FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

ADSLの回線切れ現象の考察

はい、今回は引っ越したら書くと言っていたインターネット回線「ADSL」のつながり具合について書きたいと思います。

まず引越し前の状況として、インターネット回線としてADSLを使用していましたが、雨や雪、強風などにより回線切れ現象が多発。酷いときには1日100回〜200回も切れるという状態、このためこのブログでは「ついに解決!? ネット回線切れ現象(WARPSTARに問題あり?)」「雑談 新無線LANルータとブログアクセス数」という記事を書いたりしていました。


<引越し後は切れにくい>

引越し前の家は築60年でしかもメンテナンスもしていないスーパーボロ家だったので、自宅の電話回線の設置状況が悪いために回線が切れるという現象が真っ先に考えられました。そして今回新しく引っ越したのが「推定築60年のボロ家(笑)」で、電話回線の劣化具合はどっちもどっちという感じです。

しかし実際につないで見るとそれほど切れない。ここ数日は私の地域はものすごく悪天候で、大雨と強風が続いています。そんな状況でも回線が切れたのは1日2回ぐらい、しかも回線の復帰も早く、ほとんど気にならない程度には使えます。ちなみに引っ越した現在の私の部屋では強風が起きている数時間にわたって震度1程度揺れてました(苦笑)

問題としては回線速度が遅いということでしょう。表示される速度は変わりませんが、太さというか送信する情報が大きくなると動きが目に見えて鈍くなってしまいます。ですから同時にいくつも回線を使う作業はできそうにないですね。


<可能性は2つか>

とりあえず切れにくくはなったものの、やはり多少でも切れるということは問題があるということでしょうか。

可能性は2つ。一つは電柱に張ってる側の回線に問題があること、もう一つが家側の回線の老朽化です。


電柱側に問題がある可能性というのは実は0ではありません。というのも私が引っ越した先というのは引っ越す前と100m程度しか離れていない場所であり、その周辺の電柱の電話回線に問題があるために引越し前でも引越し後でも回線が切れるという理由は納得できなくはないからです。

また雨・風による回線の切断というのもポイントです。引越し前の家の回線が切れる現象が発生する際に、家に雨が降り注ぐ前に回線が切れ、そしてその後に雨が降ってくるということが何度かありました。つまり家がぬれる前に回線が切れているのです。これが考えられるのは電柱側に問題があるときだけでしょう。引っ越した先で回線が切れにくいのはその影響が小さくなる距離になったからということも考えられます。


そしてもう一つがやはり回線の老朽化。引越し先の電話回線というのは一度引き直した跡が残っています。それが何年前だったのかは分かりませんが、おそらく20年以内ぐらいではないでしょうか。そうであれば老朽化の度合いが低い引越し先のほうが回線が切れにくいという単純な考えも的確でしょう。


まぁなんにしてもADSLが全く切れないというのは難しいのかもしれないですね。ネットでも困っている方がいるみたいですが、確実な修理方法はないようですから、おのおのの状況にあった対策をするしかないのかもしれません。


関連記事
経済指標の発表3分後以降の有効性は0
2013年 年末ジャンボの期待値
相場観の有効性の謎
posted by ゼロハジ at 2014年01月31日 16:29 | Comment(0) | 小ネタ

FX口座の変化動向その2

はい、ようやく引越しが完了しました。「築60年のボロ家から築30年のボロ家へ」という話で聞いていたのですが、実際には「築60年のボロ家から築60年のボロ家へ」でした(笑)まさかこんなにボロいとは予想外でした。まぁ住めるだけマシですか。ちなみに引っ越してから2度目の水道凍結という厳しい寒さとなっております。


さて、今回は前回の続きとなります。本当は別の記事の予定でしたが、あの後さらにFX口座の調査をしていく中で気付いた点があったので紹介したいと思います。


<イメージガール攻勢>

これは前回も書きましたが、FX業者のイメージガール採用が増えています。とりあえずチェックしているFX業者合計で7〜8人程度は採用しています。もちろん完全無名でサイトに載るだけの方も多いですが、SBI FXの「黒谷友香」さんはCMにも起用されていますし、またいままでもイメージガールだった外為オンラインの「大島優子」さんは1月24日より新CMに出演されています。

