FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

ゼロハジのFX検証メモを公開

少し前に書いた「ゼロハジの7年間のFXに対する結論」の最後に「補足としてメモを公開する」ということを書いていたのですが、そのまますっかりと忘れてしまっていました(笑)

そこで今回はそのメモを公開したいと思います。

今回のメモはFXの可能性を根本から突き詰めていくために何を検証したら良いか、またその結果を書いたものです。検証案はすでに検証が行われて消されているものがありますし、またラスト2年程度から書き始めているのでそれ以前のごく当然に思っている(思い込んでいる)理論などについても一切書かれていません。

メモ公開の注意として、あくまでも個人的なメモをそのままコピーペーストしただけなので、意味が通じない点や極論などがあります。あまりバカ正直に信じてよい内容ではないので、そのあたりはしっかりと差し引いて読んでください。念のため赤字で内容の補足や修正を行いましたが、書いた本人でも意味が通じない部分が多々ありました。


以下がメモのコピーとなります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近の方向:感覚的トレード、長期時間足、ダウ理論

■日足の方向に対してのドルコスト平均売買
■ラインの有効性に止めをさす。本当に機能していそうなラインにのみ仕掛た場合の有効性を出す。またランダムなチャートを作り、ラインの有効性が出る確率の差異を調べる
■感覚的トレードをやってみる。テクニカルとファンダメンタルを見ずに、機械的にではなく感覚的に判断する。タイミング計らない。
■過去に行っていた「ファンダメンタルドルコスト」がまぁまぁうまくいっていたにも関わらず終了している。再度の検証を行ってみても良いのではないか。
■トレンドライン・移動平均線がダメで、経済指標もダメ、突発的なファンダメンタルもダメという状況でいけるのは、テクニカル的ファンダメンタル的に見て、日足ダウ理論しか考えられない。アベノミクスのような全体のファンダメンタルにかけ続けるというのはまだ可能性としてあるため、日足ダウ理論であればそれに近いものが達成できる。もちろん直接的に全体のファンダメンタルを試す方法もやりたい。

3日連続で下げた次の日に買い、3日連続で上げた日の次に売ると戦術を試してみたところ、そこそこの有効性が出ている。トレンドに逆らうトレードなのでストップをきつめにして検証したい。


●確率の変遷だけでは勝てない
すでにかなり長い時間浸透してしまっているので特に説明することはないが、ストップを大きくするだけとか、マーチンゲールを使うとか、そういったテクニカル的でない水準を使ったものは確率の範囲は出ないため、結局は期待値の上昇はない。確率だけではFXに勝てない。

●単純な抵抗線の売買では勝てない
抵抗線でのブレイクや反発買いすべてがダメとは思わないが、少なくとも何も考えずに売買して利益の出るものではなかった。プラスアルファが必要だろう。ちなみにブレイク側の方は本当にごくわずかな有効性が見られ、また反発側には十分なマイナスが見られた。

●MACDクロスの単純売買では勝てない
5分足ではあるが、MACDの単純売買による仕掛けは有効性は全く出なかった。騙しが多すぎるし、かなり多い検証数において結果がスプレッド分と同じだったことを考えても全く使えないテクニカルだったのかもしれない。

●チャネルブレイクアウト戦術では勝てない
データが残っていないが、約3年程度分のデータをバックテストしたことがあった。方法はおそらく40日高値・安値更新で仕掛け、その20日高値・安値をストップにしたもののはずだ。1年ごとの結果ではあったが、いずれもイーブン程度の結果にしからならず、有効性が出ている感じはない。確かに大きなトレンドでは莫大な利益にはなったのだが、それ以外の小さな相場においてはコツコツと損を重ねているのでトータルでもプラスというほどにはなっておらず、FXという性質上大きなトレンドが発生しにくいためにこういった結果になったのかもしれないと思う。

