FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

コナーズの短期売買入門のレビュー

はい、相変わらず読んでいる投資書籍はこれで4冊目になります。ペースについてはこんなものですが、成長についてはさっぱりです(笑)

さて、今回読んだ書籍は「コナーズの短期売買入門 トレーディングの非常識なエッジと必勝テクニック(ローレンス・A・コナーズ、シーザー・アルバレス:著 長尾慎太郎:監修 スペンサー倫亜:訳)」です。

この書籍が届いた時にペラペラとめくってみたのですが、その時の直観はそれほど間違っていなかったようで・・・


<内容>

ページ数は146ページと少なく、チャートや空白ページもかなり多いので読むのに1時間ちょっともあればいけます。そして定価は4800円!!!。私は中古で買いましたが、それでも4000円でした。かなり高い買い物ですね。今ならマクドナルドでポテトが26個も食べられる価格です(笑)

ちなみにこの書籍は新しいです。日本での出版が2010年ですが、コピーライトが2009年になっているので少なくともそのぐらいに発売されていたはずです。

内容の方は「ラリーウィリアムズの短期売買法」と同じく、機械的トレードかもしくはシステムトレードで使うための書籍となっています。具体的な内容もかなり似通っていて、見せ方が「テクニカルの提示→検証結果→最適化の検証結果」と全く同じです。


<カーブフィッティング以上の答えがない>

このブログで低評価だった「ラリーウィリアムズの短期売買法」に似ているということは低評価なわけですが、やはりこの書籍も「カーブフィッティングを載せているだけ」と考えるのが自然です。

今回の期間は「ラリーウィリアムズの短期売買法」のときのように特別な上昇を見せている期間ではなかったですが、その分テクニカル的な意味よりも検証の結果に重点を置いていて「いやいや、それはないから」というようなテクニカルも結果が良いという理由から使われています。

テクニカル的に見ても「ラリーウィリアムズの短期売買法」よりも劣ります。検証を楽にするために単純なテクニカルにしたんでしょうが、あまりに単純すぎるためにどこに有効性があるのか分かりません。確かに同じように単純なテクニカルはありますが、この書籍のテクニカルは「検証上良かった」という以上のものはないので、普通に使うには無理があります。もちろんFXでなくてもです。


<テクニカル以外もひどい>

またテクニカル的な面以外もひどいです。

問題は書籍の前面に印刷されている「ストップは置くな! オーバーナイトで儲けろ!」という文面。


まずストップに関しては「置かない」ことがパフォーマンスを上げると書いています。この点に関しても「ラリーウィリアムズの短期売買法」と同じであることに驚いてます(笑)

当然ですがありとあらゆるトレードにおいてストップを置かないことはパフォーマンスを上げます。これは当たり前です。データ的にも絶対にそうなります。100%間違いありません。

ですが問題はトレーダーには資金があるということです。資金を考慮した場合にストップを置かないというのは話にならない。ストップを置かないというのは1回のトレードのリスクが無限大ということですから、自分の資金が尽きた時に終わりが来ます。ストップを置かないことでパフォーマンスが上がるというのは、資金を無限と想定した場合のことですから、現実では全く役に立ちません


またオーバーナイトについても同じです。FXでいう週をまたぐのと同じですが、株式取引の時間は日中で終わります。夜はないです。ですからFXよりも毎日の始値が飛ぶ確率が高い。

そういうリスクがあるのでオーバーナイトはせずにポジションを手じまうという戦略もあるわけですが、この書籍は否定しています。オーバーナイトをした場合としなかった場合を比べた時に、した時の方がパフォーマンスが良いからだそうです。

しかしこの問題も同じく資金が無限であると想定されています。もし何か大きな出来事が起こって始値が飛んだ場合、場合によっては追証となります。これが現実です。オーバーナイトの方が利益率が高いのは誰もが分かっていると思います。しかし最悪の事態が起こった時に対応できないから手じまうというのは別に間違ってはいない戦略でしょう。もちろんトレードする期間が長い場合にはオーバーナイトはしなければいけないでしょう。


<評価>

評価は5点です。

ここまで評価を低くした理由は「ラリーウィリアムズの短期売買法」よりも劣ること、この方法で売買している様子が全くなかったこと(つまりは単なるデータの提示なのではないか)、「昔も儲かって、今も変わらず儲かっている手法を紹介」と書いてしまったこと(ラリーウィリアムズの短期売買法では「方法は変化するもの」という逃げ道があった)などです。

内容から書き方、考え方、仕掛けの方法も「買いが基本で売りはおまけ」というところまで「ラリーウィリアムズの短期売買法」と同じなわけですが(価格が高いところも同じですね、笑)、それよりも目に見えて劣るということでこの評価。


5点を付けたのは明確な理由がありまして、14章「心理」の中のインタビューが素晴らしかったこと。

私は元・自己啓発オタクなわけですが、その観点から見てもこのインタビューの内容は素晴らしい。夢に対する情熱、そして「挑戦したからには最下位でもいいからやり抜く」という根性、写真の裏に書いてあったという「人が敗北するには2通りしかない、あきらめるときと、死ぬ時だ」という鳥肌・涙目ものの名言など、夢を達成するための自己啓発としては最高レベルにあると思います。

ですが残念ながらこれはインタビューに答えた「リチャード・D・マコウィッツ」さんが素晴らしいわけであって、インタビュアーのコナーズはいなくても・・・(笑)


ということなので、この書籍は迷ったら買わない・・・というレベルでもなく、「迷わず買ってはいけない書籍」です。本当にお金の無駄です。ポテト26個食べた方が良かった(笑)



追記:読み直してみて面白いことに気づきました。「ラリーウィリアムズの短期売買法」に「上昇しやすい日は6、7、8、19、20、21、22日(S&P500)」というルールがありましたが、この書籍も同じルールがあります。そしてのその日にちは24、25、26、27、28、29、30日でした(データはおそらく株式)。パターンによって違いはありましたが、だいたい月末に上昇するというデータです。ラリーのときの検証期間は98年まで、コナーズの検証期間は95年から07年ですから、少なくともラリーのデータを元にしてトレードしても何の意味もなかったことは分かります。もちろんコナーズのデータも・・・(笑)


関連記事
買ってないけど「FXハイブリッド」の話
ラリー・ウィリアムズの短期売買法のレビュー
勝ったら倍賭け「逆マーチンゲール法」
posted by ゼロハジ at 2012年10月25日 10:54 | Comment(2) | 投資書籍レビュー
この記事へのコメント
一般書籍としては破格のセミナー教材並3万円で売られている『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』の正体が、このコナーズ(L.Connors)主体の"Street Smart"で(検索してもらえれば例によって英語版は閲覧可能)が、これは"しっかりした統計"に基づくコナーズが、都合のいいチャートを取り出してLindaと対話形式で素人向けにおしゃべりしてみたって本でしかないですね(頁数も140ほどで中身も薄い)。
結局、高額で売りつけようとする著者ほど、素人騙して掠め取る気マンマンってことじゃないですか?
Posted by 行商人 at 2016年10月02日 11:49
行商人さん、コメントありがとうございます。


でも日本の投資書籍は安いけど騙す気マンマンですよね(笑)

一番酷かったのは一冊丸々使って商材の宣伝をして、「詳しくはコレ(商材)を買ってね」で終わったあの本はさすがに忘れられません(笑)
Posted by ゼロハジ at 2016年10月02日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]