いままではキャンペーン攻勢だったのが、こういったイメージ戦略にも力を入れてきたというのはFXが投資として一般に認知されてきたのかなと感じます。


<スペック隠し>

意外に気になったのが「スペック隠し」。

私はFX口座のスペックをまとめているわけですが、その中でスペックが隠されている・表示されていないという例が増えていて、スペックが正確に把握できないことが出てきています。

スワップポイントの非表示は結構増えていますが、スワップ自体の重要性が下がっているのでこれはまだ許せます。しかしスプレッドを表記しない、レートも表示せずにスプレッドの推測もできないというものや、通貨ペア数だけを載せて実際にトレードできる通貨ペアが不明なところ、FX口座全体のスペックが不明なものなど、数年前に比べて口座スペックを載せないという表示方法が増えています

もしこれが新サービスであれば「そういうものなのか」と思うことでしょうが、既存サービスで今まで表示していたものを消しているわけですから、かなり意図的な行為によりスペックが隠されている状態です。

なぜこんなことをするのかと考えてみると、やはり「比較されると勝てないから」ということでしょう。現在のFX業界は完全に2強状態となっていて、他のFX口座はよほど特徴がない限りはその存在に意味すらない状態です。ですからスペックで比較されにくくするためにスペック隠しを行っていると考えるのが自然ではないでしょうか。


<付随サービスの終了>

前回記事投稿後に判明したのが「付随サービスの終了の多さ」でした。

FX口座の情勢は1増1減で変わりありませんでしたが、FX口座に付随するサービスの終了具合は結構すごかったです。

付随するサービスというのは例えば「CFD」「MT4」「ミラートレード」「システムトレード」「スペック違いのFX口座」などです。バイナリーオプションは規制で終了した例もであるはずなのでカウントせずに、FX口座の付随サービスの減少だけを見ると9件程度はあったと思います。ちなみに多かったのが「CFD」。

たまたま今日知ったアヴァトレードの「CFD」サービス終了のご案内によると、サービス終了の理由は「先物市場における出来高、取引量の減少」らしく、それなら他のCFDが終了しているのにも納得できる理由となっています。これからも「CFD」のサービス終了は拡大する可能性はあるでしょう。要チェックです。

他のサービスについては単に経営が苦しくなっているから切り捨てたんでしょう。少し前は数多くの「システムトレードサービス」が提供されていましたが現在は息を潜めてますし、次に始まった「MT4」「ミラートレード」のブームも一段落して減ってきた感じもあります。


今回はこんな感じでした。やはりFX業界が縮小傾向というのは変わりないようですね。まぁその分口座で悩むこともほとんどなくなっていると思うので選ぶ側からすれば悪くはないでしょう。適切な口座を選びやすくなったと思います。


関連記事
13年夏〜14年1月までのFX口座の変化動向
2013年のまとめ 為替動向や出来事など
日経平均とFXの関係性とオフセット注文サービス休止
posted by ゼロハジ at 2014年01月28日 16:10 | Comment(0) | 小ネタ

13年夏〜14年1月までのFX口座の変化動向

引越しの準備ということで今週と来週の更新はなく、10日程度ブログはお休みとなるため、まだ6割程度しかまとめていませんが、今回はFX口座の変化動向を書きたいと思います。そこそこ恒例になってきたこの企画ですが、今回は13年夏から14年1月までのFX口座の変化の動向について書いていきます。


<基本スペック>

まずはスプレッドですが、これは横ばいです。縮小したところもあれば拡大したところもあり、全体的にみればそれほど変わりはないでしょう。それぞれの業者の都合により変わった以外は特にないと思います。

注目している最大注文数量の変化についてはやはり目に見える縮小傾向。私がFXを始めた2008年には1回の注文は「500万通貨単位」が当たり前でしたが、現在は「200〜300万通貨単位」まで下がっていて、中には「100万通貨単位」にまで引き下げているところもあります。大口の顧客用のFX口座も少なくなっていますし、FXというものが「お金のない人の投資」として位置づけられている気がしないでもないです。

