FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

取引記録を付けておく

FXで負けている方が意外とやっていないのが取引記録を付けることです。

取引記録を付けておくと、いつどのように負けたか、どの時点で買い(売り)を出したのか、相場は予想通りに動いたかなどの細かい情報を得ることができるので、今後の取引にとって非常に有効です。逆に取引記録を付けていない場合は何が悪かったのかを覚えていないことも多く、同じ間違いを繰り返すことも珍しくありません

取引記録の付け方としては、取引日時、通貨ペア、ロット数、取引時のチャート、取引後の予想など多岐にわたって付けていくことにより、より高い精度得ることができますが、さすがにそこまでは難しいと思うので、自分が残したいと思った記録をいくつか付けていくだけでも参考になるはずです。

ちなみに私の場合は

勝ち負けのPips
取引通貨ペア
取引の概要
日付
現在の口座資金

を1回の取引ごとにつけています。FXは1回1回の取引が非常に重要になってくるので、取引記録から読み取れるものは意外と大きいものです。


こういった取引記録を長い間付けていくと、自分の癖や負けパターンが明確になってきますので、できる限りの範囲でいいので取引記録を付けるようにしておきましょう。


関連記事
自分の投資スタイルを確立する
私の投資スタイル
相場を分析する2つの方法
posted by ゼロハジ at 2008年06月10日 14:00 | Comment(4) | FXで勝つためのポイント
この記事へのコメント
今日は時間があったので、ゼロハジさんの「取引記録を付けておく」を見て
FXを始めた頃の記録(チャート、取引一覧表+メモ)を見直してみました。
(画面ダンプで、チャート、その日の取引一覧表をプリントアウト。
チャートへ「インーアウト」感想と、これは使えると思われる考え等を
記入していました)
当時はレバレッジが50倍だったので、0.5ロットで取引していました。
日によっては、2万、3万上げていた日もありました。
そこで、2011年度の年間収支を見てみると、+85万円に対して
ーがなんと87万円結局トータル−2万円。これじゃでもデモトレードの
初月+40万、ー42万トータル−2万円と同じ。全く進化していません。
年間なので、少ないかもしれませんが、マイナストレードを減らすという
根本は全く改善されていません。翌年は−16万円でこれじゃだめだと
もう少し真剣に取り組み始めたと言う訳です。

次に記録は、チャートにココでINここでOUTを記入していたので、
今から見ると、なぜにこのタイミングで入ったのか全くわかりません。
短い5分足なのに・・・・・(今思うと100%「チャートを見た時」が
「入り時」だったのです。当然ポジポジ病に侵されていました。絶対!)
色々書き込みもありますが、入るタイミングが間違っているので、
利益も出せるはずがありません。
また多い日は20回ほどトレードしていました。当然利小損多大!
一応「3000円負けたら」&「8000円勝っても」その日は終了。と
いうルールは作っていたみたいですが、時間があると結局トレードしていました。

ただ、この時間が大事(考えて、やってみて、記録して、考えて、
やってみて、記録して)
だという事だけははっきりわかりました。

今のトレードは記録残していません。
来週から、また記録を始めます。
(このタイミングでIN-OUTする明確な理由が一番大事ですね。
 結果はこちらでコントロール出来ない要因なので自分のルールを
 確実に実行して行くだけです。)

なんだか一杯書き込みしてしまいました。
Posted by 通りすがりのkat at 2013年03月10日 02:01
通りすがりのkatさん、コメントありがとうございます。


こんな記事を書いている私ですが、記録は付けてもチャートは撮ってないですし、そして記録自体を見直すこともあまりないという情けないことになってます(笑)

その点katさんはチャートも撮って見直してもしているのですからすばらしいですね。私ももっと頑張らないといけないようです。
Posted by ゼロハジ at 2013年03月10日 13:00
私も始めた頃は決済の数値しか取っていなかったのですが、
なぜここでIN-OUTしかたが大事だと思いチャートも残すように
しました。
あと、チャート、テクニカルの形状から今後の推移を
見るようになると残しておかないと、得意なパターンが
来ても分からないなあと思ったからです。

見直したのは、本当に1年振り位でゼロハジさんの
記事のお陰です。書いている時もいつの日か役に立つ
かもしれないと思い、書いている当時は、これで今日の
トレードはしないという締めの行為でした。
(それでも追加トレードしてしまい翌日記録のやり直しを
したことが何度もあります。)

辛いと思うと続きません。人間は気持ちの動物です。
楽しくできる工夫を考えてみてください。
Posted by 通りすがりのkat at 2013年03月11日 00:31
通りすがりのkatさん、コメントありがとうございます。


チャートは過去に撮っておいたこともあったんですが、見直すこともなくフォルダに山にたまってます。

今ちょっとだけ見直してみましたが、やはりまだ「未熟だな」と思うようなトレードをしてました。ということはそれから少しの進歩はしてきたのかもしれません。
Posted by ゼロハジ at 2013年03月11日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]