FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

超高速取引から生まれる有効性

今回は軽めに行きます。まずは引用から。

4月4日には、HFTがインサイダー取引規制法に違反していないかを司法省が調査しているとホルダー米司法長官が明言した。先週の初めには米連邦捜査局(FBI)がHFTを調査していることが発覚し、ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官、商品先物取引委員会(CFTC)、証券取引委員会(SEC)などもHFTを調査していると伝えられている。


 フラッシュ・ボーイズと呼ばれるHFT業者は、伝えられているところによると、顧客の注文の1000分の数秒前に割り込むチャンスを与えてくれる取引所への超高速接続を通じて有利性を獲得しているという。シュナイダーマン州司法長官はこれを「インサイダー取引2.0」と呼んでいる。その過程で実際のインサイダー取引規制法が破られているかどうかはもはや重要ではなくなっている。

〜中略〜

先週、どうしたわけか、電子取引に特化した最初の企業、バーチュ・ファイナンシャルの新規株式公開(IPO)が延期された。潜在的な投資家向けのロードショーが始まろうとしていた矢先の発表だった。同社がSECに提出したS-1申請書(上場申請書)は、特に同社がいかに多くの利益を上げているかが示されていることもあり、近年で最も読まれている規制当局の文書の1つといえる。準備段階の目論見書には2009年1月1日からの2013年12月31日までの1238営業日のうち、損失を出した取引日はわずか1日と記載されている。この統計にはウォール街も騒然とした。

引用元:マイケル・ルイス氏の著書で注目された超高速取引



元記事が長いので引用部分が少し飛びがちですが、要点をまとめると以下のようになります。

・HFT(ハイフリークエンシートレーディング)と呼ばれる超高速取引がある
・これは顧客の注文に割り込み有効性を生む方法である
・インサイダーや市場操作の可能性が示唆される
・1238営業日で1日しか負けたことがない

だそうです。


<HTFとは>

HTFとはなにかということですが、これは顧客の注文が執行されるごくわずかな時間に間に、その注文に対して有利な注文を超高速で行うことで有効性を生むという方法のことだそうです。

つまりは後出しですね。相場に影響を与えるような大量の買い注文を約定前に確認できるのであれば、それに乗ずるように事前にトレードすれば有効性が生まれるのは間違いありません。

仕組みについては全然分かりませんが、取引の公平性という意味では「酷い」の一言です。大量の注文が約定前に確認できる仕様ということですし、また他トレードよりも高速という点もそうですね。


<有効性としてはアービトラージの分類>

有効性の出方としては、テクニカルでもファンダメンタルでもなく「アービトラージ」がその種類となるでしょう。

過去にアービトラージにより有効性を生んだ例は少なくありませんから、これもその一つということでしょう。もちろんアービトラージというのはすぐに穴が埋められるものですから、そのうち使えなくなるのは間違いないでしょう

いずれにしても個人取引とは無縁であり、なおかつ真似もできないということでプロトレーダーとアマチュアトレーダーとの差を感じるようなニュースでした。


関連記事
新サービス「トライオート」を考察
リーマンショック以後の政策金利の動向
2014年のグリーンジャンボ宝くじの期待値
posted by ゼロハジ at 2014年04月25日 14:19 | Comment(0) | 小ネタ

カバー取引 顧客の損は業者の利益

アクセス稼ぎなのか注意喚起のつもりなのか、最近また連続してカバー取引の問題についてのコピペがコメント欄に貼られまして、他のブログでも同じように貼られているのを見て、一度くらいはこのブログでまとめてみてもいいかなと思い、今回は「カバー取引の問題」について書くことにしました。


<そもそものコピペ>

いきなり「カバー取引」について書く、といっても意味が通じていない方も少なくないと思います。まずは問題としているコピペの要旨をまとめますが、コピペごとに微妙に内容が異なっているものの基本的には以下の内容です。