スワップも減少傾向。スワップは政策金利にも影響されるのでFX口座のスペックを必ずしも表しませんが、傾向としてスワップポイントの付与ははっきりとした減少傾向になっています。政策金利が大して高くない中で、さらに円安になることでスワップトレードの魅力がどんどん落ちているため、そこで競争しても仕方ないという判断なのだと思います。低スプレッドのための犠牲という面もあるでしょう。スワップトレーダーには相変わらず地獄の時代が続いています。


<既存顧客のつなぎ止め>

バイナリーオプションの規制に関連してなのでしょうが、新しい規制の下でバイナリーオプションのサービスを始めたところもそこそこありました。私はバイナリーオプションは専門外なので言うことはないですが、FX業者的にはまだまだバイナリーオプションにがんばってもらいたいようです。

また意外なところではイメージガールを新しく採用したところが数社ありました。全く見たこともない方も当然いる中で、テレビに出られている方を採用している例も。こういうのは華やかでいいですね。

注目すべきなのはキャンペーン攻勢に変化が生じていること。今までのキャンペーンというのは主に新規顧客獲得のためのキャンペーンだったわけですが、ここ最近のキャンペーン内容を見ると新規顧客獲得というよりは既存顧客の「満足度アップ+つなぎ止め」を狙っている感じがあります。

おそらくもうすでに少なくなってきた新規顧客を求めるよりも既存顧客をつなぎ止めたほうが効果が高いと判断しているのでしょう。大手と新規顧客の増加を競っても絶対に勝てないという面もあるのかもしれません。


<撤退は少ないが・・・>

今回の期間におけるFX業者の変動は1増1減、1増えて1減っています。独自調査ですし、まだ6割の調査率なのでもっと減る可能性はありますが増えるほうはすでにカウント済みとなっていて、減る可能性しか残ってません。

いままでの減少率に比べればかなり安定している比率でしょう。しかしFX自体の人気が落ちているイメージはどうしてもありますね。データを公表しているところによればここ3年で3分の1も取引量が減っていましたし、また最近記事を書くにあたってFXニュースを引用しようと思ってもFXニュース自体の量が減ってしまい参考にしようもないということもありました。


まぁFXが一般的になってからCFD、バイナリーオプションなどの金融商品も出てきて、さらにレバレッジ規制、リーマンショックからの政策金利の急落、効果のない情報商材の蔓延など人気を失ったであろう出来事もありましたから、人気を維持するというのも難しいのかもしれないですね。


関連記事
日経平均とFXの関係性とオフセット注文サービス休止
厄介なスリッページがなくなるかも?
「悪魔にアドレスを教えると」等 変な検索ワードを集めてみた
posted by ゼロハジ at 2014年01月14日 21:56 | Comment(0) | 小ネタ

13年の人気記事まとめ

明けましておめでとうございます。

ということで2014年も始まりました。年末年始のさまざまなセールの中で、人生で一度くらいは欲しいもの2つが安く手に入りました。宝くじはハズレでしたが、今年もまたなんとなく良い年である気がしています。

さて、今年のFXについてですが、「緩やかにフェードアウト」というのが合ってそうです。私の中ではFXの可能性はほぼなくなってしまっているので、人生におけるFXの比率を下げて、それ以外を充実させる年にしたいと思っています。まぁ何か可能性が増えればFXにかける時間も増えると思いますが、いったん落ち着きたいというのが本当のところ。


それと今回は去年中に書き忘れた記事「13年の人気記事まとめ」を書きたいと思います。つまりは13年中にどんな記事に人気があったかの確認ですね。最近のアクセス数は右肩下がりに低いので(笑)、これらを受けて記事の書き方を変えていくのもアリかもしれませんね。

ランキング形式で10位からいきます。

10位:ラリー・ウィリアムズの短期売買法のレビュー

おそらく第2版が発売されたことでレビューの検索者が増えたものと思います。PVは年間で1365回、1日平均3.7回も見られているということですか、なんだかんだ言ってもこのブログはしっかり読まれてるんですね。ありがたいことです。ちなみに書籍の内容は決して良くなく、また価格も高いためオススメはしません


