FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

FXの基本 期待値と勝ちの先取り

FXの基本シリーズ第2弾です。前回の記事は自分的によく書けましたし、最近の円安でFX業界に新人トレーダーが増えているようなので、初心者さんにも役に立ち、なおかつ鋭く切り込んだ記事を書いていきたいと思います。


さて今回は「期待値と勝ちの先取り」です。

まず期待値とは何かということですが、これは1回のトレードあたりいくら儲かるかという水準ですね。もし期待値が100%(または1)を超えていればトレードとしては大成功です。それを下回れば酷いトレードですが、ただ仕掛けを逆にすればいいだけなのでマイナスでも問題ありません

ちなみにFXの基本的な(何の要素も加えない場合の)期待値は90〜99%ぐらいです。FXで期待値を下げる要因はスプレッドだけであり、スプレッドの影響はリミットとストップの幅により変わります。リミット2Pipsでスプレッドが1Pipsだった場合、期待値は50%になる可能性があると。逆にリミットが100Pipsであれば期待値が99%になるわけですね。このためスキャルピング(超短期取引)というのはよほどはっきりとした有効性・優位性がない限り勝てる可能性は極めて低いわけです。

基本的な期待値ではなく、トレードの期待値を知りたい場合はそれまでのトレードの結果から計算することになります。このとき参照するトレードの回数が多いほど期待値は正確に求められます。これはリミット、もしくはストップが大きいほど回数が必要になります。

期待値はFXだけで使うものではないですから、検索してもらえばすぐに出てくると思いますので計算方法は省きます。


<勝ちの先取り>

ここからが今回のメインテーマ「勝ちの先取り」になります。

1回100円 当たり200円のくじ(当たり5枚 ハズレ5枚)
×××××○○○○○

1回100円 当たり1000円のくじ(当たり1枚 ハズレ9枚)
×××××××××○

1回100円 当たり111.11円のくじ(当たり9枚 ハズレ1枚)
×○○○○○○○○○



はい3つのくじを用意しました。どれを引きたいでしょうか?3番目のくじは端数があるので引きたくはないですが(笑)、計算上端数が出てしまったので仕方ありません。

先ほどの期待値で見ると「10枚すべて引くのに1000円、戻ってくるのが1000円なので期待値は100%」ということになります。もちろん3番目は端数があり戻ってくるのが999.99円になりますがその点はさすがに我慢していただきたい(苦笑)

つまりどれを引いても同じですね。期待値が計算できる方であればどれを引くかは意識することは少ないと思いますが、それでも3番目は当たりが多くハズレが少ないので選びたくなる気持ちがあります。


ではFXだとどうなるか考えてみましょう。

勝ち200円 負け-200円(勝ち5回 負け5回)
×××××○○○○○

勝ち1000円 負け-111.11円(勝ち1回 負け9回)
×××××××××○

勝ち111.11円 負け-1000円(勝ち9回 負け1回)
×○○○○○○○○○



FXという性質上から期待値は100%としました。

さて、この3つのパターンがあった場合、どのパターンを選ぶトレーダーが多いかというと圧倒的に3番目になります。おそらく95%以上のトレーダーは3番目を選択します。もちろん期待値上の有利はありません。

なぜ3番目を選ぶのかというと、意図的に選んでいるというよりは勝ちが先に来るために「優位性のあるトレードを行えている」と勘違いしてしまうからでしょう。実際には勝ちが「多く」負けが「大きい」トレードなだけで期待値的には変わらないのですが、勝ちが優先することで勘違いする可能性が増えるようです。


勝ちが先というのは、先ほどの例において「○」が先行することです。例えば5回トレードして「○○×○×」という結果だった場合、「このトレードなら勝てる」とは思わないでしょう。負けが入っていますから負けの可能性を考えます。しかしこれが「○○○○○」だった場合はどうでしょうか、負けが一切なく5連勝ですから、「このトレードなら勝てる」と思ってしまうことでしょう。そしていつか来る大きな負けで二度とトレードをやらなくなるというFXの黄金パターンです(苦笑)