・業者はカバー取引をしていない
・だから業者は顧客の損で儲けている
・レートは業者独自に付けられている
・ブロガーは実態隠しに協力している
・詳しい解説記事へのリンク


です。まぁつまりは「顧客の損は業者の利益であり、そうではないように解説しているブロガーは業者の犬だ」ということでしょう。


<業者はカバー取引をしていないのか?>

さて、業者というのは本当にカバー取引をしていないのでしょうか? カバー取引というのはその言葉があるように、FX業者ではカバー取引をしているというのは一般常識です。

しかし「カバー取引は100%行われているわけではない」とはっきりと言えてしまう事実もあります。

それはカバー取引の状況における調査から明らかになっているのです。13年4月を対象としたデータ(http://www.ffaj.or.jp/userfiles/file/pdf/report/2013/ffaj-otc_fx_cover_20130930-J.pdf)によれば、顧客の取引のカバー率は「45.8%」しかなく、半分以上の金額はカバーされていないという事実。

また10年4月の別のデータ(http://www.fsa.go.jp/news/21/syouken/20100416-1.html)では、フルカバーが73%、カバー率30%未満が7%というデータ。

いずれにしても「FX業者はカバー取引を行っていない場合がある」というデータになっています。


<顧客の損は業者の利益か>

先ほどのカバー取引の2つ目のデータの中で面白い一文がありました。

「カバー取引を行わない場合やカバー率が低い場合、相場の急変などのリスクを業者が負うことになり、結果的に業者に損失が発生することがあります。」

はい、つまりは顧客の利益が業者の損失、業者の損失は顧客の利益という図式をはっきりと認めていると。まぁ例え一部とはいえカバー取引が行われていないということは、顧客の損益が業者の損益と関係があるという避けられない事実を指し示しています。


もちろんフルカバー業者もあるので一概には言えませんが、顧客の損は業者の利益という考えは間違っていないということが言えるでしょう。


<レートは業者独自>

すごく勘違いされることが多いですが、業者が独自レートを使っているのは普通です。

「インターバンク市場」という言葉からそういった市場があると思っている方が多いですが、そういったものがあるわけではなく、銀行間の為替取引市場のことを言います。ですから「インターバンクレート」というのは「インターバンクが提示しているレート」のことではなく、「銀行間で取引される際に提示されているレート」のことなのです。

ですから参考にする銀行によりレートが異なるのが普通、FX業者によってレートが異なるのが普通です。

さらにまたFX業者はレートに味付け、つまり多少の変化を与えることが認められています。以前、必ず同じ方向に2Pipsずれているレートを使っている露骨なレート調整をしている業者もありましたし、銀行のレートをそのまま使っているわけではないということは約款にも書いてあった気がします


ただこれは全体でのレートの話です。よくレート操作とは言われますが、個人のレート操作は行政処分どころか犯罪になる可能性がありますから、FX業者側が個人レートの操作をやっている可能性はないです。FX取引の前提ルールとして「顧客間で取引に差が出てはいけない」ということになっていて、約定能力に差が出ただけで行政処分されたところもありました。各々のレートが違えば100%行政処分でしょう。


<その他>

ブロガーが実体隠しに協力しているというのは言いすぎですね。そもそも今回提示したカバー率のデータすら知らない人がほとんどではないでしょうか。私だってこのデータを見るまでは「顧客の損失が業者の利益になるわけがない」と本気で信じてましたから(笑)

それとコピペに貼られているリンク元、ここではリンクを貼りませんが、そのリンク元の意見はだいたい正しいとは思いますし、トレーダーなら1度ぐらいは目を通してもいいぐらいなのですが、「業者は悪」という前提が強すぎて、事実ではないことや、あくまでも想定とか考えでしかないことも混じっているのが残念。事実だけから攻めても充分に効果のある記事でしょうから、もっと客観的に書いていると良かったと思います。


