FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

投資苑2のレビュー

今年中に読み終わる予定の投資書籍群ですが、残りの数も少ないためか読むスピードがちょっとづつ上がってきてます。まぁそれでも今年いっぱいはかかりますが、予定を守れそうなだけ良かったでしょうか。

さて、今回読み終わったのは「投資苑2 トレーディングルームにようこそ(アレキサンダー・エルダー:著 長尾慎太郎:監修 パンローリング:出版)」です。

すでに前作の方は読んであり、「テクニカルの解説書として1冊持っておきたい」というような評価を書きました。2の方はどうなんでしょうか、レビューしていきます。


<内容>

基本情報はページ431、定価5800円、日本での発売は2003年ですが、原本はおそらく2001〜2002年に書かれていると思われます。結構古いですね。

内容としては第1部「カモにされない金融トレーディング」、第2部「成功するトレーディングの3つのM」、第3部「トレーディングルームへようこそ」となっています。


<第1部は投資苑と内容重複>

第1部はトレードに関する基本的なこと、市場の選択や過剰のトレードの危険性、資金管理の重要性などについて書かれています。このあたりは投資苑にも解説されていましたし、なにより内容が似通っているので読む価値は感じません。多少の拡張は見られますが、それでも読むほどではないですね。

第1部に関してはあくまでも「投資苑を読まなかった人向けの基本的解説の確認」になっている感じです。


<第2部は深いテクニカルと雑多な内容>

第2部はなんとも評価しがたいところでした。

前半部分はテクニカルの解説となっていて、前作「投資苑」ですでに紹介されたテクニカルをもう一度もっと深く切り込んで解説しています。ですから「投資苑」のテクニカルも興味があった人ならいいですが、もしも「投資苑」を読んでテクニカル的に価値なしと判断したのであれば、その時点でこの部分を読む必要はないと思います。また基本的な部分の解説はないので理解するには「投資苑」を読んでおく必要があります

後半部分は前作で紹介されなかったテクニカルの紹介と「構成が悪い内容」が混合しています。テクニカルの紹介については前作もあったものなので良いも悪いもその人しだいですが、構成の悪さはどうしようもない。

テクニカルの紹介部分はきちんと構成されています。しかしその合間合間に入る話の構成が悪い。突然テクニカルの紹介が入ったり、すでに第1部で終わったはずの市場の選択をまたもや持ち出してきたり、しかも内容が重複していたりとかなり読みにくい。

そもそもこの書籍自体が訳の問題などでかなり読みにくいので、さらに構成が変なのでは理解も追いつかないというものです。


<第2部7章と第3部>

第2部の7章(資金管理の公式)と第3部についてはまぁまぁの出来です。

第7章の資金管理についてはかなり短めですが「2%リスクがいい」「月6%までのリスク」でのリスク管理を勧めています。別段特殊でもないですし内容としては一般的。読みやすく理解しやすいとは思います。

第3部は「徹底したトレード記録の管理」「規律あるとレーダーとは」「トレーダーの段階」「著者のトレード記録」となっています。

気になったのは「トレード記録の管理」ですね。私も記録は付けてますが、この方の付け方はなかなか尋常じゃない。書籍内でも終始「徹底して記録を付けることが勝利への道」というようなことが書かれていて、甘いトレード記録は結局は勝てない理由なのかと思ってしまいました。

また「著者のトレード記録」については、ここまでシンプルなトレード方法で本当に利益を上げられるのかは疑問でした。もちろん理解を深めるために勝っている部分だけを抜き出しているのでしょうが、6つ中6つが同じようなパターンで勝っているのはなんとも。

そういえばこの書籍でも利益を伸ばすことを強調していたイメージがありましたが、このトレード記録では短い期間でのトレードばかりでした。この書籍には利益を伸ばすことは書かれてなかったんでしたっけ? 最近あまりに多く読むのでどれがどれだか分からなくなってきました(笑)


<評価>

評価は65点です。

この書籍はかなり読みにくく、前作と内容が重複していて、しかも前作の内容を読んでおかないと理解が足りない部分があって、価格も高いため評価は低いのが当然のように思いましたが、本当になんとなくですが「そこまで悪い書籍ではない」と思う感覚があったためこの評価としました。

他の書籍にはない要素、たとえば「徹底したトレード記録の管理」とか「ファンダメンタル分析の重要さ」など、短いけれど濃い要素がちりばめられていた感じでしょうか。数年ぐらいしてから読むとまた発見があるかもしれません。

そういえばこの書籍は「○○さんがこんな失敗をした」的なエピソードがかなり多く、それが読みにくさを増している感じはありました。必要なときに必要な例え話はいいですが、必要ないときに例え話がくると「それはどんな意味が?」と戸惑ってしまいます。


「投資苑」を読まないと分からないところもありますし、また前作との比較ということから考えても、まず前作である「投資苑」を読み、それで気に入ったのであれば「投資苑2」の購入を考えればいいと思います。前作が気に入らないのであれば、今作はそれを超えることはないので買わなくてもいいのではないでしょうか。


追記:カバー部分を見たところ「実際に試すには必ず『投資苑2 Q&A』の演習を済ませてからにしてください」とあったので、この書籍の内容は完結的なものではなく、「投資苑2 Q&A」も合わせて読むことが前提となっているために単体で読んでも分かりにくいのかもしれません。


関連記事
システムトレード 基本と原則のレビュー
田平雅哉のFXスイングトレードテクニックのレビュー
投資苑のレビュー
posted by ゼロハジ at 2012年12月06日 14:38 | Comment(2) | 投資書籍レビュー
この記事へのコメント
『利食いと損切りのテクニック』が、この投資苑2を読んでないとまるで理解できない内容でしたよ(力積システムとか彼独自のやり方を多用、さらにそれを元に質問してくる)。
エルダーの本は得る所は確実にあるけど、個々が高額なのに、前の本に依存してたり、逆に被っている所が多々あったりと面倒ですね。
Posted by 行商人 at 2016年10月02日 10:59
行商人さん、コメントありがとうございます。


他書籍を読んでいないと分からないようになっているのは海外の書籍特有なんでしょうか。他のいくつかの書籍でも前提なく特殊なテクニカルの応用を解説し始めたりして困惑したのを覚えています。
Posted by ゼロハジ at 2016年10月02日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]