FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

円安で外貨ポジションが好転

去年までの長〜い円高の時期にチェックしていた売買比率によれば、あれだけ円高に進んでいるような状況でも基本は「外貨持ち」というスタンスのトレーダーが多かったです。それが今では円安基調ですから、もしもそのまま損が出ても持ち続けるスタンスを貫いていたのであれば、今になってその損失が埋まってきたことでしょう。以下引用です。

順調に進んでいた円安だが、今週は5週間ぶりに1ドル93円を割りこむなど足もとでは一服気味。

しかし、一服していないのは個人投資家だ。大手FX会社の買い残を見ると、3月最終週では前週比46%も増加した。「下がったところで買いたい」と考える個人投資家が動いたようだ。

FXというと短時間で決済してしまうデイトレードの印象が強いかもしれないが、多いのは中長期的な取引スタンス。とくに中長期的な円安に期待し米ドルや豪ドルなどの外貨を買って持ちっぱなしにしておく外貨預金的なスタンスの人は多い。

〜中略〜

2007年にサブプライムローン問題が表面化するまで、円安トレンドが続いており評価損益率はプラス基調。ところが2007年以降、円高に転換すると評価損益率はマイナスへと落ち込んだ状態が続いていた。0。1%とわずかだが評価損益率がプラスになったのは今年3月。5年ぶりのことだ。最大の要因はやはり円安だろう。

評価損益が0%以下だった2007年11月から今年2月までの平均レートは1ドル約90円。その間に米ドルを買った人たちも93円台の現在は、含み損益はプラスになった人が過半数と考えられる。1社だけのデータだが、FXプライムは2003年からFXを提供している大手であり、全体の動向と大きくは変わらないと思われる。

引用元:円安でFX投資家の評価損益がプラスに : FX特ダネ便 : FX講座 : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


このニュースでは、2007年以降続いた口座全体の評価損益のマイナス続きがようやくプラスになったということが分かります。今年3月にプラスになったということなので、アベノミクスでドル円が10円以上上がってようやくプラスですから、いかにマイナスが深かったかが分かります。

それにしても驚きだったのが評価損益の比率ですね。ニュースで使用されているデータを見ると、2005年7月から利用者全体の評価損益がプラスになった時期は本当に少ないです。まぁスプレッド分のマイナスもありますし、9割が負ける世界といわれている割にはプラスの時期があるだけマシなんでしょうか。


<まだまだ買われているようです>

くりっく365のデータを見てみると、4月分のドル円取引の買いと売りの差を見ると、売り5万(単位不明)に対し買いは20万、豪ドル円でも売り5万に対し買い15万となっていて、やはり比率的には「円売り外貨買い」のポジションの強さは変わっていません。

円高の時は「損失があったから持ち続ける」というスタンスだったんでしょうが、そろそろそのポジションも損失を生め利が乗り始めているレベルでしょうから、どこで売るのかというのが重要になってきそうです。それとも含み益を背景にまだまだ持ち続けるのでしょうか? 豪ドル円で同じ状況であればスワップ目的の所持というのは充分考えられることでしょう。


現在は100円を超えるかどうかの攻防を見守っている状況ですが、このまま円安が定着してくれると長期投資の方にとっては利食いの機会も増えるかもしれないですね。


関連記事
アベノミクスで家を建てた話の信憑性
あんなに円高が悪いと言っていたのに・・・
「相場英雄」が登場する時代到来
posted by ゼロハジ at 2013年04月30日 15:01 | Comment(0) | 小ネタ

保険という投資について考える

もう何年も前に祖母の入院保険金の受け取りを手伝ったことがありました。郵便局(郵便保険?)と病院に何度か通いようやく受け取れたわけですが、その受け取った額は10万円程度。ちなみにがんの手術でした。

