FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

マージンコールと強制ロスカット

マージンコールと強制ロスカット。この2つはFXの取引の際に注意すべき事項の一つです。マージンコールと強制ロスカットには関連性がありますので同時に解説します。

両方とも入金されている証拠金が少なくなってきたときに使用される警告・措置のことで、マージンコールは証拠金が少なくなってきたときに発生されるメール等による警告および取引維持のための入金の催促、強制ロスカットはマージンコール以降さらに証拠金が少なくなってきたときに強制的にポジション(売りや買い)を決済するというものです。


マージンコールは証拠金残高が設定されている割合を切ると取引画面に警告が表示されたり、警告メールがきたりするというもので、そのままにしておくと自動的にマイナスのポジションが決済されてしまいます(内容はFX会社や設定により異なります)。回避する方法としては、マイナスになっているポジションを決済するか、さらなる証拠金を投入するかしかありません。

強制ロスカットは証拠金が少なくなり一定の割合を切ってしまうと、持っているポジションが自動的に強制決済され証拠金が0にならないように調整する措置のことです(内容はFX会社や設定により異なります)。すでに記事中にて使われていたストップロスや強制決済という言葉と同じ意味です。

順番としてはマージンコールが起こった後に強制ロスカットとなりますが、マージンコールはすべてのFX会社が導入しているわけではありません。強制ロスカットの方はどこのFX会社も導入しています。


こういった措置が行われる理由としては、損失が拡大し証拠金を上回る金額がマイナスになってしまわないようにするためです。もしこの機能がなければ、損失が大きく拡大し証拠金を超える損失金が発生する可能性があるため、早めに損失をカットしてしまいある程度の証拠金を残しておいたほうが顧客にとっては安全だからです。ただしこういった措置が用意されていたとしても急激な相場変動があれば証拠金を上回ってマイナスになってしまうこともあるので注意が必要です。

マージンコールと強制ロスカットの2つの措置は時にはチャンスを逃してしまうため、邪魔な機能だと思っている方もいるかもしれませんが、この措置がないと証拠金を上回る損失金を請求される可能性がありますので、そういった事態にならないためのFX会社の優しさと考えるのがよいでしょう。


関連記事
ナンピンと塩漬けは厳禁
余剰資金を使って投資する
ロスカットのタイミングにも気を使う
posted by ゼロハジ at 2008年05月20日 11:22 | Comment(0) | FXの基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]