方に向いている取引方法です

短期トレードよりも大きな値幅を狙っていくので、各FX口座のスプレッドの差がそれほど気になりません。


最後は長期トレードです。

差額を目的とした数カ月から数年に渡るトレードのほかに、スワップポイントを目当てにするスワップトレードもあります。スワップトレードではスワップポイントが多い通貨ペアを選んで買い、そのまま長期的に通貨を保有してスワップポイントを受け取り続けるというトレード方法です。外貨預金の代わりとして使っている方もいるようです。

スワップトレードの際には為替相場の変動により生まれる損失で、受け取ったスワップポイント以上の損失を被る可能性もあるので注意が必要です。


FX取引は投資期間によって戦略が違ってきますので、取引の際にはそのポジション(買いや売りがある状況)はどのくらいの期間持つつもりなのかをはっきりしておかないと、後に相場変動した時にどういった取引を行うのかが不明瞭なので、困ることにもなりますし、なにより判断を誤ってしまう可能性があります。

また自分に合った投資期間を選ぶことはトレードの持続性を持たせるという意味もあり、トレードをを続けていく上で時間的に無理が生じないようにするために重要です。投資期間は一つに絞る必要はありませんので、口座を複数持ちそれぞれ違った投資をしてみてもいいかもしれません。

FX取引だけを気にしては生活に支障をきたしかねないので、自分の生活スタイルに無理がないような投資期間を選ぶようにしましょう


関連記事
自分の投資スタイルを確立する
株式とは違い24時間取引可能
ポジションを持たないという選択肢
posted by ゼロハジ at 2008年05月20日 22:21 | Comment(0) | FXの基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]