死亡保険金がメインの保険だったとは思いますが、月あたり5000円ほども払っているのにこんなものかと思ったものです。また祖父の保険を見る機会もあったのですが、そちらは月1万円以上払って死亡保険金が100万円、入院に関しては分かりません。

このようなことがあったためか私は「保険というのは割に合わない」と感じてはいました。しかし実際にどの程度割に合わないものなのか、もしかしたら入っておいたほうが良いものなのかも、という疑問を解決するために今回は「保険」について考えたいと思います。


<大数の法則>

こういうときは「まずWikipedia」と思って調べたらすぐに答えらしきものが出てきました。保険のページにある「大数の法則」の部分です。以下引用

確率論・統計学で確立されている大数の法則をわれわれの社会におけるさまざまなリスクに適用すると、個々の局面で捉えると予測困難で、かつ致命的な損害になりうるようなリスクであっても、同等の危険を十分な数集めることによって確率的に予測可能になり、また経済的損失も変動の少ないものになりうると考えられる

〜中略〜

特定の人について、保険事故が発生するかどうかや、いつ保険事故が発生するかなどは、予測することができない。しかし、多数の人について統計をとり、過去の経験や資料なども加味すれば、一定期間にある保険事故がほぼ確実に発生する確率は算出することができる。この確率をもとにして、一定期間に保険者が支払わなければならない保険金の総額を予測し、これに見合う保険料を保険契約者から徴収すれば、保険料の総額から保険金の総額を差し引いた収支は均衡し、保険事業は継続的に行うことができるはずである。

引用元:保険 - Wikipedia



FXにも大数の法則はありますね。そう「期待値」です。保険というのはこの期待値に基づいた投資なわけです。もちろん保険会社には人件費などの経費がかかってますから、常識的に考えてもこの期待値はマイナス。保険には入らないほうがいいということになります。


<リスクの大きさは異なる>

しかしそれだけで終わらせるわけには行きませんのでもう少し続けます。

よく自動車保険のCMで「ゴールド免許だと安くなる」的な自動車保険がありますが、これも期待値に基づいています。

ゴールド免許ということは事故率が低いということが言えますから、ゴールド免許(優良運転者)のみのグループとブルー免許(普通運転者)のグループに分けて事故率を見た場合、当然のごとくゴールド免許のグループのほうが事故率が低くなります。事故率が低いということは保険会社の支払いの可能性が低いということで、ゴールド免許の方だけを集めた保険を作れば保険料が安く付くわけです


このようなリスクの大きさの変化によって保険料が変わる例は他にもあり、高齢者向けの保険とか、免許取りたて時期の保険なども保険料が変わるようです。

そういうことなので条件が変われば保険料も変わるので保険に入るかどうかは悩んでもそんなに意味ないのかもしれません。結局保険会社のほうで期待値を計算され保険料が決まるわけですから、保険という投資に勝つ手段はほとんどないと。


結局は保険というのは金額的な問題ではなく心配をなくすというのが大きいのかもしれないですね。税制的にも控除などありますし、効率を考えるようなものではないのかもしれないと思い始めてきました。まぁそんなこと言っても私は入るつもりは全くありませんが(笑)


関連記事
あんなに円高が悪いと言っていたのに・・・
天気予報と相場
「ボラティリティの子鬼」の謎を解明
posted by ゼロハジ at 2013年04月26日 14:12 | Comment(0) | 小ネタ

アベノミクスで家を建てた話の信憑性

ここ最近の上げ相場で儲けたという話はもうすでに何度も目にしています。「今回の相場で家を建てた」とか「ここ数年の負けをすべて取り返しても余りある利益」なんていうのも珍しくないようです。

しかしこれまで相場に関わってきた私としては、そういった話がどの程度の信憑性があるものなのかが気になってます。私の知人にも今回の相場でプラスを出した人はいますが、せいぜい利率10%ぐらいなものでしたから、家が建つぐらいってどの程度の資本と利率だったのかなと疑問を持っています。そこで今回はアベノミクス相場で勝った話の信憑性を考えてみたいと思います。