もしもこの記事を「カバー取引のコピペを貼りまくっている方」が読んだのであれば、記事内で紹介したカバー取引のデータも掲載することをオススメします。それとこのブログにはすでに4回ほど貼られているのでもうコピペは貼らなくて結構です(笑)


関連記事
新サービス「トライオート」を考察
なぜFX業者は社名変更するのか
トレンドラインに有効性はない(と思う)
posted by ゼロハジ at 2014年04月18日 14:58 | Comment(2) | 小ネタ

データから見るFX業界

はい、私はわりとデータからFX業界を見るのが好きです。データの信頼性という問題は確かにありますが、「カバー取引は100%行われていない」とか「大半のFXトレーダーは負けている」とか「外貨の買い持ちポジションはいまだに一般的」とかいうことが分かったりして、FXの背景を知ると言う意味で大きな役割があるかなとも思います。

今回は「矢野経済研究所」の月間データランキングからデータを見ていきます。月間と言うからには毎月やってるんでしょうが、目に付いたことはたぶんほとんどないです。FX業者は50社ぐらいあったと思いますが、対象が17社と少なく、信頼性が欠けるからかもしれないですね。

今は4月ですが、まだ3月分のデータがないため今回は「有力FX(外国為替証拠金取引)企業17社の月間データランキング-2014年2月-」を使います。


<預かり残高>

このデータで取り扱っているのは3つのデータ、「預かり残高」「口座数」「取引高」となっています。実際のデータはリンク先を見てもらったほうが早いでしょう。


「預かり残高」のランキングは「1位:SBIグループ」「2位:外為どっとコム」「3位:GMOクリック証券」となっています。

残念なことに1位の「SBIグループ」は「SBI証券、住信SBIネット銀行、SBI FXトレード」の3つのサービスの合計値であり、それ以外のランキングはサービス単体の値というよく分からない分け方をしているため、1位の「SBIグループ」のデータが意味をなしていません

つまりは実質「外為どっとコム」が1位ということで、大きな問題もありましたが少なくとも預かり資産高においての強さは続いているようです。

意外だったのが「3位:GMOクリック証券」と「4位:ワイジェイFX」。「GMOクリック証券」は確かにメジャーではあったものの、短期トレードを主体としていて、また約定に大きな問題があった過去もあったわりにはベスト3に、そして「ワイジェイFX」は「元・サイバーエージェントFX」なわけですが、もともと「サイバーエージェントFX」はFX業者としては中堅どころ、スペック的にも普通程度だったのにもかかわらずこの上位という結果。

ちなみにかなりメジャーな「マネーパートナーズ」が8位、「DMM.com証券」が5位となっています。


<口座数>

預かり資産についで人気を示す「口座数」のランキングは「1位:SBIグループ」「2位:外為どっとコム」「3位:DMM.com証券」でした。先ほどと同じく1位の意味がなしていません。

こちらは特に意外な結果もなく、順当な人気順と言う感じ。17社合計で310万口座ということですが、それだと50社で500〜600万口座くらいですか。キャッシュバック目的とか複数口座とか考えると、FXトレーダーって100万人いるかいないかぐらいな感じがします。意外に少ない。


<取引高>

はい、一番重要なのが「取引高」です。「1位:GMOクリック証券」「2位:DMM.com証券」「3位:ワイジェイFX」となっています。

1位「GMOクリック証券」というところからすでに意外です。2位「DMM.com証券」は全く順当だと思いますが、取引数量で見るとどちらもほぼ7500億通貨単位。3位「ワイジェイFX」が3100億通貨単位
ですからダブルスコアなわけですが、私の感覚では「GMOクリック証券が」1位というのはどうも納得いきません。

また気になったのが先ほどランキング上位だった「SBIグループ」「外為どっとコム」の順位が「その他」扱い、つまりは7位以下、もしくは無回答だったという事実。「その他」だったのか、無回答だったのかどちらだったのかは気になるところ。


