FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

FXで勝つための15の質問

ここではFXで取引を始める前に、FXで勝ち続けるために必要になる要素をきちんと持っているかどうかを判断するために、15の質問を用意しました。あくまでも一つの基準だとは思いますが、できればすべてを回答できる状態で実際のトレードに臨んでほしいところです。参考までに私の模擬回答を載せておきますが、必ずしも私と同じ状況について書いているわけではありません。あくまでも模擬回答です。また「FX口座は持っているか」「トレード資金はいくらか」などのごくごく基本的な事項についての質問はしていません。これは「FXで勝つための質問」ですので、「FXを始めるための質問」ではないことを理解してください


1:平均損益がプラスのトレード方法を持っているか
持っています。

2:そのトレード方法の検証は十分になされたか
デモトレードでも検証し、リアル口座でもすでに検証を済ませています。期間も回数も十分なものだと思います。

3:そのトレード方法は客観的に見ても優れたトレードであるか
知人にデータを見せましたが十分に信頼に足るデータだという答えが返ってきたので、他人が見ても優れたトレードといえるでしょう。

4:そのトレード方法では対応できない相場状況になった場合はどうするのか
すでにどのような相場状況でトレードが機能しなくなるのかは理解していますが、それ以外でもトレードが機能しないようなことがあれば、原因が分かればそれに対応させることができるし、原因が分からないようであればすぐにトレードをやめます。

5:そのトレード方法に対するポジションサイジングはどのようにするのか
1回のトレードの損失を全資金の2%に抑えるという方法。勝率が高いのでこれで十分にリスク管理できます。

6:そのトレード方法で何年間、FX取引をするつもりなのか
できれば40年ほど運用したいですが、トレード方法が完全に破綻するか、利益を上げる必要がなくなるかのどちらかになればトレードをやめます。

7:年利目標はどの程度か
年利100%が目標になります。

8:将来的にいくらの利益が欲しいのか
1億円貯めるのが最低目標。それ以上はトレード方法が破綻しない限りは取引をする、ぐらいのつもりでいます。

9:トレードの回数はどのくらいになるのか
1日1回より多い程度、1年で300〜350回ぐらい。

10:そのトレード回数で自分が予定している期間を運用し続けてもトレード方法、または資金は破綻しないのか
資金に関しては絶対に破綻しない、とまでは言えませんが、破綻してもトレードができなくなるわけではないし、1年程度で持ち直せるので問題はないでしょう。トレードの破綻については正直何とも言えません、過去の相場を見る限りは破綻しそうなポイントが分かっているので事前に策を練れますが、相場状況に関係なくトレード方法が破綻する可能性もまったくの0ではないと思います。

11:どこまで負ければ失敗を確信するのか
丸1年の結果を見て、その結果の平均損益がプラスでないのであれば失敗を確信すると思います。

12:トレード方法が有効でなくなった場合はどうするのか
すでに十分な利益を上げていれば特に問題なくFXをやめます。その途中だった場合は・・・残念ながらそれでもやめるでしょう。今のところ現在の方法以外のトレード方法は全く考えていません。

13:トレードの時間的・精神的な負担に負けるようなことは考えられないか
時間的な負担はほぼ全くないのでその点での問題はないと思います。精神的な負担はトレードの回数が少ないということもあるので、できるだけ全体の結果で見るようにすることで1回1回のトレードの負担をできるだけ軽減しており、精神的な負担でトレードができなくなるようなことはまずないです。ただもしも負けが込んでくるようなことがあれば、精神的な負担に耐えられない可能性もあるかもしれません。

14:取引しようとしているFX業者は適正か
間違いなく適正です。知人の使っている口座でありますし、デモ口座での性能も調べました。評判は悪いですが、それは単に使い方の問題だと思っています。これ以上の口座はほとんどないのではないでしょうか。

15:トレードに使う資金は途中で引き出す可能性があるのか
よほどのことがない限りはないでしょう。ある程度まで利益が増えれば引き出すようになるかもしれませんが、それはトレードに使わない、つまり複利に回さないで一定資金での運用になった場合の話ですので、トレードに使っている資金を引き出すようなことはないと思います。ただ現在の生活状況は決して良くありませんので、「よほどのこと」が起こってしまえばその限りではありません。



一応15個に絞ってみましたが、税金関連や生活資金に関する質問などをもう少し入れたかったかなという気はします。しかしこれにすべて答えられるようであれば、FXを始めてもまぁまぁやっていけるものと思います。質問は「トレード方法」と「資金の破綻」あたりに重点を置いていますが、これはいかに優れたトレードができても資金管理ができていないと勝ち続けることができない、という考えからきています。これからFXで勝ち続けるつもりなのであれば、是非とも質問を自分に当てはめて考えてみてください。意外に自分の考えに穴があったりして驚くものですよ


関連記事
とりあえずの利益は年利20%で十分
勝つのではなく勝ち続けるのが目標
データを客観的に分析する
posted by ゼロハジ at 2010年01月06日 11:25 | Comment(0) | 0から勝ち始めるFXのために
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]