FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

14年8月〜15年1月のFX業者動向

さて、今回はFX業者の動向についてまとめています。すでに恒例ではありますが、約半年間でFX業者や口座スペックがどのように変化したかをゼロハジ独自の調査でまとめていく記事となります。

年2回のこの企画、自分的には結構役立つ情報と思っています。口座を多く持ったりすることは少ないですし、一度使っている口座を変更することも少ないので、自分の使っているFX業者の変更が適正なものなのかどうかを知るいい機会になることでしょう。


<0増3減>

まずは業者の数ですが、これは0増3減となりました。ただ最近は広告を出す業者も少ないため、新しいFX業者があったとしても私が知る機会がないという点もあるため実際は2〜3は増えていたかもしれません。あくまでゼロハジ調べということです。

減ったほうは大証FXの休止関連が2件と公式サイトすら残さずにあっという間に消えてしまった業者が1件となっています。

調査段階で2〜4の業者が終了しそうな勢いを見せていますし、スイスフランの暴落により海外のFX業者が破綻しその煽りを受けること、また暴落の追証が払われるまで業者が損を抱えなければいけないことを考えると、業者の経営状況が悪化して今年の8月までに結構な業者が減りそうです。


<スプレッドは拡大傾向、スワップは減少傾向>

スプレッドには関しては軒並み拡大傾向。前回調査時の去年8月から急激に上昇しているドル円については縮小よりも拡大の幅のほうが圧倒的に大きくなっています。ボラティリティの関係でしょう。またその他の通貨ペアも拡大傾向でして、いくつかの業者は明らかに「スプレッド競争から抜けた」と考えられるほど拡大した例もありました。

スワップは相変わらずの減少傾向。ほぼすべての業者において充分な減少が見られました。また買いスワップと売りスワップの差が大きくなった業者が多く、スワップポイントが最高レベルであった業者ですらこの差が広がっていました。スワップトレーダー自体がそれほどいなくなったため、真っ先に切り捨てられているというのが私の見解です。

ちなみに1年ほど前から気にしていた最大注文数量の減少傾向ですが、これは現在では全く見られません。むしろ最大注文数量を増やしたところもあるぐらいで、当面は減少の流れは一段楽したようです。FX自体の人気が下がっているため、最大注文数量を下げて取引の安定化をする必要がなくなったのだと思います。


<モバイルトレード廃止>

今回はスペック以外に気になった点が3点あります。

まずはモバイルトレード、携帯電話でのトレードを不可にした。つまりガラケー用のトレードツールを廃止した業者が3社もありました。スマホ用のツールがありますから、ガラケーではトレードする必要がないだろうと判断したようです。この流れはスマホ用トレードツールが用意されるにつれて大きくなっていくでしょう。

またMT4の人気が再燃というか、再編されているようです。というのもスイスフランの暴落で破綻した海外のFX業者というのはMT4を取り扱っていた大手業者だったらしく、その関連でMT4でのトレードが出来なくなったトレーダーが、新たにMT4を取り扱っているFX口座を探しているようなのです。そのためMT4を扱っているFX業者の中には新規受付が多すぎて口座開設が遅れているような話もあるほどです。一時的なものでしょうが、MT4への注目度が高まる一件になるかもしれません。


<怪しい注文方法が続々>

このブログでも時々取り上げますが、FX業者が怪しい注文方法を導入する例が増えています。以前は「注文方法」ではなく「新チャート」だったわけですが、最近は注文方法そのものを導入することが増えていて、そしてその注文方法は怪しいものであると(苦笑)。さすがにいちいち計算はしませんが、多くの注文方法は表面だけがよく、実際は大きな手数料がかかったり、または内部コストというか期待値が損なわれていることがあるので、新しい注文方法を見た場合にはまずは計算から入ることをおすすめします。

ちなみにこれに関してはトレーダーを不利にさせることが業者の利益となっている部分が大きいですから、業者が利益を得るためにトレーダーを騙しにかかっているような一面ははっきりとあります。FX業者も大変なのでしょうが、ただでさえ簡単には勝てないFXという相場が、そういった思惑でさらに不利になるのはFX業界にとっていいこととは思えません。


関連記事
現在の検証と今後の展開
カバー取引コピペの人を分析する
外為オンライン 新注文「iサイクル注文」を斬る
posted by ゼロハジ at 2015年01月31日 01:46 | Comment(0) | 小ネタ

ユーロスイスフラン暴落のちょっとした背景

丸1ヶ月も更新がありませんでしたが、実は12月からの多忙が重なり日常生活が行えていないような状態になっています。そのため毎週更新の再開はもう少し先になります。


さて、今回はユーロ/スイスフランの暴落についてちょっと思うことがあったので書いておきます。実際どのような暴落があったかはトレーダーなら誰でも知っているでしょうから簡単な説明だけしておきます。

今回はユーロ/スイスフランの1.2というレートの維持をやめることをスイス国立銀行が発表したことで、急激なスイスフラン高となりわずかな間に大暴落しました。現在も1を少し下回った程度ですから、それでも結構なマイナスです。


なぜこのような大暴落が起こったのかと言いますと、もちろん発表によりスイスフランの価値が減少したということもありますが、1.2を下回らないという予想でストップを置いたトレーダーが多かったためという背景もあります。

この1.2という水準はスイス国立銀行がはっきりと明言した守備ラインでしたから、その発言が撤回されない限りはユーロ/スイスフランのレートが1.2以下になることはないため、1.2を少し下回ったところにストップを置いて買い注文をすれば実質必ず勝つことが可能だったわけです。

しかしこの「必ず勝つ」という裏にはスイス国立銀行が「1.2を維持する」という声明を撤回した場合には、1.2のすぐ下にあるストップが大量に狩られて過去に例を見ないほどの大暴落となる、という問題がありました。そして今回はその問題が起こってしまったと。


これはリミットとストップの関係と似ています。

リミットを小さく、ストップを大きくすれば勝率が上がりますが、1回の負けが大きくなります。そして今回は1.2を背景にトレードすればほぼ必ず勝ちますが、1.2が維持されなくなった場合は大敗する。もちろん全く同じではないですが、どちらも確率の偏りが発生しているだけで有効性にはつながらなかったわけです。


ちなみに暴落により被害をこうむったトレーダーは多かったでしょうが、こういった方は1.2を背景としたトレードで小銭を稼いでいたはずですから、見た目ほどは大きな問題ではないはずです。もちろん強制ロスカットがある程度きちんと機能する日本の業者を使った場合の話ですが。

それと今回まだ明るみになっていない大きな問題はもう一つあります。

今回の暴落は1月15日に起こっています。つまり年を越してしまっています。そして確定申告は2〜3月、つまり去年分の利益は確定したにもかかわらず、今回の大敗でそれを失った場合、手元にはお金がないのに納税の必要が出てくるわけです。

もしも運よく追証を食らわなかったとしても税金に終われる日々になってしまいます。なんとも救いようがない話です。


追記:今回の暴落で相当な追証が発生しているようですが、それが事実だとするとその負債を一時的に肩代わりしているFX業者の負担が大きくなり、結果としてFX業者の廃業・撤退が増えることでしょう。前回同じような暴落があった際に廃業した業者もあったので、今回もその可能性があることを追記しておきます。


関連記事
FXの基本 期待値と勝ちの先取り
FXの基本 ストップを大きくすれば勝率が上がる
14年1月〜8月までのFX業者動向
posted by ゼロハジ at 2015年01月17日 18:59 | Comment(0) | FX時事ネタ