FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

1年7ヶ月の検証の結果が悩ましい

はい今日の二記事目は「ぱっと見テクニカル」が機能しているかもしれないという内容です。


現在私が検証しているのは2案のみ。一つが「トレンドラインの逆仕掛け」であり、この結果は「ランダムと同等」ということで終わりそうですが、終了まではもう1〜3ヶ月程度かかりそうです。

問題は二つ目の検証である「ぱっと見テクニカル」です。


<なかなか良い結果>

「ぱっと見テクニカル」の検証は去年の2月から始まっていて、すでに1年7ヶ月もの検証を終えています。トレード数は474。

そして結果はというと・・・プラス419Pipsです。

474トレードしているということはスプレッドを最低の「ドル円スプレッド1Pips」で見積もっても474Pips分のマイナスがあるはずなのですが、それを上回ってのプラス。しかも最初の1ヶ月以降はずっとプラス状態を持続していて、トータルがマイナスに転じたことがありません。


<気になる点も>

正直このままリアルトレードに採用しようと思ったのですが、どうしても気になる点が。

それはトータル0付近まで落ちたことが4度もあること、そして利益の推移が右肩上がりでないことの2点です。


トータル0付近まで落ちるほどの急激な負けの連続があるというのは、現在はたまたまプラス推移しているだけの可能性を示唆していますし、利益の推移が右肩上がりではないというのは、有効性が発揮されていない、ランダムな結果である可能性を示唆しています。


この2つの点から見るとどうしても踏み切れるほどではないと判断してしまいます。トータル最高益の直後に0付近まで落下するようなことも見られましたから、さすがにリアルトレードには早いという判断でいいと思っています。

でも全くあきらめていたFXの検証でこういった結果が出るのは意外でした。今年中にFXを引退するであろうことは何度か書いていましたが、この検証の結果を受けてまたしばらくの間検証を続けなければいけなくなりました。今年中の引退はなさそうです


一記事目にも書きましたが、10月中はブログの更新をしません。11月の前半までこのブログはお休みです。コメントに関しては毎日ではないですが確認はしていきます。


関連記事
FXの基本 ストップを大きくすれば勝率が上がる
ゾーン 相場心理学入門の再レビュー
何かがおかしい「日本人のFX事情」のデータ
posted by ゼロハジ at 2014年09月27日 00:17 | Comment(0) | 小ネタ

外為オンライン 新注文「iサイクル注文」を斬る

今日は2記事更新です。やる気があるからというわけではなく、10月は丸々更新を休みますから、今書いておかないと風化してしまう記事は先に書いてしまいたいのです。11月は遅くとも前半までには更新再開します。


さて、一記事目は外為オンラインの「iサイクル注文」についてです。

10月1日よりサービス提供が始まる外為オンラインのサービスですが、このブログを読んでいる方なら分かると思いますが、これはマネースクウェアジャパンの「トラップリピートイダン」と同じです。


<どのような注文方法か>

この「iサイクル注文」、および「サイクル注文」というのは、一定間隔幅でIFO注文を自動で発注し、その注文を繰り返すというもの。つまりは相場全体の変動幅が一定である場合、その中でトレードを繰り返すために利益が出ます。想定変動幅を超えた場合は損失の可能性があります。

「iサイクル注文」は相場変動が起こるとシステムが注文の条件を自動で変えてくれる機能、「サイクル注文」は当初決定した注文を繰り返すため相場変動に対応させるのは手動となります。


<効果なし>

まずはっきりと書いておきますが、この注文方法には効果がありません。テクニカル・ファンダメンタルを参考にしていませんし、ナンピン・マーチンゲールを組み合わせた手法なので、「勝率が高く、負けたときに非常に大きい」という性質を持っています。もちろん相場に反復性があるというのであれば別ですが、私も過去に検証しましたがそんな性質は確認できていません

さらに外為オンラインの解説ページを見ると、利食いレートと損切りレートに大きな差があります。利食いは10Pips、損切りは300Pipsですから、基本勝率は96.77%であり、これが自動設定の値だとすると塩漬け的な要素を多分に含むことになります。つまりは負けるときは非常に大きな負けになるということです。塩漬け・ナンピン・マーチンゲールの3者を使うということで勝率的には無敵ですが、負けたときは悲惨極まりない(苦笑)