いろいろデータを見て思ったのが、このデータはどこから信頼性に欠けるなぁと。調査方法が「アンケート調査」でしかないですし、「GMOグループ」ははサービス単体で計算し、「SBIグループ」はグループで全体で計算されている点など、参考にはなるけれどもそのまま信じるには厳しいという感じ。隠したければ社名が隠せますし、また無回答にすることも出来るという都合の良いデータという背景は頭に入れておいたほうがいいでしょう


関連記事
新サービス「トライオート」を考察
なぜFX業者は社名変更するのか
ここ最近の日経の乱高下の原因
posted by ゼロハジ at 2014年04月11日 14:34 | Comment(0) | 小ネタ

「株取引で99.9%儲かる方法を教えます」等 変な検索ワードを集めてみた

結構長い間続いている「変な検索ワード集め」企画ですが、去年の終わりごろに「グーグルアナリティクスの検索ワード不可視化」がされてしまい検索ワードの取得が困難になってしまいました。つまりはどういうキーワードを使ってこのブログにたどり着いたかが分からなくなってしまったと。

とりあえずは今までのデータを使えばこの企画は存続できます。今回のデータも11年9月ごろのものですし、しばらくは大丈夫ですが、最終的にはデータ不足という事態にはなりそうです。まぁその前にブログが終わる気しかしませんが(苦笑)

ということで今回も「変な検索ワード」を集めてコメントをつけて行きたいと思います。今回のデータは11年9月以降のものです。


「fx 海外口座 申告分離課税」

海外のFX業者のトレードは申告分離課税が適用されるのか、という問題は気になってはいたのですが、ようやく情報も出揃ってきたようなので結論を書くと、ほぼ間違いなく「適用されない」ようです。100%絶対ではないようですが、基本的には適用されないということで税務署側にガイドラインがあるようで、電話の問い合わせには「適用されません」で一律返事をしている模様。ただ「ほぼ」と表現したのは、実際に海外口座を使って確定申告を行った報告がないということ、つまりは海外口座の申告分離課税についての情報というのは海外口座を紹介する側の情報しかないわけで、例によっては申告分離課税になる可能性も0ではないでしょう。日本人向けのサービスをする場合は海外口座にも金融庁への届出が求められていますから、それがなされていれば申告分離課税の適用もあるでしょう。結局のところ、海外口座を紹介したい人は山ほどいるけれども、実際に海外口座を使う人や使って勝ち残る人はいないという背景が見て取れます、


「fx 法人化 2012」

最近はなかなか聞かなくなった「法人化」ですが、レバレッジ規制の際にこれが流行ったのは、法人化をすることでレバレッジ規制の影響を受けなくなるからでした。ですから業者もやっきになって法人化を勧めていたわけですが、それが個人ブログに飛び火、個人ブログが安易な法人化を勧めることで、実態のない個人事業主が増え、FX業者側も法人の口座開設に対し規制せざるを得なくなったと。そもそもFXだけで法人化するというのはかなり難しい話であり、業者側も「本業+FX」という資金の出所のある法人を勧誘していたわけですが、「実体のない本業+FX」という事業者が個人ブログの情報によって多数生まれたことで問題になったと。


「名人も人なり、われも人なり。いかで劣るべき」

懐かしい。「葉隠」ですね。このワードでこのブログが1番に表示されているところを見るとあんまり有名じゃないんでしょうか、私的にはかなりの名言だと思いますが。意味は「うまい人も人間である、私も人間である、いったいどこに劣るところがあるだろうか」という意味です。つまりは同じ人間なのだから名人ができることは私にもできること、とか、同じ人間なのだから勝てないことはない、とか言う意味になります。FXでも名人トレーダーがいるわけですが、同じ人間である私にもできないはずはない、と思い込んでやってきたわけですが、「本当に勝っている人見たことあるの?やるなら見てからでもいいんじゃないか?」というようなことを言われて、そういえばFXをはじめてから一度も「取引履歴を公開している勝っているトレーダー」を見たことがないことに気付きました。エセトレーダーの履歴はいくらでも見ましたが、そもそもFXに名人はいるのでしょうか。まずそこから始めるべきでした(笑)