そもそもこの勝ちを先行させるというやり方はエセトレーダーの常套手段です。勝率だけで物事を考える初心者トレーダーを対象に詐欺商品を売るわけですから、そのためには一定の効果があることを証明する必要があります。ですから勝ちを先行させていかにも有効そうな雰囲気を出す必要があるわけです。むしろそれが一時的なものだということすら分からないトレーダーがさらに広めているので収拾がつかなくなっている背景もあります。


今回のまとめは「期待値を知る、計算する」ということと「勝ちが先行するトレードは後で痛い目を見る」ということです。


関連記事
1年7ヶ月の検証の結果が悩ましい
FXの基本 ストップを大きくすれば勝率が上がる
時代はマイナススプレッド!? その可能性を追ってみる
posted by ゼロハジ at 2014年11月28日 16:12 | Comment(0) | 小ネタ

2014年 年末ジャンボの宝くじの期待値計算

昨日、宝くじを購入してきたのですが、ついでに前回当たった300円を交換してきました。ちなみに私の前の人は1万円当たっていて、当たった本人はかなり驚いていましたが、実はその後ろにいた私も驚いてました(笑)

さて、私も1万円の当せんを目指して今回も期待値計算をしたいと思います。


今回発売されたのは「年末ジャンボ宝くじ」。

特徴は前後賞合わせて7億円の賞金額、また同時に「年末ジャンボミニ」も発売されています。当せん額は過去最高ではないようですが、それでも7億円と高いですし、ミニのほうも7にこだわった賞金額に個性を感じます。


では早速計算していきましょう。

「年末ジャンボ宝くじ」(第669回全国自治宝くじ)の期待値の計算

(5億×1)+(1億×2)+(10万×99)+(2000万×2)+(100万×100)+(5万×1000)+(3000×10万)+(300×100万)

=5億+2億+990万+4000万+1億+5000万+3億+3億

=14億9990万


14億9990万÷30億=0.49996666・・・

0.4999×100=49.99%


ということで、期待値は49.99%となりました。宝くじの期待値は最大でも50%と決まっているので、実質的な最高の期待値と言えることでしょう。年末ジャンボは期待値が高い傾向にあるので、順調な結果だと思います。


次は「年末ジャンボミニ7000万」(第670回全国自治宝くじ)の期待値の計算です

(7000万×10)+(700万×20)+(70万×200)+(7万×1000)+(7000×2万)+(300×100万)

=7億+1億4000万+1億4000万+7000万+1億4000万+3億

=14億9000万


14億9000万÷30億=0.496666

0.496666×100=49.66%



「年末ジャンボ」に比べるとミニのほうは少しだけ期待値が低いという結果に。まぁこの程度であれば誤差でしょうか、当せん金額の問題できっちりと期待値をあわせられるわけではないでしょうから、49.66%でも実質的な最高の期待値ということなのかもしれません。


関連記事
2014年 オータムジャンボ宝くじの期待値
14年1月〜8月までのFX業者動向
2014年 サマージャンボ宝くじの期待値計算
posted by ゼロハジ at 2014年11月22日 16:06 | Comment(0) | 宝くじ

カバー取引コピペの人を分析する

おそらくもう書くことはないと思っていたのですが、せっかくカバー取引における重要なデータのリンク先を提示したのに無視し(おそらく読まれてもいない)、延々とカバー取引を否定するコピペをコメント欄に貼ってくる方について書きたいと思います。

この方は1年と少し前ぐらいからうちのブログ含め多くのブログやサイトに「カバー取引は行われていない」「FXは合法的な”のみ”行為だ」などといったコメントをコピペしています。私のところだと10回ほどありました。


なぜこのようなコピペを貼っているのか、少し考えてみたいと思います。


<宣伝目的>

まず一番に考えられるのがサイトの宣伝のためでしょう。

問題のコピペには必ず多数のリンクが貼られています。一般的な質問サイトや大手ニュースサイトの記事にもリンクされているのですが、その中には必ずある個人サイトが含まれています。むしろコメントの内容はその個人サイトをそのまま移しているかのごとくであり、その管理人がこの件の犯人と考えることも可能です。

ですからこの個人サイトの宣言のためにやっているのではないか、というのが自然な考えになると思います。


<注意喚起の活動家?>

2つ目にありそうなのが「活動家」であるということ。

FXというのはお世辞にも人のためになるものではないですし、また絶対に勝てない注文方法をサービスとして提供しているなどブラックな部分は確実にあります。

そのためこれに嫌気がさした方がFXがこんなに危険で怪しいものなんだということを伝えるために活動している可能性はあるかなと。コメントの内容は毎回微妙に異なっていますから、より伝えやすく考えているのかも?