<まさかの手数料有り>

かなり小さくこっそりと表記されていますが、実はこの注文方法には手数料がかかります

そしてその額は1000通貨あたり40円、つまり1万通貨あたり400円という異常な高さ。もしもこれが1回の設定あたりであれば高くはないですが、スプレッドを同列表記していることを考えると1回の注文あたりで間違いないでしょう。はっきり言って「ぼったくり」です。

ドル円スプレッドが1Pipsですから、1000通貨40円とすると単純に4Pips相当となりますから、スプレッドが5倍になったのと同じだけ有効性を失うことになります。可能性としてはきわめて低いですが、もしこの注文方法に有効性があったとしても、手数料分を超える有効性が発現するとは考えられません。話にならないレベルの手数料の高さです。


<背景>

この注文方法は「トラップリピートイフダン」と同じであるのですが、実はこの「iサイクル注文」以外にも同じような注文方法を採用しているFX業者はいくつもあります。

こういった値幅反復系の注文方法というのは「業者にとって」大きな利益を生む可能性があるため、次々と採用されている背景があるようです。

FX業者としてはとにかく注文してもらわないと利益が生まれません。そしてこの注文方法は一度設定するとトレーダーが確認していない間もトレードさせることが出来ます。ということは業者にとって注文回数を増やすことにできる絶好の契約であるわけです。

もしもトレーダーが面倒くさがって取引画面を見なかったとすると、取引口座の資金が尽くまで業者に持っていかれてしまいます。そもそもこの注文方法は「勝率が高く、負けたときが大きい」ため最初の勝ちを過信して確認を怠ってしまうような絶妙な注文方法だったりもします。


まぁとにかく今回の外為オンラインの「iサイクル注文」の注文方法はオススメはしないということと、今回の注文方法の手数料の異常な高さ、そして以前導入され現在は休止中の「オフセット注文」の設定値(トレーダーに非常に不利)もそうですが、トレーダーを勝たせる気が「全くない」注文方法を次々と導入したことで、外為オンラインの信用度は地に落ちたと思っています。

今回の異常な手数料の高さを見たことで、まだ残しておいた外為オンラインの残高を全額引き出すつもりです。ここまでの暴利を求めるのであれば、運営に問題があるとしか言いようがないからです。自分的には「外為オンライン」に黄色信号どころか赤信号が点灯した一件でした。


関連記事
FXの基本 ストップを大きくすれば勝率が上がる
時代はマイナススプレッド!? その可能性を追ってみる
資金管理2%ルールの解説
posted by ゼロハジ at 2014年09月26日 22:23 | Comment(6) | FX時事ネタ

2014年 オータムジャンボ宝くじの期待値

私の大好きな宝くじが発売、ということで、今回も宝くじの期待値の記事です。

そういえば、このブログ以外でも宝くじの期待値を扱うところが増えてきているようで、このブログでの宝くじの期待値記事の意義もなくなってきた気がしています。このブログで取り上げるのも少し場違いになってきましたし、そろそろこういった記事を書く必要もないのかもしれません。


さて、今回のオータムジャンボ(新市町村振興 第668回全国自治宝くじ)の特徴は・・・特にないです(笑) 1等賞金も最近のジャンボ系としては普通、本数が多いわけでもなく、特別賞もありません。本当にごく一般的なジャンボ宝くじという印象。あえて言うなら下位の当せん金の分布が通常と違うことでしょうか、3000円がないですし、10万円も2分割されて5万円となっているあたりは特徴かもしれません。

では計算していきたいと思います。


(3億3000万×1)+(3000万×2)+(20万×99)+(1000万×10)+(100万×100)+(5万×2000)+(1万×4万)+(300×100万)

=3億3000万+6000万+1980万+1億+1億+1億+4億+3億

=14億980万


14億980万÷30億=0.46993333・・・


0.469933×100=46.9933%



今回の期待値は「46.9933%」となりました。最近の期待値から比べると平均よりごくわずかに低いぐらいでしょうか。去年のオータムジャンボの期待値が「46.49%」なので多少は上がっていますが、そもそもオータムジャンボは期待値が低い傾向にあったりもします。


そういえば、丸1年ぐらいたった300円すら当たっていない気がします(笑)10月はお金が入用なので、ちょっとでも当たったら万々歳なんですが(苦笑)


