FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

seesaaブログが「この広告は1年以上更新がないブログに表示されております」を勝手に追加

今回はseesaaブログを使っている方への連絡的な短めの記事となります。

すでにタイトルに書いてありますが、seesaaブログが知らないうちに「この広告は1年以上更新がないブログに表示されております」と表示される広告を追加しています。

つまりは1年以上新規投稿がないseesaaブログに広告を表示するという機能なのですが、告知などもなく知らないうちに表示されている方も多いと思います。実際私のほかのブログで表示されていることを確認しました。

seesaaブログは以前から「広告を追加するときは告知しない」という手段をとっているらしく、私が使い始めてから3度目の勝手な広告追加となっています。


今回の広告の回避方法はブログからの設定では無理であり、素直に適当な記事を新規投稿し即時削除すれば問題ないと思います。またあくまでも「新規投稿」でないとダメらしく、既存記事を更新しても広告は消えませんでした。

別に事前に告知してくれればこのような悪態をつくこともないのですが、やはり何の告知もなく、知らないうちに勝手に広告が表示されているというのは非常に気分が悪いです。

seesaaブログをお使いの方はとりあえず自分のブログを確認してみると良いと思います。
posted by ゼロハジ at 2014年12月19日 23:22 | Comment(0) | 小ネタ

現在の検証と今後の展開

そういえば私のトレード検証について書くこともしばらくなかったので、今回は検証プランの経過について書いていきたいと思います。


現在検証している案は2つのみ。一つは「ぱっと見テクニカル」、もう一つが「トレンドラインの逆仕掛け」です。


<ぱっと見テクニカルの検証>

「ぱっと見テクニカル」とはFXサービスの一つであり、「形状比較分析」とも呼ばれる分析方法です。過去のチャートから現在のチャートに似ている部分を抜き出し、その後の動きの予測を行うというものです。

大体の結果はというと、1年半以上の検証でややプラス程度です。ただし過去に損益0地点まで落ちこんだことが2回もありますから、とてもではないですが実用段階ではないです。

効果を最大に見積もったとしても単体での使用はないでしょう。それどころか本当に効果があるかどうか疑問な程度です。過去に検証したプランの結果から見ても、単に長引いているだけというのが一番ありそうです。


<トレンドラインの逆仕掛けの検証>

トレンドラインについてはかなり長く検証していますが、基本的なライン反発とラインブレイクを検証したところ、一般的な反発とブレイクの有効性が全くなく、むしろ逆に仕掛けたほうが有効性が出ているという結果となったので、現在の「トレンドラインの逆仕掛け」の検証にたどり着いています。

結果としては本当にランダムとしか言いようがないです。ランダムの状態で前後していて、多少のプラスになってはいますが、これがマイナスになればそのまま終了です。単に逆に仕掛けているだけですから、いかにトレンドラインに有効性がないかというのをはっきりと思い知らされている感じです。


<今後の展開>

今年中に私はFXから引退し、このブログも終了する予定だったことはどこかの記事に書きましたが、それはまだ実現していません。

これはFXに対する未練とか心変わりではなく、先ほどの2つの検証が今年中に結果が確定し終了する予定だったのが、思ったよりも結果が前後して長引いているからです。トレンドラインのほうはすぐにでも終了しそうな勢いですが、「ぱっと見テクニカル」の方は先が見えなくて困っています。

すでにブログのネタも尽きてきましたし、検証よりも先にブログの更新が終了することもありそうです。とりあえずは今年ではないようですが。


関連記事
FXの基本 期待値と勝ちの先取り
FXの基本 ストップを大きくすれば勝率が上がる
時代はマイナススプレッド!? その可能性を追ってみる
posted by ゼロハジ at 2014年12月12日 17:01 | Comment(0) | 小ネタ

「0.96は1 未満か?」等 面白い検索ワードを集めてみた

この検索ワード紹介企画は自分的には結構な回数を行っていたと思ったのですが、前回のこの企画が7月でしたから、実に5ヶ月も経っているようです。私も30歳になったせいか月日の流れが異様に早く感じてきています(笑)

さて、この企画はこのブログへとたどり着いた一風変わった検索ワードを紹介するという企画です。今回のデータは12年2月〜5月となっています。


「20代ホームレス「 ミュージシャンになるという夢を追うために時間が必要なんです」」

ものすごい直球のワードですが、これはおそらくこのブログの記事の一つ「勝つための努力をしていますか?」で書いた内容だと思います。元記事では「なぜか」該当部分が削除されています。どんな都合があったかは今では思い出せませんが、記憶によれば内容は「ミュージシャンになるためにホームレス生活を続けている20代のミュージシャンに対してのインタビューの中で、『夢を達成するために何をしていますか?』と問われて『そういえば何もしていない』と答えた」というものだったと思います。つまりは夢を達成したいなら努力しろとか何とかいう話です。


「プライズ景品 取れない」

わりと衝撃的な話だったので記事にした覚えがありますが、ゲームセンターなどにある高額商品の入ったルーレットゲームのようなプライズゲームというのは、一定金額が入金されるまでその商品が手に入らないようにロックがかかっていて、絶対に取れないようになっているそうです。ロック解除後もあくまでもロックが解除されただけで入手には運と操作技術が必要という鬼畜の仕様。ビデオレンタル店にあったアレもスーパーセンターにあったアレも実際は恐ろしいゲームだったということです。


「0.96は1 未満か?」

え?1未満じゃないんですか?「未満」というのは達していないということなので、1を含まない1より小さい数は未満になります。ちなみに「以下」の場合は1を含んだそれ以下の数ということです。


「pc 買い替え 3年」

かなり個人的なことですが、現在使っているPCも来年で3年目ということで買い替えを予定しているのですが、円安の影響がありPCの価格が急上昇してますね。性能面を考慮すると買い替える理由はあるのですが、価格面を考慮すると買い換える理由がありません(苦笑)


「井戸は水が出るまで掘り続けろ とは」

つまりは途中でやめたら今までの分が無駄になるから水が出るまで掘り続けろということなのですが、最近の私の考えとしては「その地域、または方法で水が出ることを確認してから掘ろう」と考えが変わりました。まぁまずはどの程度可能性があるか考えてからでもいいんじゃないかと。



今回はわずか5つのみとなりました。データ取得期間も充分に長く取ったつもりですが、イマイチ調子が出ませんでした。

これから年末へと向かいますが、FXの年末はスプレッド拡大や急激な動きの大きい時期ですから、いろいろと気をつけてお過ごしください。


関連記事
円安にも意味がある(はず)
北朝鮮がFXで資金洗浄(マネーロンダリング)
「何月からアリはかつどうしはじめるの」等 気になるワードを集めてみた
posted by ゼロハジ at 2014年12月05日 17:03 | Comment(0) | 小ネタ