●相場に反復性はない
約200トレードほどの検証で、リミットを10、ストップを100で検証。相場には反復性(またはノイズ)があるため、より小さく入れた方に有効性が出るのではないかという疑問を検証した。結果は200トレード中182勝18敗、理論勝率が90.9%で、実際の勝率は91%。200トレードのトータルで20Pipsのプラスとなった。スプレッド分という謎はあるが、この結果を見ても相場に反復性やノイズがあるようには見えない。誤差の範囲。リミットが小さいからと言って勝ちやすくはならないだろう。

●1時間足の高値・安値更新はトレード回数が少なすぎる
回数がたった12回しかないので確定的なことまでは言えないが、確実に言えることとしては1時間足の高値・安値更新仕掛けではトレード回数が少なすぎて話にならないということ。6週の検証だったが、最初の2週は大きな下降トレンドで7回のトレード、その後は4週で5回のトレードしかない。結果はプラス14Pips、回数の少なさと1回の損益を考えれば完全に誤差の範囲なので、これで良し悪しは判断できない。実際に高値・安値更新仕掛けで有効性が出るかどうかは、今後の検証で判断する。これはあくまでも参考。

●ロンドントレーダーは時間外の動きに対応しない
ロンドン時間の動きとその終了後の動き、そして次のロンドン時間の開始時には関係があるのではないかという予想。つまりはロンドン時間で買われていて、時間外に上がっていれば、ロンドントレーダーはロンドン時間開始時に利益確定で売りをするのではないかといった予想。検証はロンドン時間の動きと時間外の動きをユーロドル・ポンド円でそれぞれ100回分調べた。予想では買いの次に買いだった場合は売りだったはずだが、実際にはそういった動きはなく、ランダムと変わらない程度の結果となった。これの裏付けはもう一つあり、OANDAで調べられるポジションの変化において、ロンドン時間開始時にポジション数の増加がみられ、またロンドン時間終了時にはポジション数の低下がみられた。つまりはロンドントレーダーは時間外までポジションは持ち越していないようだ。また同時に行ったロンドン時間開始時と終了時が相場の転換点になるのではという予想だが、比較するデータがなく、また転換の方向は予想できないために検証続行は無駄と判断した。

●まだ仮説:トレンドラインブレイクに有効性はない
トレンドラインブレイクでのトレード37回を行ったが、その結果はランダムと大して変わらないものだった。興味深いのはストップの方法違いで仕掛けは二重だったわけだが、それらを合わせたトレード回数は74回、そしてトータルPipsは-69というところ。つまりはトレンドラインブレイクの有効性はランダムと同じでスプレッド分だけのマイナスだったのではないかという仮説も立てることができる。いずれにしても今回は2か月の検証だったが、もう2か月ほどの結果がないと確定的なことは言えない。今回の結果は暫定結果。

●まだ仮説:ストップの入れ方により有効性は変わらない?
トレンドラインブレイクの仕掛けにおいてストップの入れ方による有効性の違いを調べた。一つは最適高値安値でもう一つが固定小ストップ(相場に関係なく固定Pipsでストップをとる方法)、トータルでそれぞれ37回の検証となったが、どちらも「微減」という結果。ランダムと変わらないといってもいいと思う。しかしわずかではあるが、2か月連続で固定小ストップの方が損失が少なかった。誤差の範囲と言えばそうだが、最適ストップに大きな有効性があるわけではないということは明確だし、どちらもそれほど変わりがないのであれば「とりあえず」は固定小ストップを基本に考えていきたい。注意としてトレンドラインブレイクには有効性がなかった可能性があり、ストップの入れ方により有効性が変わるのはテクニカルに有効性があるときのみの可能性もある。いずれにしても暫定結果。