ちなみに今回は株の話がメインでFXは置いておきます。ドル円相場も確実に上がりましたが、FXの場合は海外口座のレバレッジや短期トレードなどでどこまでいっても信頼できるラインにはならないので信憑性という面では考察の意味がなく省きました。

一方株式投資のほうは長期投資が基本で売買を繰り返すこともないのが一般的なので、今回のアベノミクス相場の影響は推測しやすいとは思っています。


<日経は50%増>

まず一番重要な日経平均の上がり幅、アベノミクスの効果は自民党の政権交代が確定する12年11月半ばぐらいから始まっていて、そのときの日経平均が9000円前後。そして今日の日経平均が1万3500円なので、4500円の上がり幅でだいたい半年で50%上がったことになります

つまりはアベノミクスが始まる前に株を持っていた方の現在までの平均利益は50%はあると。チャートを見るとかなり長い間9000円前後だったみたいですから、こういう考え方でも悪くはないと思います。

利率50%ということは、1000万円の株を持っている方は500万円の利益、3000万円なら1500万円、1億なら5000万円ですか、お金持ちというほどでもなくてもかなりの恩恵があってもおかしくはないようです。


<鍵は個別株にあり>

でもまだ少し「?」がつきます。50%も上がれば確かにそれだけの利益は出そうなものですが、実際にはその途中で売ってしまう人もいますし、その途中で買った人もいるはず。また資金的に考えても家が建つほどって結構な金額ですよね、それだけの利益を出すのに一体いくらの資本と利率がいるのか。

実はこの鍵は個別株にありました。

日経平均的に考えれば確かに50%という利率でしょうが、個別株で見ればこの半年で2倍以上になっている株が存在し、もしもそういったものを早期に入手できたのであれば、充分すぎる利益の確保が可能だったことは明白です。

そもそも株を買うときにインデックスファンドを買う人よりも個別株を買うほうが一般的なわけですから、そこで利益の前後が出るのは当然のことでしょう。たまたま気に入った株が大きく上がって大儲けという感じだったのかもしれません。


<結論>

ということなので、「今回のアベノミクス相場で家を建てた」とかいう話は眉唾な話でもないです。十分な資本を持っていて、適切なタイミングで利率の大きかった個別株を買えていればこの半年で家を建てられるだけの利益を上げるようなこともあるかもしれません。

それにしても不思議だったのが今回のアベノミクス相場で儲けた人の記事の内容で、「ここ何年も積んできた経験がアベノミクスで花開いた」という風に書いてありましたが、そのリターンはインデックスと同程度、今回の相場では未経験でそのリターンを上げられた人も多かったはずなのにそのあたりには全く触れない不思議。相場のサイトって本当に適当だなと改めて思いました(笑)


関連記事
あんなに円高が悪いと言っていたのに・・・
「相場英雄」が登場する時代到来
FXブログとその分類
posted by ゼロハジ at 2013年04月23日 15:24 | Comment(2) | 小ネタ

「0が5に負けて、2が0に負けて、5が2に負ける」等、気になる検索ワードを集めてみた

いつもの息抜き企画「検索ワード集め」です。最近更新するときにどうしてもマイナス方向への記事を書きすぎなので、今回はこういった気の抜けた記事に力を入れて更新を楽しんでみたいと思います(笑)

では行きましょう。


「0が5に負けて、2が0に負けて、5が2に負ける。」

これはナゾナゾですね。0がグー、2がチョキ、5がパーでジャンケンを表しているようです。最適な答えを教えてくれるサイトもあったでしょうに、なんだってこのFXブログにたどり着いたんでしょうか?(笑)


「1000連勝 fx スキャル」

最近だと200連勝ぐらいに抑えてきてますよね。あんまり現実的じゃないと受けないからでしょうか。実際連勝数なんて全く意味ないんですけどね、客寄せに使うには使いやすいでしょうけど。私も気が向いたら「確率的なものだけで1000連勝の記録を作れるのか」を検証しようと思ってます。