9位:ポジポジ病の話

書いたことすら覚えていなかった4年前のこの記事が13年の9位というのは納得いきません(笑)内容もたいしたことないですし、なんで人気になったんでしょうか?これも1日平均3.7回程度も読まれているわけですが、人気になった理由が良く分からない記事ではあります。


8位:Camangi Android タブレット 「Mangrove7」を買ってみた+AmazonAndroidアプリストアで無料アプリ

これはある程度人気を狙ってました。タブレットというのはスマホとPCの中間的なものであり、購入を迷っている方もいるはず、そこでタブレット自体のレビューには絶対に需要があると踏んでいたのです。ちなみに購入から1年以上経過した今ならはっきりと言えますが、明確な使用目的がない限りタブレットの購入は必要ないです。私の場合はスマホがないのでタブレットがあるとカメラや軽いネット検索などに使えますが、スマホを持っているならタブレットは要らないでしょう。使うなら本を読むためとかでしょうか、仕事用のアプリなどは重すぎて使いようもなかったです


7位:「追証なしサービス」の裏を考える

これは一昨年の記事ですね。人気になった理由は海外業者の台頭でしょうか、海外業者がかなり一般的になってきたために追証なしサービスの意味を知りたかったのだと思います。しかし実はこの記事は間違っています(笑)この記事では「フルカバーであれば追証なしでも問題ない」なんて書いていますが、フルカバーしても顧客の損失は「誰も埋めてくれない」のでそんなことできるわけがないです。ですからどうやって「追証なしサービス」が成り立っているかは不明のままです。


6位:トレーリングストップのメリット・デメリット

3年前の記事がなぜか6位。記事の内容は可もなく不可もなく、ただこの記事にもあったように自分にデザインセンスがないということは今でも思うことです(笑)


5位:2012年 サマージャンボ宝くじの期待値を調べた

新しい年度の宝くじの期待値もしっかり記事にしているのですが、検索にかかるのは古い記事ばかりのようです。最近は宝くじの期待値を出しているサイトも少なくなったので、その一つとしてある程度の需要はあるかもしれません。


4位:取引レートの最小単位Pips(ピップス)

このブログが開設されてから圧倒的な人気を誇ったのがこの記事。地味ではあるのですが、「Pips」という言葉がわりと曖昧に多彩な意味をもって使われることがあるため検索者が多かったのだと思います。13年の検索数が右肩下がりだったのはこの記事の人気が落ちているからに間違いありません。ちなみに12年度の検索数1位です。


3位:ついに解決!? ネット回線切れ現象(WARPSTARに問題あり?)

はい、解決していません。そういえばもうすぐ引越しで回線状況も変わりますから、回線切れの現象が自宅の機器によるものだったのか、外部の原因なのかが判明する予定です。そうしたらまた別に記事を書きたいと思います。


2位:ダイヤと同じ輝き? CZダイヤモンドの謎

この間の楽天優勝セールでも少し問題になってましたが、CZダイヤは天然のダイヤモンドではなく、それ以前に宝石でもありません。単なる人口石です。ですが二重価格の表記を行っていかにもダイヤモンドのように見せて販売する業者が山ほどあります。最近知ったのですが、CZにも質があるみたいですね。私が買ったのは超綺麗なCZでしたが、粗悪品だと本当にガラスにしか見えないそう。なんとも世知辛い世の中になったものです。


1位:VプリカでSteamゲームを買ってみた(できない場合の注意点アリ)

年間のPVが10188回、1日平均で約28回も読まれているのが私の大好きなゲームの記事でした。しかしおそらく今年のランキングには入らないでしょう。ゲームサービスの「Steam」でウォレットコードなるものが発売され、クレジットカードがなくても「Steam」のサービスが受けられるようになっているので、Vプリカを使う意味もないわけです。



今年も良い記事を書いてよく読まれる人気記事を書いていきたいと思います。本年もよろしくお願いします。


関連記事
いまさら「2013年ノーベル経済学賞者3名」を解説
2013年のまとめ 為替動向や出来事など
2013年検証まとめと現在の検証
posted by ゼロハジ at 2014年01月07日 23:02 | Comment(2) | 小ネタ