●まだまだ仮説:移動平均線の向きと売買方向
トレンドラインブレイクの仕掛けの結果では「移動平均線の向きが合っている場合の結果」と「全トレードの結果」を比べてみてもその勝率にはほとんど差がなかった(方向性が合っている方がわずかに結果が良い)。仮説ではトレンドラインのブレイクと移動平均線の組み合わせは悪いのでこれに関しては何とも言えないところがある。またもう一つの移動平均線の検証として利益ごとの仕掛けでの結果もある。これはそもそも仕掛けが移動平均線+トレンドライン+高値安値なので、移動平均線がクリアでない限り仕掛けないのだから15分のデータは完全に意味なし。しかし各利益幅トレードごとに1時間足と4時間足のデータ(方向が合っているもの)を見ると、3つのうち2つでプラス勝率、一つはほぼイーブンという結果だった。ここに有効性がある可能性もないわけではないが、これも結論付けられるほどの検証回数は得られていない。暫定結果。

●メモ:利益幅データまとめ
利益幅を10、30、無限にそれぞれ設定した同じ仕掛け(3方向仕掛け)の結果の違いを観察する検証のデータまとめ。1か月の結果だが、一番よかったのは無限で-102、2番目が10の-130、3番目が30の-258となった。気になる点はすべてマイナスであるところ、つまりは3方向仕掛けにはマイナスの有効性があるのではないかという疑問が湧く。いずれにしてもデータが少なすぎる。ただのメモ。

●テクニカルだけでは勝てそうにないし、方法をコロコロ変えるのが良くないわけでもなさそう
「■現在の正解想定:今考えるFXの正解というのは、相場は間違えるということ。方法は合っていても相場が「異常」な動きをしてテクニカル的でない動きになることが多い。つまりトレードにおいては「自分が間違っているのではないか」という感情がいらないのではないかと思う。ごく基本的なパターンを覚えておけば、あとはそれの実行で勝ちと負けが交互し、最終的には利益になるパターンなのではないかと。これを試すためには、自分を信じ続けて1か月トレードした場合の結果を見ればわかる。この期間は余計な修正をせずに、基本的な仕掛けに終始したいところ。またもう一つの点として臨機応変が挙げられる。流れが変わればすぐ利食い・損切が基本となりそう。■」という仮説を立てて、実際に試してみたのだが、2か月の結果は30トレードで-13というものになった。その2か月中にはメンタルが限界を迎えてその回復のために3週間も休みを取ったりし、メンタルの安定状態でのトレードを心掛けたがダメ。いくら基本パターンを繰り返したところで、最終的には利益にはならないようだ。メンタル的な崩壊も間接的ながら避けたし、方法も変えていないこと、また今までテクニカル単体で有効性が出なかったことを考えても、やはり現在の方法とは全く違う方法を見つけない限り有効性は出そうにない。今までのようなテクニカル単体でのチェックには限界を感じる。
追記:「相場が異常な動きをして」という記述があったが、「ゾーン」にもあるとおり相場というのはそこまできれいには動かないようだ。これが失敗に終わったのはやはり「単独時間足、単独テクニカル」だったからのような気がする。

●通貨の強弱関係は1日続かない
情報商材で知った(買った覚えはないです)通貨の強弱関係について実に丸1年もの間検証した。その結果分かったのが「少なくとも1日という長期では有効性はない」ということ。通貨強弱にはもっと短い期間でのインジケーターがあるらしく、1日という単位で通貨強弱を使うのは機能しないのかもしれない。ただ一時期だけ超強力な有効性を発揮したりもしていたので、通貨の強弱関係は絶対にないとは言い切れなかった。ただこれ単体でトレードできるほどではないし、必ずしも強い通貨が上がったり下がったりするわけではないようだった。つまり使えない。