「98% 2% 金 死ぬ 確率 求め方」

たぶん2%の確率で死ぬが98%の確率でお金が手に入るとかいうヤツの話ですね。おそらく連勝の確率でしょうから、0.98×0.98×0.98の100倍で3連勝の確率が出ます。以下同じ計算方法です。


「fx あったらいいな サービス」

顧客の勝ち負けに関係なくFX会社の利益の構造になるようにカバー100%してくれて、さらに顧客を勝たせてポジションを増加させるために、情報面などで最大限のサービスをしてくれると嬉しいですね(笑)


「fxで本当に勝ってる人のブログ」

そういえば1〜2年ぐらい前に私が絶賛したブログがあったんですが、今年に入ってそのブログを検索してみたらなくなってました。数百記事をすべて読むほど信用できていたんですが、後半の記事になるほど「?」な部分が増えてきて、結局読むのをやめてました。それでブログが消えているのですから、やっぱり勝ち続けられるトレーダーではなかったのかなと今では思います。


「fxランダムなタイミングで勝つ」

最近これが興味あるんですよね。私は有効性のないトレードのことをランダムなトレードと同じと表現しますが、じゃあ実際にランダムに仕掛けたらどうなるんだろうという疑問がわいてきています。まぁ普通に考えればランダムな結果でしょうが、試して見たい気持ちはあります


「rsiが会社ごとにちがう」

コレ実は気になってます。というのもRSIでチャートを表示させたときにチャートごとによって差が出るというのは結構あります。設定している数値が同じでも違いが出るのでこちらとしては訳が分かりません。まぁ別のチャートを見る機会も少ないのでいいといえばいいんですが・・・


「うまい人のトレードをそのまま真似てみよう」

ミラートレードではなく、その考え方等をコピーしたいものですが、そもそもその「うまい人」が見つからないというこの事実


「ジュースに税金はかかるのか」

そりゃかかるんじゃないでしょうか。店で買っても消費税とかかかりますよね、それとも何かほかの事を言っているんでしょうか?


「ダンレポート 読み方」
全く聞いたことのないレポートですが、もしかしたら相場関係かなと思って調べてみました。これは「企業の信用調査書」らしく、資本や信用度などを調査して報告するものだそうです。株とかには関係あるんでしょうか?少なくともFXには関係なさそうですね。


「どんな確率も0%にはならない。」
このワードを調査して一つのなぞが解けました。ずいぶん前に呼んだ「まぐれ」という確率について扱った書籍ですが、この中に出てきた「サルにタイプライターを打たせ続けるとなんらかの名作と全く同じものを書く」という文面がありましたが、これは「無限の猿定理」というようですね。ウィキペディアにページがありました。「まぐれ」を読んでいるときは何とも変な表現と思ったものですが、学術的な表現だったんですね


「円安にいつなるのか」
「円安になるのはいつ」
「円安にはいつなるの」
「円安はいつ」
「円安はいつくる」

このデータは2011年3月のものですが、円高からの円安が望まれていたことが良く分かるワードです。私もこのときに戻って「2012年の終わりから円安・株高になるから買っておいて」って自分に言いたいです(笑)


「実際は、まだまだ時間があるなんて人生の無駄遣いをしてることが多い」
ダブルクォーテーション(”)つきで検索すると2件しか出てこない。そしてこの記事を持ってこのブログが3件目(笑) 前後がないと意味が通じにくいですが、興味のある方はぜひとも検索してみてください。まだ更新されているブログさんの記事の引用です。


「節電チキンレース」
気になったの検索してみると、「エアコンをつけずにいつまで過ごせるかを競う、エコと節約のデスマッチ」らしいです。こういうお遊びが入ったエコとか節約っていいですよね。自分ひとりでやるなら過剰な節約もいいってモノです。


