FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

参考:政策金利スキャルピング

これは私が過去に行っていたトレード方法です。こちらの方法は先ほどの「参考:経済指標スキャルピング」よりはお勧めできます。利益を上げられることは保証できませんが、人によっては実行してもよいくらいでしょう。しかし投資は自己責任でお願いします。


先ほどの記事は検証データから載せてしまったために分かりにくくなってしまったかもしれませんが、今回は解説から入り、その後検証データを載せたいと思います。

まず「政策金利スキャルピング」というタイトルの通り、この方法は政策金利発表時の変動を利用したトレードとなります。といっても政策金利が発表されればどんな時でも良いわけではなく、政策金利の変更が予測されるときのみに限ります

これはつまり「次の政策金利発表時に政策金利が上昇(または下降)する」という情報が流れているときに、その政策金利の発表直前(数十秒前)に予想されている方向、通貨ペアにもよりますが上昇なら買い、下降なら売りというポジションを持っておき、ストップを15Pipsで入れておきます

すると政策金利の発表時にはレートが大きく動きますから、もしも自分の取引した方向へと動けばストップを少しづつ(15Pips刻みとは限らない)上げていって、その動きが終息しそうなところまで利益を伸ばしていきます。経験上の話ですが、この動きは長くても1時間、平均10分程度しかありませんので、時間的拘束は比較的少ないでしょう。もしも逆に動いた場合でもストップは15Pipsですからスリッページが大きくても30Pips以内の損失で済むと思います。対して利益の方はだいたい50Pips以上が普通です。


取引する政策金利とそれで取引する通貨ペアです。

ユーロユーロ/円
ドルドル/円
ポンドポンド/ドル
豪ドル豪ドル/ドル
NZドルNZドル/ドル
カナダユーロ/カナダドル
スイスフランドル/スイスフラン


これ以外の政策金利は発表に対する動きが少ないのでお勧めしません。また取引通貨ペアは3カ月という経済指標のデータから、経済指標の影響を受けやすい通貨ペアを選びました。ユーロであればユーロドルよりもユーロ円の方が動きが大きいわけですね。ちなみにこれは1Pips当たりの価格も入っていますのでかなり正確なものだと自信を持っています。

そういえば日本が入っていませんが、実は日本の政策金利の発表時間は事前に分からないためにこの方法は使えない、ということで除外しています。変動することすら稀ですけどね。また通貨ペアによっては上昇で売り、下降で買い、にしなければいけないものもありますからその点は注意してください。


ここからは検証データとなります。いずれもリアル口座のものですが微妙に条件が違います。最初の方はストップが30Pips以上になっており、損失は大きめです。

Pips日付
-29オーストラリア2月3日
-48ポンド2月5日
-37オーストラリア3月3日
35カナダ3月3日
-34ポンド3月5日
-19ユーロ3月5日
-16NZ3月12日
183スイス3月12日
-34ユーロ4月2日
66NZ4月30日
-15ユーロ5月7日
0オーストラリア11月3日
計52


どうですか? なかなかのものでしょう。損小利大なので負けが多いですが、トータルではプラスです。途中でストップを15Pipsに変更しましたが、もしもそれ以前もそのストップで行っていればもっと良い結果だったでしょう。これ以前のデモ口座でのトレード結果もありますが、そちらは3回中2回プラスで損失回数0というデータでした。


と、この方法の注意点を2つ。この方法は政策金利が変動するという予測がなされている状況でしか機能しませんので、先程の主要通貨の政策金利の変動をすべてを合わせても1年で20回程度しかトレードのチャンスはありません。つまりおそろしく待ち続けなければいけない方法なのです。また政策金利の発表時間は日本時間夜とは限りませんので、すべてをトレードするためにはかなり時間的に拘束されるでしょう。アメリカの政策金利発表は午前4時なんていうこともありますから、これは覚悟が必要となります。


さて、実はこの「政策金利スキャルピング」には利益を上げるための修正点が2つあります。実際に試したわけではありませんが、結果から見てもこれを実行した方が利益を上げることができるはずです。

まず一つは取引を逆方向にするというものです。データを見てもらえば分かりますが、3勝8敗という結果になっています。これはストップをきつくしているからというのはあるかもしれませんが、発表時にとっておいた画像を見てみるとストップにかかっているのは逆方向に動いているからであって、ストップが狭いからではないようなのです。ですから単純に逆方向へトレードをすれば勝率も上がるのでは? と思います。これは予想と同じ方向に取引をすることが前提ですから、その前提自体が間違っているかもということです。しかしこれは検証データがもっと多くないと何とも言えません。

もう一つは決済の話です。この方法は仕掛けは十分ですが、決済の方のタイミングがよく分かりませんでした。しかし過去の発表時の画像を見ることで、「MACDがクロスしたときに決済する」というルールが思いつきました。発表時に大きく動けばMACDはかい離しますね、そうすると0ラインへの戻っていく動きがあれば確実に逆方向へクロスしますから、それを決済のタイミングとするというものです。分かりやすいですし、利益を伸ばすには役に立つ方法だと思います。


この方法を私がやめた理由は2つ。一つが新しいトレード方法が生まれたため投資金を確保しなければいけなくなりやめた、というものです。その方法がなければ今でもこのトレードをしていたわけですが、新しいトレード方法の方が安定しているし自分に合っているのでこちらを切り捨てたということです。もう一つがやはり精神的負担です。短い時間でのトレードとトレードができない期間が長い、という欠点が私の精神力では耐えられないために終了ということになりました。

これはもしも新しいトレード方法がうまくいかなかった場合は、まだ「政策金利スキャルピング」でのトレードの可能性があるほどかなり優れたトレード方法だと自分では思っています。ですから「使ってください」ということではありませんが、結果から見てもまぁまぁ機能しそうなトレード方法というものの理解はできてもらえたと思います。ちなみに管理人がこの方法で失敗したのは「ポジションサイジング」がダメだったからです、今ではこの方法を機能させることができるマネーマネジメント能力は身につけました。結局のところ欲は大敵ということですよ。


関連記事
参考:経済指標スキャルピング
利益を捨てることが成功への道
FXで勝つための15の質問
posted by ゼロハジ at 2010年01月09日 18:44 | Comment(0) | ゼロハジ流FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]