FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

14年1月〜8月までのFX業者動向

前回(13年夏〜14年1月までのFX口座の変化動向FX口座の変化動向その2)からだいたい半年経ち、自分の中で恒例となっているFX業者のチェックを行いましたので、今回は14年1月から8月の期間のFX業者の変化の動向をまとめていきたいと思います。


<0増3減>

まず業者自体の増減ですが、これは0増3減でした。増えたところはなく、3つの業者が撤退や事業譲渡を行っています。もちろん独自調べなので誤差はあるでしょうが、業界の衰退が見られた感じです。

ちなみに撤退予定というか、「運営的にもう無理だな」と思う業者は4つほどありました。ですから次回(来年1月)のチェック時にはまた衰退が見られるだろうなと。このあたりには容易に推測できる理由もありますが、それは後述します。


<スペックの変化>

スプレッドの変化は大きく上昇したところも少なくない一方、大きく減少したところもあり、また誤差程度の修正を行ったところも多数ありました。全体で言えばそれほど変わりないと思います。大手は減少傾向、中堅は拡大傾向という感じでしょうか。

最大注文数量については全く変化がありませんでした。もう充分に下がっているので、これ以上下げる必要がなくなったのでしょうか?

スワップポイントについては豪ドル円を基準に判断しているのですが、1月以降豪ドルの政策金利が下がったわけではないのに、スワップ自体は下がっています。だいたいどこも1万通貨あたり10円程度下げてきています。前回も書きましたがスワップ自体の注目度が低いため真っ先に切り捨てられる要素になったのだと思います。


<付随サービスの終了>

先ほど「衰退が容易に推測できる」と書きましたが、その理由は付随サービスの終了にあります。今期の調査ではとにかく付随サービスの終了が目立ちました。

取引量の減少から撤退が相次ぐCFDサービス、また一時ブームとなったミラートレード、また情報サービスの終了や複数用意されていた口座種類を統一するなど、FXトレードに必須ではない要素は切り捨てられている現状です。

これはCFDサービスが撤退せざるを得ないことと、またバイナリーオプションの規制で利益率が下がったことが影響し、事業規模を維持できないからだと推測できます。


さらに問題なのが、今年10月の「大証FX(OSE-FX)」の休止です。

「OSE-FX」と名称が変わったことすら知らなかったぐらい不人気の「大証FX」ですが、今年10月23日をもって取引休止となります。取引所取引ということではありますが、店頭取引にも申告分離課税が適用されたこともありますし、「くりっく365」の方が人気が高いため必要性は低かった背景があります。

これをメインにした口座ではすでにサービス終了を決めているところもありますし、また店頭取引のメイン口座と共に運営しているところもありますから、前述したように事業規模が維持できなくなる可能性はあるでしょう。


ということなので、来年の夏ごろまでに10社程度の撤退があるのではないかと予想しています。「大証FX」関連で3〜4は減るでしょうし、すでに運営が危ういところもいくつかありますから、FX業界が大きく衰退する1年になるのではないかと思います。


関連記事
時代はマイナススプレッド!? その可能性を追ってみる
何かがおかしい「日本人のFX事情」のデータ
カバー取引 顧客の損は業者の利益
posted by ゼロハジ at 2014年08月26日 17:16 | Comment(2) | 小ネタ

とりあえずの報告と更新

すいません。更新を3週連続忘れてしまいました。

一応現在でも毎週更新を目標にやっていますが、8月に入ってから引越しがありまして、そのせいでついつい後回しになった次第です。

あまり長い期間更新しなかったので、更新の意欲がなくなったように見えますが、更新の意思はまだあるということで、今回はとりあえずの報告と更新だけしました。引越しの件はまた後で書くかもしれないですし、書かないかもしれません(笑)
posted by ゼロハジ at 2014年08月25日 01:40 | Comment(0) | 小ネタ

