FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

2016年のドリームジャンボ宝くじの期待値計算

5月11日よりジャンボ系宝くじである「ドリームジャンボ宝くじ」と「ドリームジャンボミニ7000万」が発売されています。このブログの役目はもはやジャンボ系宝くじの期待値の計算しかないので、発売日には更新できませんでしたが、きちんと今回も役目を果たしたいと思います(笑)

今回の特徴としては「熊本地震の被災地支援」ということでしょう。当せん金や等に大きな変化はないですが、発売した一部を地震支援分という扱いにし、最終的に約40億円が支援に回されるとのこと。地震があったのが先月ですから、1ヶ月足らずで対応したというのは褒めても良いと思います。宝くじの名称も変わっていますし、絵柄にも「くまもん」が(取ってつけたように)いますから対応度は高い気はします。


では期待値の計算に行きましょう。今回は2種類ありますが、まずは「ドリームジャンボ」の方から。


「熊本地震被災地支援 ドリームジャンボ宝くじ(第694回全国自治宝くじ)」の期待値計算

(5億×1)+(1億×2)+(10万×99)+(1000万×3)+(2万×3000)+(4000×10万)+(300×100万)

=5億+2億+990万+3000万+6000万+4億+3億

=14億9990万


14億9990万÷30億=0.49996666・・・

0.4999×100=49.99%



ということで期待値は49.99%でした。確か前回の東日本の際は期待値がだいぶ低く、「支援だから仕方ない」と納得した覚えがありますが、今回は支援の規模が小さいということもあってか期待値の減少は見られないどころか充分すぎるものとなっています。



「熊本地震被災地支援 ドリームジャンボミニ7000万(第695回全国自治宝くじ) 」の期待値計算

(7000万×10)+(100万×100)+(4000×10万)+(300×100万)

=7億+1億+4億+3億

=15億

15億÷30=0.5

0.5×100=50%



と、きっかり50%となりました。気持ちいいぐらいぴったりの50%。4等までしかないため、通常のジャンボ宝くじに比べて調整しやすいのかもしれません。


期待値が高ければそれだけ購入しやすくなって地震の支援にもつながるのかもしれないですね。

そういえば変な時間に更新していますが、特に意味はないです。最近よく眠れないもので、この時間に作業することも普通になってきました。健康って大事なんですよ
posted by ゼロハジ at 2016年05月13日 04:13 | Comment(0) | 宝くじ