●トレンド純粋仕掛けとAストップ(ブロガーさんの名称が使われていたため修正)は機能しない
トレンド純粋仕掛けとはチャートを見て明確なトレンド(本当に誰にでも分かるレベルのトレンド)が発生している場合にその方向に仕掛け、そしてストップは更新安値か更新高値に置く(Aストップと呼んでいた)という方法を試した。2ヶ月で大きなマイナスが発生したため逆方向に仕掛け始めたが、3ヶ月でもっとマイナスというアホみたいな結果になった。ここから分かることは「トレンドが発生している方向に売買しても必ずしも儲からないこと」「前高値、前安値のストップの有効性のなさ」である。ただこれもデータが少ないので確定的なことは言えない。あくまでも参考程度に心にとどめておこうと思う。

●投資書籍の内容の簡易検証
安く引けたときの次の日は高くなるという事実はない。むしろ大きなマイナスだった。同じく2日続けて安く引けたときについては検証データが少ないが、かなり甘く見ても有効性は出ていないので無視していいと思う。
3日連続で下げた次の日に買い、3日連続で上げた日の次に売ると戦術を試してみたところ、そこそこの有効性が出ている。トレンドに逆らうトレードなのでストップをきつめにして検証したい。
2期間RSIについては読み方を間違えたのだろうか、全く機能するように見えない。他のサイトではEA化して有効性が出ていたようだが、単純な2期間のRSIでの売買は全く話にならないレベル。

●トリプルスクリーン(仮)
トリプルスクリーンとファンダメンタルの組み合わせを1ヶ月やったが、トレード回数が想定の3分の1しかなく、これでは検証の意味が感じられないため終了した。トリプルスクリーンが良いとか悪いとか判断できるレベルでもないので、また次の機会に挑戦したい。

●ファンダメンタル(仮)
上記のトリプルスクリーンの検証の際にファンダメンタルを使って分かったのはファンダメンタルには「全体」と「突発的」「予定的」ファンダメンタルがあるということ。「全体」のファンダメンタルは現在の注目されている通貨や政策など、「突発的」ファンダメンタルは要人発言や突然の発表など、「予定的」ファンダメンタルは経済指標の発表。
この中で「突発的」ファンダメンタルは比較的サプライズになりやすく、影響も小さくないが、発言時間がほとんど不明で、さらにその情報の出も遅く、しかも正確な意図が読み取りにくいなど壁があるが、ここを攻めれば有効性が出そうな気がしないでもない。

●全体のファンダメンタルで仕掛けるのは厳しい
毎日のファンダメンタルの方向をチェックし、そちら方向にストップ切り上げで仕掛ける方法を試したがうまくいかなかった。理由としては100Pips以上動くようなことがあっても原因が分かるのが数時間後・不明のままということも多く(結構重要な発見)、情報の入手速度という面で考えると「予定的ファンダメンタル」のほうが圧倒的に分があるからだ。またアベノミクスのような大相場を全体としてみた場合、かなり大きいストップが必要となり目標とするトレードとは異なっているようだった。現在どちらの方向を向いていようと、仕掛ける理由としては適していないようだ。改善の余地としては、もっと明確なファンダメンタルのときだけ仕掛けるということになるだろう。

●理論的聖杯はうまくいかない
理論的聖杯については説明が難しいのでフォルダを参考のこと(用意してません。ゴミ理論だったので無視してください)。理論的な理解と実際の計算とのズレはあるが、計算上うまく行かないのであればうまく行かないだろう。計算の仕方の難しさなど難があるが、おそらく有効性はないだろう。デモトレードでよほどの結果が出ない限りは「うまくいかない」という結論で問題ない

●ランダムなトレードはランダムな結果を生む
当たり前だが、ランダムに行ったトレードはランダムな結果となった。思ったよりもさらにランダムな結果だったのが衝撃。今までのトレードはそれなりに偏った結果だったことが分かった。

●ラインによる有効性は全く存在しない
すでに結論として似たような項目はあるが、今回は1時間足の単純なライントレード+損小利大というスタイルで175トレードやったが有効性はなし。ラインの有効性についてかなりの疑問を持っている中でこの結果から言えることは「ラインによる有効性はない(今でもそう思います)」ということ。動きの理由付けとしてラインは最適だが、実際のトレードには全く向かない。これは非常に重要な結論なのでデータ量も充分、これまでの経験も充分ではあるが、確定的とはしないでおいたほういいかも。ただ今後のトレードには大きな影響を与える結果となった。

