FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

ロスカット(損切り)は超重要

ロスカット(損切り)とは今後好転しそうにない含み損のあるポジションを決済することで、今後の損失拡大を防ぐという重要なテクニックです。

特に損失拡大を防ぐという意味では最も効果があるテクニックで、このロスカットのタイミングやどこまで損失を許容するかなどで勝率が変わってきます。初心者の方が一番苦手とする項目でもあり、FXの勝率を上げる方法としても重要な役割を担っています。


例えば1ドルを100円で買ったとします。

その後1ドル99円まで落ちて、さらに今後の予測でも下落すると思っていてもそのまま持ち続けた場合、98円に落ちてしまえばさらに損失が拡大してしまいます。ですので99円に落ちた時点でドルを売ってしまって今後の損失拡大を防ぎます。この行為のことをロスカットと言います。

100円まで戻ってくると予想し持ち続けるのも間違いではないと思いますが、そういった取引を続けていると1回の負けで次回の取引ができないほどの損失が出る可能性があるため、あまり勧められたものではありません。


人によってロスカットのタイミング、損失の許容範囲などが大きく違うため、一概にどのロスカットの方法が正しいとは言えず、初心者にとってはタイミングが非常に分かりにくいようです。

私は「ロスカットはできるだけ早い方がいい」と聞いていたので、損失が出たらすぐにロスカットを行っていたところ、損失の許容範囲が狭すぎたため好転する可能性があるポジションもマイナスのまま決済してしまい、負け続けたことがあります。「できるだけ早く」と言っても人によってその感覚が違うため具体的な数値は出しにくく、ロスカットが難しい要因となっているようです。

私としてはロスカットのタイミングに早いも遅いもないと思うので、自分の感覚に合ったタイミング・許容範囲で行うのがベストだと思います。さすがにロスカットしないのは問題だと思いますが。


関連記事
ロスカットはしっかりと
リスクコントロールを知る
自分の投資スタイルを確立する
posted by ゼロハジ at 2008年05月20日 15:13 | Comment(0) | FXの基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]