まぁその割には事実ではない憶測を引き出しているのは残念なところ。情報を鵜呑みにせずきちんと考えて書けばそれなりに受け入れられる意見だとは思います。


<いたずら・スパム>

いたずらという可能性もあるでしょう。

FXのサイトに限らず似たようなことをしている方はいるようで、政治批判系のコピペをコメントとして貼っている方は多いようですね。はっきりと営利目的のものもありますが、だいたいはいたずらでしょう。

ですからカバー取引に関するコメントのコピペもいたずら目的というのも妥当な考えでしょう。すぐに削除するので気付く方は少ないと思いますが、コピペでなくてもいたずらのコメントは少なくありません。



まぁなんにしても、貼るにしてももう少しマシな内容で、なおかつ同じところに貼り付けないように気をつけてもらいたいものです。何度も貼られるのでスパム行為としか捉えようがなくなってしまいます。注意喚起としては悪くないのですから、方法を良く考えてもらいたいところ。


関連記事
外為オンライン 新注文「iサイクル注文」を斬る
FXの基本 ストップを大きくすれば勝率が上がる
悪質広告に対するモラルが問われる
posted by ゼロハジ at 2014年11月14日 19:50 | Comment(0) | 小ネタ

円安にも意味がある(はず)

いやぁ、ブログを1ヶ月休んでいる間に相場がこんなにも動くとは思いませんでした。今日のドル円相場で115円を超えている状態です。120円も視界の範囲内でしょう。

この急激な円安の動きを受けて、このブログのアクセス数も上がってましたが、その間チェックもほとんどしていなかったため、時事ニュースを取り上げることもなかったのは残念。いろいろと解説のチャンスや需要もあったかもしれません。


さて、今回はこの円安騒動で気になったのが、この円安は意図があって行われたものだということ。

自然に円安に向かったわけではなく、充分な意図を持って円安に誘導されているというのはポイントだと思っています。


<アベノミクスの続行?>

アベノミクスの際に「急激な円安はよろしくない」ということで円安方向への動きを是正するような発言がされることがありました。そして現在、追加金融緩和(黒田バズーカ2)により、さらなる円安が開始されています。

つまりはアベノミクスで円安になった際はより負担の大きい急激な動きを避けるために、円安への動きを鈍くしたものの、決してその円安水準に満足していたわけではなく、2年の月日を経て円安に対応した経済状況となったことで円安への動きを再開したのだと思います。


<アベノミクスから2年、消費増税>

アベノミクスが始まったのが2012年の年末、そして今回の「黒田バズーカ2」が2014年の11月ですから、2年という月日での試行となります。ぴったりと言うわけではないですが、ある程度考えられたシナリオだったかなという感じもしないではないです。

また消費増税も裏にある気がします。消費増税は年末での決定とのことですから、その前に景気がいい雰囲気を作っておく必要もあるのかなと。官房長官が「11月と12月のGDP速報値で決める」と発言したそうですし、もしかしたらそれの底上げも背景にあるのかもしれません。


<円安生活に切り替え>

まぁいずれにしても国は円安に向かわせていることは間違いないですから、自分の生活を円安対応していく必要はあると思います。

円高のときも「国が悪い」ばかり言う方が多かったですが、円高にもそれなりにメリットはありましたし、円安にもメリットはあるはず。と言っても円高とは違い、購入ではなく売却のメリットになりますから、それこそ企業の収益が上がり給料が上がるかも、ぐらいしか思いつきません。

自分で海外になにか売るのは難しいですし、やはり円安にメリットというのは庶民には直接的ではなく理解されにくいところはあるのかもしれません。


関連記事
北朝鮮がFXで資金洗浄(マネーロンダリング)
時代はマイナススプレッド!? その可能性を追ってみる
欧州中央銀行の「マイナス金利」とは
posted by ゼロハジ at 2014年11月07日 16:10 | Comment(0) | FX時事ネタ