●経済指標のゆがみはあるが使えない
経済指標の発表時に、ストップを小さくリミットを大きく入れることで数学的なゆがみを発生させ有効性を出すことに成功した。ただこの有効性はあまりに小さいため、スプレッドの拡大やスリッページの発生を考慮してしまうと明らかにマイナスになってしまう。あくまでも一要素として確認できただけだった。

●経済指標によるスキャルピングに可能性はない(非常に重要
リメンバーFXという過去の経済指標の研究サイトを使用して検証。3年と8か月分の結果が1トレードあたりの利益が6.1Pipsとなった(リミット14、ストップ7)。スプレッド拡大、スリッページ、現実的な発表からの注文時間を考えると。この時点でもトレードはかなり厳しい。また発表4秒以降(現実的なトレード時間)の有効性もチェックしていたが、スキャルピングという意味では有効性は半分を下回る。今回の検証は結果は「情報を入手し即時に自動売買できる状況であってもたいした利益にならない。もちろんそんなこともできない一般トレーダーには経済指標の発表はチャンスにもならない。ただ長期売買ならば可能性は残るのかもしれない」。つまり経済指標のスキャルピングには全くチャンスがないが、もう少し長期、1時間以上の保持を考慮したトレードであれば充分に可能性があると思う。その分ストップも大きくなるので、問題も大きいが・・・

●経済指標の有効性は3分以内になくなる(確定)(非常に重要
上記の検証の発展として、経済指標発表3分後の有効性を調べてみたが、その有効性は存在しないという結果となった。多少の有効性は出るものと思ったが、チャートを見ても3分以内に経済指標発表の有効性が消えてしまうことが多く、また実際のデータでもそういう結果なので、経済指標の有効性はたったの3分でなくなるということが確定した。つまり経済指標による売買は絶望的ということになる。

●ボラティリティブレイクアウトに有効性はない
2008年か09年から行ってきたボラティリティブレイクアウト戦術の検証だが、いずれも「スプレッド分を上回る有効性があるもののトレードに使えるほどではない」という結論に至った。そこまでひどい結果ではないものの、長く続いた検証だけに終了には寂しさを感じる。時期によれば機能する可能性もあるようだが、トレンド相場だから機能するというわけでもないようで、使いようはあまりない。派生系の検証が終了し次第、完全終了とする。お疲れ様。

●ダウ理論に有効性はない
トレンドラインなどと同じく、単にチャートにはそういったものが見える性質がある(非常に重要)というだけのことで、それがその後のチャートの動きを予想するものでは一切ないということ。ファンダメンタル的な動きを表していないわけではないだろうが、ファンダメンタルのトレンドに乗ったとしても、トレンド相場以外のレンジ相場で連敗するために機能していない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまで


改めて読み直してみると、意外に未熟なんですね私も。FXから少し離れた現在から見ると稚拙な検証を行っていたことがよく分かります。

それでも根本部分の結論には変わりないので、FXの検証の再開はやはりないと思います。

エクセルの検証データファイルも公開しようかと思ったのですが、こちらはこのメモよりも酷い内容というか、自分でも数値が何を表しているのか、またどのような検証を行っていたのかが全くわからないものが多いため、公開しても役に立たないと判断しました。

今回のようなメモを公開することで、FXに7年もの時間を費やした人がどの程度の考えを持っているのか(良い意味でも悪い意味でも)を伝えられたら幸いです。


関連記事
ゼロハジの7年間のFXに対する結論
「0.96は1 未満か?」等 面白い検索ワードを集めてみた
2014年 年末ジャンボの宝くじの期待値計算
posted by ゼロハジ at 2016年01月20日 23:32 | Comment(0) | 小ネタ