関連記事
北朝鮮がFXで資金洗浄(マネーロンダリング)
2014年 サマージャンボ宝くじの期待値計算
2014年 「ドリームジャンボ宝くじ」&「ドリームジャンボミニ5000万」の期待値
posted by ゼロハジ at 2014年09月19日 17:10 | Comment(0) | 宝くじ

FXの基本 ストップを大きくすれば勝率が上がる

なんだか最近の投資サイトの記事というのはFXの本当にごく基本的な知識しかなく、応用的な記事は推測で書かれるという初心者ぶりを見せていて、FX初心者には本当に不遇の時代になったなぁと実感しています。

FX自体の人気が大きく低迷しているので、参加者も減り、記事を書く側のレベルも下がっているのでしょう。ブログもメンタル知識の宝庫になっていて、たいした中身もないですし(苦笑)


ということで今回はFXのごくごく基本に迫ってみます。シリーズ化するかは分かりませんが、今回書くのは「ストップを大きくすれば勝率が上がる」です。

ちなみに「そんなこと知っているよ」という方は読んでも仕方ないと思います。今回は超初心者向けに書くつもりなのでその点は注意してください。


<ストップとリミットの関係>

まずFXの基本的な勝率というのは50%というのはわかると思います。上がるか下がるか2分の1なので50%ということですね。これに様々な要素を組み合わせて勝っていこうというのがFXの基本的な流れになります。

ではこの50%を70%にしたら利益が出ると思いますか?初心者の方はここで「利益が出る」と答えてしまうでしょうが、実は違います。

株式の大型トレーダーもよく勘違いしているのですが、投資において勝率というのはたいした意味を持ちません。私ですら勝率99.9%にできますが、相場で利益を上げることは出来ないと


なぜ勝率が高くても利益が上がらないのかというと、これはストップとリミットが関係してくるからです。


ここで簡単な問題です。

リミット10ストップ10のトレードと、リミット10ストップ100のトレードの場合、どちらが勝ちやすいでしょうか?

当然後者のストップが大きいほうですね。ストップが大きいほど損失に耐える時間が長くなり、リミットまで持ち直す可能性が高くなりますから、勝つ可能性が高くなります。

では先ほどの条件を繰り返した場合、後者の方法では利益が出るでしょうか?

後者の方が勝てる可能性が高いはずですから、利益も出そうなものですが、実際にはそんなことはありません。後者のほうが勝率は高いです。しかしその分負けた場合(ストップにかかった場合)の損失が大きいため、前者と後者のどちらの方法を使っても利益は出ません。繰り返すことで結果はどちらも0に近づきます。


<比率が重要>

リミットにも同じことが言えます。リミットを小さくすれば勝率が上がり、リミットを大きくすれば勝率が下がります。

このストップとリミットの比率による勝率の変化については、(割と本当に)このブログの最大の発明である「基本勝率の計算方法」により求めることが可能なのですが、需要が全くないためいちいち説明しません(笑)


この「ストップを大きくすると勝率が上がる」という背景からみると、一般的に解説されているトレード方法の不都合さが見えてきます。

多くのサイト・ブログでトレード方法が紹介されていますが、その方法がどの程度効果があるのかというのはストップとリミットの値・比率を公開しない限り何の意味もないものになります。先ほど書いたようにどのようなトレード方法をしたとしても「ストップを大きくすると勝率が上がる」のですから、そのトレード方法が効果があるのかどうかを知るための最低限の情報としてストップとリミットの値、もしくは比率が必要になるのです。


<過半数はド素人>

このことを知っていると、FX業界にはド素人しかいないことはすぐに分かると思います。

10Pipsを100連勝したところで、ストップが1000Pipsなのであれば当たり前のことですし、よく言われるリミット3:ストップ1という黄金比率については、これは基本勝率が25%ですから、それを50%の勝率で行えるのであればトレーダーを引退する前に国が買えるほどにお金を稼げることになってしまいます


ということなので、トレードの前提条件としてストップとリミットの比率により勝率が決まっていることは覚えておかなければいけません。と言っても先ほど書いたように、FXトレーダーの大半はド素人ですから、プロトレーダーでもこの事実を知らないのが現実です。