「3年ご 1ドルはなん円になりそうですか」

なぜかは分かりませんが、3年後のドルと円の予想についての検索が結構あったので取り上げてみました。今回のデータは11年9〜11月、そして今は14年4月ですから、だいたい3年後ということでチャートを見てみると・・・11年9〜11月のドル円は76円を切って何度か最安値を更新したあたりですね、それが現在は100円も越えてここ数年の最高値更新している感じ。本当に180度流れが変わっています。これを予想できた人ってどのくらいいたんでしょうか。


「fx ブログ 嘘ばっか」

FXブログに嘘情報が多いのは今に限ったことではありませんが、最近は少し形が変わってきたなと。私がFXを始めたときの嘘ブログというのは、テクニカルについてもファンダメンタルについてもトップクラスほどの勉強をした人が嘘をついていたわけで、始めたばかりのトレーダーからすれば得る部分は確実にありました。もちろん商材を売るという目的はありますが、基礎的な知識についてはしっかりしていたと。ですが最近の嘘ブログというのは、私は「メンタル系」と呼んでいるのですが、FXに対する基礎的な知識が全くなく、記事は不正なブログランキングクリック数を隠すための投稿であり文量を埋めるため中身のない記事しかないブログが増えています。「メンタル系」というのはそういった中身のない記事の多くがメンタルに関係するものだからです。「お金に目がくらんでチャートを見ていないんだ」とか「チャートに向かう態度や姿勢が悪いから見えるものも見えないんだ」とかなんとか、「負け組ご苦労様です」とか煽る系のも多いですね。おそらく煽ることでなんらかの購買効果が期待できるからなのでしょうが、読む側はムカツキます(笑)。なんというかちょっと「考えなくても」分かる程度なのに騙されている人がいるというのはなんとも。


「fx 書類が来ない」

これは結構聞く話です。口座開設の際になぜか口座開設の書類が届かないことがあるそうです。しかしこれはメールによる返信をしていない場合が多いです。身分確認書類をメールにより送付する方法が一般的ですが、それをしないためにいつまでも書類が来ないということになってしまうようです。


「fx 商材 著作権」

これが不思議なんですが、FXに限らず情報商材を勝手に公開する人っていないですよね。映画でも小説でもオチを書き込む人は山ほどいるわけですが。情報商材に関しては一部ですら書き込む人がいないと。これはおそらく「書き込めるぐらいの中身がないから」だと思います(笑)。私も投資書籍のレビューを何記事も書きましたが、多くの投資書籍というのは信じられらないくらい中身がないですから、もしも商材の内容を書き込んだとしても普通すぎて読む側が気付くこともないというのが真実かなと思ってます。


「株取引で99.9%儲かる方法を教えます」

私の引退時の記事に書くつもりなのですが、99.9%の勝率がすごいと思っているトレーダーって多いんでしょうか?100連勝とか36ヶ月月単位無敗とかもですか。もちろん私でもできますよ(笑)


「土日取引できる為替通貨」

ずいぶん前に土日もトレード可能したらいいのに、という話を見た覚えがありますが、結局どこの業者でも土日トレードは採用してないですね。為替は市場取引ではないので理論的には土日もトレード可能ですが、日本の業者は大手銀行を参照しないレートを付けられないのかもしれないですね。付けていいなら1ドル50円とかできちゃいますし(笑)


と、今回は終了です。一つ一つに長くコメントを書いたので記事を書く時間がオーバーしてしまいました。


関連記事
ゼロハジ6年の軌跡
2月の検証トレード結果
FXにも導入される?暗号通貨とは何か
posted by ゼロハジ at 2014年04月04日 14:46 | Comment(0) | 小ネタ