FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

いろいろな注文方法の解説

FX取引ではこの値になったら買いを出すとか、こちらの注文が成立したらこっちの注文は無視するとなどといった複雑な注文も可能なので便利です。この項ではそういった便利な注文方法や基本的な注文方法などを紹介していきます。


まずは一番基本的な取引方法として「成行(なりゆき)」注文(マーケット注文)についてです。これは簡単で、今現在表示されている値で売買をするというものです。基本的にすぐに売買は成立しますが、取引中に値段が前後する恐れもあるため予定していた値段では売買できないこともあります

成行注文.jpg


次はポピュラーな注文方法「指値(さしね)」です。これは自分が指定した値になった時に売買できるように事前に注文を出しておくことです。使いやすく、狙った値で取引できるので予測通りの取引をすることができます。ただしその値に達しなければそのままなので注意が必要です。またすでにポジションを持っている時の利益確定のために使うことも多いです。

指値注文.jpg


ポジションを持っている時に相場が予測した方向とは逆に動いた場合に備え、逆方向の指値を入れることを「逆指値(ぎゃくさしね)」と言います。これを設定しておくことにより損失の拡大を止めることができ、安全に取引を行うことができます。逆指値は基本的にポジションを持っている時にしか使用しませんが、指値と同じようにポジションを持つための使い方をすることもできます。

逆指値(ストップ)注文.jpg


これからいくつかの注文方法を紹介しますが、FX会社によって名称が違うこともあるので注意してください。

まずは「IFD(イフダン)注文」です。

一つの注文でポジションを持つ注文をした後に決済注文も設定できる注文方法です。これは指値を出しておき、その売買が成立したときのみ新たな指値を発動しますので、一つ目の指値取引が成立しない限り次の指値は有効にはなりません

IFD注文.jpgIFD注文未発動.jpg

例えば現在1ドル100円で相場が下降中だったとします。この時に「98円まで下がったら上昇に転じるような気がする」と思った場合などに使用します。この時に98円で一つ目の買いの指値を入力しておき、さらに102円で二つ目の売りの指値を入力しておくと、98円に下がった時には買いの注文が発生し、その後102円になると二つ目の売り注文が発動するという仕掛けです。もし98円まで下がらずに102円に上昇した場合には二つ目の指値は有効になっていませんので発動しません。


次は「OCO(オーシーオー)注文」です。

これは最初に2つの注文を出し、そのどちらかの売買が成立した時点でも一方の注文がキャンセルされるというものです。ポジション(売りや買いがあること)を持っている時にも使えますし、これからポジションを持つ場合でも使えます。もし上昇すれば利益を確定させ、下降すればロスカットと便利な使い方ができます。

OCO注文.jpg

例えば1ドル100円のポジションを持っていて、101円に上昇で売り、99円に下降で売りとしておけば、上昇した場合には101円で利益を確定することができ、99円に下がってしまった時にはこれ以上損失が増えないようロスカットすることができるわけです。


「IFO(アイエフオー)注文」というものもあります。

これは「IFD注文」と「OCO注文」を組み合わせたもので、最初の指値が成立した場合、設定しておいたOCO注文が発動し決済分となる2つの指値が有効となります。OCOと同じく、そのどちらかが成立した場合にはもう一方は成立しません。

IFO注文.jpg

例えば1ドル100円になると予測した場合、100円の指値で買いを出し、その後105円になれば利益確定での売り、95円になったら損失を拡大しないために売り、といった使い方ができます。これら一連の注文が一度の注文で実行できるわけです。


最後はトレール注文(トレーリングストップ)です。

トレール注文.jpgトレール注文(移動後).jpg

これは現在のレートから常に一定の値で逆指値を設定することができるというもので、レートが下降した場合はそのまま、レートが上昇した場合はそれに伴って逆指値が自動的に移動してくれるのです。トレール注文を15Pipsに設定した場合、約定後の最高値(最安値)から15Pips低い値で決済されることになるため、利益を伸ばすために役立ちます。


色々な注文方法を紹介しましたが、それほど難しくはないと思うので、あとは実際に使って試してみるのがいいと思います。


関連記事
注文の仕方や数値の見方をチェック
取引システムは使いやすい?
自分の投資スタイルを確立する
posted by ゼロハジ at 2008年05月20日 19:28 | Comment(0) | FXの基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]