もしこの記事をFX初心者の方が読んでいるのであれば、FXというのは素人が多く、情報取捨選択からしてすでに難しいということを分かってもらいたいところです。


関連記事
14年1月〜8月までのFX業者動向
資金管理2%ルールの解説
「金額の壁」でトレードが鈍る理由
posted by ゼロハジ at 2014年09月12日 17:32 | Comment(3) | 小ネタ

北朝鮮がFXで資金洗浄(マネーロンダリング)

以前からこのような使い方が出来てしまうことは警告されていましたが、まさかあの国が実際に行っていたとは・・・以下引用です。

外国為替証拠金取引(FX)をめぐる金融商品取引法違反容疑で大阪府警に逮捕された静岡県の貿易会社代表(41)の顧客向け口座が、北朝鮮の兵器密輸の資金洗浄(マネーロンダリング)に使われていた疑いがあることが7日、公安関係者への取材で分かった。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記直轄の工作機関が運用していたとみられる。国際社会が懸念を深める北朝鮮の資金洗浄の一端が浮かび上がった。

府警によると、貿易会社代表は、中朝国境付近の中国・延吉を実際の拠点として活動。先月下旬、無登録で日本国内の顧客の資金をFXで運用した疑いで逮捕された。日本の金融機関で開設した顧客名義の口座は計数十にのぼり、取引用IDとパスワードを預かって取引していたという。

〜中略〜

資金洗浄のために、偵察総局は香港に別のダミー企業も設立。香港のこの企業が、兵器密輸などで得たとみられる資金を使って、香港のFX市場で売買を行い、それと同時に浙江省のダミー企業が同額で逆の売買を実施、香港のダミー企業が損失を出すと、その分が運用益として日本の顧客口座に入るといった仕組みをつくっていたとみられる。さらに、中国国内の一般の口座などを使った運用も組み合わせ、資金洗浄を完成させていたとされる。

北朝鮮との武器取引は国連の制裁対象で、資金の流れに対する欧米の監視も強い。北朝鮮は中東やアフリカ諸国、テロ組織との取引で得た資金を、英独や中国、マカオなどいくつもの口座に小分けし、管理・運用しているとされる。日本の個人投資家の口座はマークされる可能性が低く、洗浄ルートの一つに選ばれたようだ。

引用元:北朝鮮、FXで資金洗浄 日本の不正口座操作 大阪府警が摘発 北朝鮮、FXで資金洗浄 日本の不正口座操作 大阪府警が摘発 2ページ目



日本でもヤクザのマネーロンダリング先としてFX口座が使われるのではないか、という懸念は以前からありましたが、まさか国際的に、しかも北朝鮮が関わっているというのは意外でした。


流れとしては

北朝鮮が兵器取引で資金をゲット → 中国に北朝鮮のダミー企業 → 香港と日本のFX口座を入手 → PCを遠隔操作しそれぞれ反対売買を行う → FX口座の利益として北朝鮮口座へ


これはあくまでもマネーロンダリングですから、利益を得る必要は全くなく、ある程度の手数料を払って兵器取引の売り上げをFXでの売買益に転換して北朝鮮に戻す作業なわけです。

記事にもあるように兵器取引は制裁対象なので、そのまま北朝鮮には資金は渡せないわけです。そこでいったんFX口座へと入金し、また別のFX口座と反対売買することで、最終的にFXの利益として北朝鮮に戻すことが出来ると。


FX口座は手数料無料も多いですし、スプレッドも誤差程度ですから、マネーロンダリングには向いているのかもしれません。もちろん一般の方には一生縁のないことでしょう。


気になったのが今回逮捕されたのは静岡県の貿易会社代表であり、さらにその容疑が無登録で顧客の資金を運用していた「金融商品取引法違反」だったということです。国際的な背景があったとはいえ、意外に軽いんだなというのが印象。しかもこの貿易会社に名義を売った日本人もいるのでしょうし、北朝鮮だけを責められないのがなんとも言えないところです。


関連記事
「何月からアリはかつどうしはじめるの」等 気になるワードを集めてみた
悪質広告に対するモラルが問われる
欧州中央銀行の「マイナス金利」とは
posted by ゼロハジ at 2014年09月05日 16:01 | Comment(0) | 小ネタ