FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

参考:経済指標スキャルピング

これは私が以前に使って失敗したトレード方法でありますが、ポジションサイジングが的確で、さらに精神的な負担、時間的な負担に耐えられるのであれば、もしかしたら利益を上げていくこともできるかもしれませんし、トレード方法の参考になるかもしれないということで公開することとしました。もちろん投資は自己責任でありますから、リスクは自分で背負うものという点は理解してください。


さて、実はこの方法は私の20万円ほどあった投資資金を9万円まで減らした怪物でありますが、これはポジションの持ちすぎ、リスク管理のなさも原因として見ることができます。残念ながらこの時の投資記録はほとんど結果しか書いていなかったので、詳しく解説できるか不安ですが、まずは結果から行きましょうか。デモトレードのデータも混ざっています。

日付経済指標Pips
7月30日ADP17
7月31日GDP23
8月1日雇用統計-11
8月1日ISM製造-11
8月5日ISM非製造-4
8月13日小売売上高なし
8月15日ミシガン大(速)なし
8月21日フィラデルフィア連銀1
8月25日中古住宅販売件数6
8月27日耐久財受注12
9月2日ISM製造なし
9月4日ADP-6
9月4日ISM非製造2
9月12日ミシガン大(速)-4
9月17日住宅着工なし
9月18日フィラデルフィア-6
9月24日中古住宅販売件数-7
9月25日耐久財受注10
9月30日消費者信頼感-4
10月1日ADP-2
10月1日ISM16
10月3日ISM非製造0
10月15日小売売上高24
10月29日耐久財受注なし
10月30日GDP(速)8
11月3日ISMなし
11月5日ADPなし
11月5日ISM非製造-16
11月14日小売売上高-3
11月26日耐久財受注-1
12月1日ISM-15
12月3日ADP1
12月3日ISM非製造1
12月12日小売売上高なし
12月24日耐久財受注なし
1月2日ISM製造2
1月6日ISM非製造-9
1月7日ADPなし
1月14日小売売上高なし
1月29日耐久財受注-8
1月30日GDP(速)-8
2月4日ADPなし
2月4日ISM非製造7
計16


計算してみると思ったよりも利益が出ていないですね。私が使っていた口座はスリッページがかなり大きかったのでそのせいだと言えなくもないですが、スリッページを「なし」としてもあまり良い結果とは言えないかもしれません。ちなみに全体で利益が出ているのに実際は大きくマイナスな結果となったのは、ポジション数が大きすぎる上に複利で運用していたためだと思います。


肝心の方法となりますが

ドル円の取引において「ISM製造業指数」「ADP雇用統計」「ISM非製造業指数」「小売売上高」「耐久財受注」「GDP 速報値」の6つのアメリカの経済指標の発表直前(40秒程度前)に買いと売りの両方に5Pips程度の幅を持たせて逆指値を出しておく。すると経済指標の発表時に大きく動くことがあれば、どちらかの逆指値が発動しそのまま利益を伸ばしてくれる。発表後に逆方向へ動く場合は、もう一方の逆指値がストップの役目となるので(このあたりは取引システムによるので注意)、損失を抑えることも可能。

うまく逆指値が発動した場合の決済は発表1分後。利益が出ていても損失が出ていてもこの時間をリミットとする。逆指値の注文を出してから発表までの数十秒の間も、できれば逆指値の値をできるだけ現在のレートに近づけるように動かしたい。あまりに現在のレートから離れた逆指値だと、1分以内の変動幅では利益を上げられなくなる可能性が出てきます。

と、まぁこんなものでした。


補足としては、「6つのアメリカの経済指標」となっているのにデータには他の経済指標も交じっていますが、これはまだデータ量が少なかったころのもですので、実際にはその6つの発表時の1分以内の変動幅が大きく、他の指標よりもこの方法が機能しやすいということで後に選びました。

また他の検証として、主要通貨ペアごとの各国の経済指標の発表時の1分間の動きを3カ月間分すべてを調べました(本当に大変でした)。しかしこの方法が使えるのは先ほどの6つの経済指標と、「ユーロドル」における「ドイツ IFO景況」「ドイツ ZEW景況」の2つだけでした。

実は「ユーロドル」における「ドイツ IFO景況」「ドイツ ZEW景況」の2つの経済指標の発表データは、先程の6つのアメリカ経済指標よりもこの方法に適していることが分かっていますので、ゼロハジ流の経済指標スキャルピングではこちらも混ぜていった方が効果が高いでしょう。


紹介した経済指標の1分間の変動幅の平均値はすべて18以上だったと思うので(記憶があっていれば)、現在のレートから5Pipsの逆指値でスリッページを2、スプレッドを2としても、1回あたり9Pipsの利益になるはずです。実際には逆方向へ動き出したり、発表の時間に狂いがあるなどでうまくいかないこともありますが、計算上はそうなっています。ですから実際の取引に臨んだのです。

注意点としてはPCの時間設定でしょうか。各取引システムによって詳細は違うと思いますが、私の使っていた取引システムではPCから時間を読みとり、それを取引システムで表示するような設定でした。取引の際には発表の1分というものすごくシビアな時間で戦いますから、10秒程度の誤差でも致命的となります。ですから取引システムの時間をチェックし、PCの時間を直しておくことは絶対に必要です。


