FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

悪質広告に対するモラルが問われる

まずは引用から。

国民生活センターは19日、自動売買ソフトなどを購入させ、海外の業者を通じて行う外国為替証拠金取引(以下、海外FX取引)に勧誘するトラブルが増えているとして、消費者に注意を呼びかけた。

同センターによると、2012年度以降、海外FX取引をめぐる消費者トラブルが増加。2013年度に全国の消費生活センターなどに寄せられた海外FX取引に関する相談件数は132件と、前年度より34件増えている。契約当事者の年代別では、30歳代〜50歳代が全体の6割以上を占めるという。

相談内容は、インターネット上の広告を見て、国内の業者から自動売買ソフトなどを購入後、海外の口座に入金して取引を開始したものの、利益が出ているはずなのに、海外の業者に取引口座からの出金を求めても応じてもらえないといったケースが多いという。

〜中略〜

同センターは、海外の業者との取引に伴うリスクを理解し、無登録の業者との契約は行わないことや、「絶対もうかる」といったセールストークをうのみにしないこと、取引の仕組みがよくわからない場合は契約しないことなどを呼びかけている。また、トラブルに遭った時は消費生活センターなどに相談してほしいとしている。

引用元:自動売買ソフトを購入させ、"海外FX取引"に誘う手口に注意!--被害平均500万円



自動売買ソフトを購入させて海外FX口座を使用させる。コレを行った方が儲かるのはまず自動売買ソフトの販売利益、そして海外口座の広告収入という二重の利益です。実際に詐欺を行っているのは海外口座なので広告者自身は必ずしも罪に問われないというのもポイント。

推定ではありますが、広告者は1件当たり1万円〜2万円程度の利益になると思います。自動売買ソフトの販売額が高いと買いにくくなるため、広告収入目的であればソフトの価格は安く、そして広告収入を多量に発生させ、そこから特別ボーナスにつなげていくのだと思います。


こういった悪質商法は山ほどあるのでそれ自体は別段珍しくもありません。FX関連でも情報商材でずいぶんと痛い目を見た方もいるでしょうし、そういった存在自体は非常に一般的です。


<悪質広告に対するモラル>

実は私のところにもおそらく引用ニュースと同じであろう「自動売買ソフトの広告を出してくれ」という依頼は結構来ます。別にブログの人気がどうこうではなく、メールアドレスをさらしているところには一律で送っているのだと思います。

実際に広告が貼られているのは見ていますし、契約している方も少なくないのでしょう。しかしその先に詐欺会社があるということ分かっているのでしょうか?おそらく分かっていないでしょう。ただそれが本当に機能するものだとは微塵も思っていないはずです。

情報商材もそうなんですが、悪質な広告を自分のサイトに張るというのは犯罪ではないですが、少しモラルに反するなぁとはずっと思っていました。最近になって多数のサイトが目に見えて悪質な商材やソフトの広告を出すようになってその思いは強くなった気がします。せめてはっきりと分かるような悪質な広告に関しては倫理的な理由から無視するようなFX業界になると良いのですが。


関連記事
何かがおかしい「日本人のFX事情」のデータ
カバー取引 顧客の損は業者の利益
新サービス「トライオート」を考察
posted by ゼロハジ at 2014年06月28日 04:44 | Comment(0) | 小ネタ

資金管理2%ルールの解説

私がFXを研究している中で出た結論の一つに「FXでの資金管理は1回のトレードあたり1%〜4%が適正」というものがあります。

ポジションサイジングの方法はいろいろあります。20万円など一定の金額を1ユニットとして行うものや、私が行っていたように最大の連続負け回数を想定してその分の余裕を持つものなど、雑誌で読む以外にも自分でも思いつきやすいのがポジションサイジングの方法です。


私は一時期そういった様々なポジションサイジングの方法について平行して計算してみたことがあります。しかし結果は一般的に知られている「2%ルール」、つまり「1回のトレードあたり資金の2%を賭ける」というものが最良でした。もし幅を加えたとしても1〜4%までということもこのときに判明しています。


<最良の結果は最高の結果ではなかった>

手元にデータがほとんど残っていないため記憶を頼りにするしかありませんが、様々なポジションサイジングを試す中で2%ルールが勝ち続けていたわけではありません。例えば50%の精度を90%まで高めるような有効性があった場合、この場合2%というリスクはあまりに低すぎ、また他のかなり無理をしているようなポジションサイジングの結果がずば抜けてよい結果を出します。

これはポジションサイジングどうこうという話ではなく、そのリスクの差によって違いがついているわけで、そもそもそこまでの有効性があればポジションサイジングなど必要すらないということです。

しかしもしそこまでの有効性ではないと想定した場合も、やはり他のポジションサイジングが勝つことはなかったわけではありません。


<2%は万能>

ですが、条件を少し変えるとそのポジションサイジングの方法の結果が大きく悪化してしまうのです。トレード方法によりポジションサイジングの結果が変わってしまうため、「このトレード方法にはコレ、こっちにはコレ」という感じでポジションサイジングの方法を変えるのが最高の結果を生みます。

しかし2%ルールであればどのトレード方法にも対応します。また最適化されすぎたポジションサイジングは突発的な事態にも弱いという欠点もあり、総合的に見た場合、また管理のしやすさを考えた場合「2%ルール」を選んでおけば何の問題も起きないという結果になりました。