時代はマイナススプレッド!? その可能性を追ってみる

はい、私もFX口座は結構チェックする方なのですが、全く知らなかったわけでもないものの「マイナススプレッド」が日本で取り上げられたのは意外です。以下引用。

今、国内のFX(外国為替証拠金取引)業界にちょっとした異変が起きている。FX会社が個人投資家に提示する「スプレッド」の引き下げ競争が再燃しているのだ。再燃のきっかけとなったのが、昨年から登場し始めた、スプレッドの“逆転現象”。この逆転現象はFXの常識を打ち破るもので、1998年に個人向けFXがスタートして以来、初めての出来事だ。

〜中略〜

そして、昨年後半についにbidがaskを上回る“逆転スプレッド”が登場した。それ以降、業界でのスプレッド引き下げ競争が再燃。有力FX会社が、一斉にスプレッド縮小の動きが出始めたのだ。現時点でマイナスのスプレッドを提供しているのは、セントラル短資FXと日産センチュリー証券の2社である。
 
とはいえ、“逆転スプレッド”はいかにして実現したのか。実際に逆転スプレッドを提示している、日産センチュリー証券の商品企画部長・宮入義勝氏に聞いた。

「当社の『アクセスFX』は『NDD(ノー・ディーリング・デスク)方式』を採用しています。NDDとは、投資家からの注文を、FX会社にレートを提示するカバー先と呼ばれる金融機関や、インターバンク市場へ直接発注し、執行する方式です。FX会社のディーリングなどが介在しないため、“取引の透明性”と約定力が高くなります」

引用元:FX会社のスプレッド競争再燃 逆転スプレッドの登場が契機か


念のため書いておくと、この元記事は日産センチュリー証券のステマ記事なので、まともに読んではいけません。スプレッド競争は起きていますがだいたい横並びで再燃はしていませんし、逆転スプレッドは狙ったものではなくNDDにより起きているものなので、ほとんど競争のしようがありません。


さて、このマイナススプレッド、FXの優位性としてどの程度意味があるのかを調査してみたいと思います。

引用記事にもあった「日産センチュリー証券」と「セントラル短資FX」がマイナススプレッドを導入していると言うことなので調べてみると・・・


<提示率が低すぎる>

まず「日産センチュリー証券」のマイナススプレッドについて、これは引用記事の2ページ目によると、マイナススプレッドの最大幅は1.6Pips、そしてマイナススプレッド(記事中では「逆転スプレッド」)の提示率は全取引時間の0.34%とのこと。

最大幅1.6Pipsは分かります。しかし提示率0.34%というのはどういうことなのか。

0.34%というのは、1日を秒数に換算すると86400秒、そして0.34%はその中の293.76秒ということに。約294秒に1秒がマイナススプレッドの表示ぐらいの提示率となっています。5分で1秒ぐらい。


次は「セントラル短資FX」、こちらは「ウルトラFX」というのがマイナススプレッドが発生する可能性のある商品らしく、ちょっと検索にかけるだけでスプレッドの提示率が出てきました。

ドル円のマイナススプレッドの提示率は-0.1Pipsまでで「0.06%」、6月いっぱいの営業時間で1094秒の提示だそうです。ちなみに約定率は100%、99.99%でもなく「約」がついているわけでもなく「100%」となっています(つまり怪しいということ)。全約定の0.9%がマイナススプレッドでの約定だそう。



<考えるだけ無駄>

いずれのデータもそうですが、マイナススプレッドの提示率がとにかく低いため、それを意識してトレードする価値はないように見えます。それだけに特化するにはチャンスが少なく、またついでを狙うのであれば、結局は他の口座と同じようにスプレッドの平均を考慮する必要が出てくるでしょう。

また問題として大きいのが、その時点で注文したからといってその瞬間に約定するとは限らないということです。わずか1秒の遅延であっても、マイナススプレッドの恩恵を受けられないことが考えられますから、狙いにくい割にはリスクが大きい気がします。

確実な優位性、アービトラージの手段、などいろいろと考えたくなることはあるのですが、少なくとも今現在は考えるに値しないほど小さい要素に収まっていると思います。


関連記事
2014年 サマージャンボ宝くじの期待値計算
欧州中央銀行の「マイナス金利」とは
カバー取引 顧客の損は業者の利益
posted by ゼロハジ at 2014年08月01日 22:35 | Comment(0) | 小ネタ