さて、この方法はどうだったでしょうか? 個人的にはまだ使えそうな気もしますが、スリッページの恐怖や多くて月8回というトレード回数の少なさ、1分間という時間的緊張などトレード方法としてはかなり精神的負担の大きいトレードだと思います。

別にこの方法を使えとは言いません。私も使っていないですし、有効だから紹介しているわけでもありません。ただ何かトレード方法の参考にでもなれば良いかなと思っています。決してこれで利益を上げられるということではありませんよ。


関連記事
損失の把握とトレード全体の利益
勝率50%以上のトレードの見つけ方
1日1回のトレードで十分
posted by ゼロハジ at 2010年01月09日 13:49 | Comment(5) | ゼロハジ流FX
この記事へのコメント
ゼロハジさんが引退するかもしれないということで、ページを見直していたら
こんな検証データがあるのに気がつき、このところ米国経済の具合が良いので
試してみました。3/8夜22時30分発表の
失業率、2月非農業部門雇用者数変化

基本裁量なので、指標発表の数分前に成行注文で「買い」
その後、すぐに指値、逆指値を仕込み待ちました。
発表は狙い通りでした。

決済されたデータを見直してみて、仕込んだ数値よりも18pipsも多く
決済されていました。
スリッページでラッキーと思い一度「スリッページ」について
調べてみました。

FX会社により仕様が違うかもしれませんが、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●プラスになる場合については、制限なし
●マイナスになる場合は、指定の許容スリップまで
とユーザー側に立って決済されるようになっているのが
今どきの仕様ということでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ただ間違っても、指標発表直後、すぐに成行き注文で
飛び乗るはやめた方が良いと思います。過去何度も、
乱高下で注文・決済されず、結局高値で買い、タイミングを失い
結果若干のマイナスで破れた経験があります。
若干で済めばいいですが、気がつけば50pipsもやられたことも。
(多分皆さんも同じだと思います。否私だけか)

ポイントは、必ず指標発表前に事前予想が明らかに大きく動きそうな
時だけにして下さい。もう一つは、発表ギリギリ直前に「買い(売り)」
ポジションを持つ。そして損切りして待つ(10pips弱で良いと思います。
うまく行けば5pips位でもいける時も)
一番大事なのは、思うように相場が動かなかった場合は、失ったpipsを
サッさと忘れて跡を引かない。もしくは、戻りの準備をする。

実はこの前に急に出かける用事が出来たので、30分ほど前に
一度仕込んだのですが発表前に敢えなく損切りで9pipsを失い、
再度仕込み直しての挑戦でした。

でもその後、イタリアの問題で大〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引けに。
今回は、50pipsほど数分で刈り取れましたので、そのトレードを最後として
返す刀で切られず無事利益を確保しました。
目出度し目出度し。
あくまでもうまくいったので良かったですが、あまりお薦めできません。
基本は昼間のプラス分(多くても10pips)を使って
挑戦してみるのが手の一つだと思います。

スタンスは今日最後の運試し程度ですね。

応援してますよ、ゼロハジさん!

Posted by 通りすがりのkat at 2013年03月09日 22:16
あ、もう一つ、

別の時にiPhoneで手入力決済を
やったのですが、チャートを見ながら
決済できないのでもっと行くのではないかと
思いにくく、諦めやすく、数値が大きくなったら
早めの決済になり決済タイミングを失うということが
少ないと感じました。(オレだけか!)
(外為オンライン+iPhone5)

(そんなギリギリの状態でトレードしなくても
 いいじゃないの?とは言わないで)

パソコンの方がもちろん、短い時間足を見ながら
精度の高い決済タイミングを計れるのですが、
欲張りすぎて行き過ぎてしまうことも
(オレだけか!)
Posted by 通りすがりのkat at 2013年03月09日 22:33
通りすがりのkatさん、コメントありがとうございます。


いろいろとアドバイスありがとうございます。

私が経済指標スキャルピングを諦めた、と言いますか発展させなかった理由の一つは私が鈍いからです。

どうやっても多少の反応速度を必要とするこのトレード方法は、私の鈍さでは補いきれないのです(笑)


この記事のスリッページは「決済時」のスリッページですね。katさんが解説されているのは「注文時」のスリッページだと思います。どちらにしてもこの頃は有利なほうへのスリッページは一切起きない仕様が普通でした。今は環境的には恵まれてるのかもしれないですね。
Posted by ゼロハジ at 2013年03月10日 12:48
私も、これに関しては「慣れてください!」とは言いません。

毎日毎回こんなトレードでは「体」が持ちませんし。

ただ、時には損益を確定した中での可能性を試すのも
いいかとやってみる価値はあると思います。
(一方、こういう時間帯はトレードをしないというのも
戦法だと思います。)

得意な方は、より精度の高い手法に、不慣れな方は
近寄らないようにですかね・・・・
(iPhoneアプリは決済時9銭のスリッページが
 標準になっていました。外為オンラインの場合)
Posted by 通りすがりのkat at 2013年03月11日 01:05
通りすがりのkatさん、コメントありがとうございます。


不慣れな方は近寄らない、これは大事だと思ってます。

私は得意相場はわかりませんが、不得意相場はなんとなく感じてきたので、それを避けるだけでもモヤモヤ感は減ります。ただし攻めなければそれだけ可能性が減るというジレンマにも悩まされます(笑)
Posted by ゼロハジ at 2013年03月11日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]