はっきり言ってしまえば、ポジションサイジングにより資金の伸びは確かに変わりますが、内蔵するリスクが同程度であれば同じ結果となります。つまり特殊なポジションサイジングを採用して試行するぐらいなら、2%ルールの「%」部分を変更したほうがはるかに管理が楽だし適正リスクをとりやすいということです。


<1〜4%の根拠>

2%ルールの範囲として「1〜4%」の変化の幅についても書きました。

これの根拠については、まず1%を最低リスクとしたのはそれ以下のリスクを必要とするトレードというのは有効性があまりに低く、そもそもトレードとして使うに値しないと判断できるためです。

有効性が高ければ高いリスクをとっても問題なく、また有効性が低ければ低いリスクしかとってはいけません。ですが1%以下のリスクをとってトレード回数を増やさなければいけないようなトレード方法は有効性という点で揺らぎが大きすぎるため失格と言えます。アービトラージなどであれば別でしょうが、その場合はそもそもポジションサイジングの概念が必要かどうかから考える必要があるでしょう。


最大を4%とした根拠はそれ以上のリスクをとると資金が破綻することが多いというのが一番ですが、また別にそれ以上のリスクをとっても問題ないレベルの有効性なのであれば、リスクについて意識する必要もほとんどなくなるからという嫌味も込めています。まぁはっきり言えばそんなレベルの有効性など存在しているわけがないという話です。


とにかく資金管理で迷ったら2%ルール。というかどういったポジションサイジングが最適なのかを調査するのは時間の無駄なので最初から2%ルールを推奨します。まぁそれ以前にトレードの有効性がない限り何の意味もない話なのですが(苦笑)


関連記事
2014年 「ドリームジャンボ宝くじ」&「ドリームジャンボミニ5000万」の期待値
「金額の壁」でトレードが鈍る理由
有効性のあるトレードは曖昧?
posted by ゼロハジ at 2014年06月21日 00:35 | Comment(0) | 小ネタ

欧州中央銀行の「マイナス金利」とは

そういえば最近はファンダメンタルを全然チェックしていませんでした。検証も2つしかやっていませんし、どちらもファンダメンタルは関係ないのでファンダメンタルへの興味が全くなかったと。そこで久々に為替ニュースを見ると「欧州中央銀行 異例のマイナス金利」の文字が、今回はこの「マイナス金利」について調べてみました。

まずは引用から。

ヨーロッパ中央銀行は企業への貸し出しを促すため金融機関が中央銀行に資金を預けると実質的に手数料がかかる異例の政策に踏み切りましたが、効果を疑問視する声も出ていて、景気を下支えしユーロ圏がデフレに陥るのを防ぐことができるかが注目されます。

ヨーロッパ中央銀行は5日、定例の理事会を開き、7か月ぶりに主要な政策金利を過去最低の水準となる0.15%に引き下げることを決めました。
さらに、金融機関が中央銀行に余剰資金を預ける際につける金利をマイナスにする、つまり実質的に手数料がかかる状態にして貸し出しを増やすように促す異例の金融政策の導入を決めました。
この「マイナス金利」と呼ばれる政策は金融機関の収益を圧迫し、逆に貸し出しが減るおそれが指摘されるなど、効果を疑問視する声も出ています。

引用元:欧州中央銀行の異例の政策 疑問視の声も



政策金利も0.15%という低い水準になったことも驚きですが、ニュースでは「マイナス金利」というキーワードが注目されていて、今回のニュースのポイントはこの「マイナス金利」のよう。

引用元のニュースによれば「金融機関が中央銀行に余剰資金を預ける際につける金利をマイナスにする」と解説されていますが、この解説では意味がよく分かりません。

別のニュースをチェックしたところ、金融機関とは民間銀行のことであり、民間銀行の余剰資金を中央銀行に預けにくくするためにマイナス金利を施すそうです。預けにくくなった余剰資金は企業への融資に回されるのではないかという思惑。


そもそもなぜ民間銀行が中央銀行に預金するのかという点で疑問なので話の理解度が上がらない感じです。あるとすればお金管理のコストの問題でしょうか、マイナス金利になった以上中央銀行に預けるにはある程度のメリットがないと預ける意味がないですから、そう考えると多額の現金を保管しておくコストを削減するために中央銀行に預けているのかもしれません。

いずれにしても正攻法な政策というイメージはないです。ニュースでもマイナス効果の声が上がっていますし、デフレが懸念される中での政策としては確実なプラス効果があるとは言いがたいところ。


<為替への影響>

この発表に伴いユーロは急落、そこから一気に戻し急落分を超えるほどの上昇を見せています。現在は相場は落ち着いていてややユーロ安への動きが見られます。

ただこれはマイナス金利からの影響なのかは不明なところ、同時に政策金利の引き下げもありましたし、追加緩和も行っていますから、今回の発表全体での影響と見るのが正しいと思います。

今後については一概には言えないでしょう。すでに一方的な動きはなくなっていますから、どうなるかは全く分かりません。新しいニュースに注目しながら相場に挑むのがいいと思います。


関連記事
さよなら ボラティリティブレイクアウト戦術
超高速取引から生まれる有効性
なぜFX業者は社名変更するのか
posted by ゼロハジ at 2014年06月06日 18:54 | Comment(0) | FX時事ネタ