「超能力fx」
まさかの超能力ですか、検索すると一番は私の記事ですが、2番目以降に「ニコニコ生放送」がかかっているので、おそらくそちら目当ての検索でしょう。超能力ができたら・・・FXじゃなくてもお金稼げそうです(笑)



はい、今回はここまでです。いつもより多めのデータを使ったんですが、量はそんなに増えてないですね。このデータ時期は2011年3月だったので地震と円高のワードが多かったのでその分少なくなった感じです。ではまた機会があればやろうと思います。


関連記事
あんなに円高が悪いと言っていたのに・・・
ドル円95円後の展開を考える
2012年の人気記事まとめ(+おまけ)
posted by ゼロハジ at 2013年04月19日 18:02 | Comment(0) | 小ネタ

エジソンの失敗への心持ち

はい、先週の金曜日で現在やっているデモトレードの検証データをまとめました。前回のデータまとめ時にはかなりの有効性を示していたので期待していたのですが結局ダメダメの結果でした。まぁいつものことですね。すでに数十の失敗を繰り返している私には小さいことです(笑)

そんな失敗を繰り返している中で思ってきたのが「エジソンの心持ち」でした。


<エジソンさんはあきらめない>

エジソンの名言に「失敗ではない、1万通りのうまく行かない方法を発見したのだ」というものがありますが、これは電球の発明にいたるまでに1万回もの試行錯誤を繰り返したという背景からきているもので、失敗のことを失敗ではなく「うまく行かない方法の発見」としたところがすばらしい。

失敗を失敗としてそのまま捉えてしまうと、相次ぐ失敗によりやる気がなくなっていきますが、失敗ではなく発見とすれば次につながりますからやる気の持続にもつながることでしょう。こういった気持ちの持ちようは参考になる部分があると思います。


<可能性を消していっている>

これをFXの検証に当てはめてみると、数多くあるインジケーターやチャートパターンなどを検証していけば、それらがうまくいかなかったとしてもうまくいかないということの発見になりますから、それら以外の検証をしていくような「しらみつぶし」作戦が取れます。

私の最近の心持ちはコレですね。失敗は当たり前というか、「うまくいかない方法を発見しているんだ」と思うことでやる気を持続させている感じです。そう考えれば数ヶ月から1年にもわたる検証期間後の失敗も充分に納得できますから、そういった考え方を持つようになりました。

まぁ、それでも辛くないわけではないです(笑) こうやって可能性を消していっている中でFXというものがどういうのものかは分かってきた気はしますが、逆を言えば「これ以上何があるのか」という思いも募ってきています。ですがまだまだ検証案はありますから、ある日パッと気づいたりするのかもしれませんね。とりあえずは日々の検証をきちんとやっておきたいと思います。


関連記事
「相場英雄」が登場する時代到来
久々の光と見えない結果
引退を考えてしまう・・・
posted by ゼロハジ at 2013年04月16日 22:34 | Comment(0) | 小ネタ

あんなに円高が悪いと言っていたのに・・・

去年の円高のときのニュースを覚えているでしょうか。円高になっているせいで景気は落ち込みアレもコレもと値上がり続きというニュースが流れていました。実際には円高のおかげで食料品の価格も抑えられ、ガソリンか価格も抑えられていたわけですが、その辺りは報道せず、ただただデメリットばかり報道していました。

そして現在は円安、80円台から比べればまだ円安の度合いは低いかもしれませんが、半年もかからずここまで改善してきたのは大きいでしょう。昨日今日は100円を超えそうな勢いです。


<円安報道>

そういった急激な円安に伴って「円安関連のニュース」が流れるわけですが、この内容が納得いかない。

円安の影響があるとして報道されるのが「ガソリン価格の高騰や食料品価格の高騰」というものですが、これは先ほども書いたように円高の影響によって買い付け価格にメリットがあったものが消えてきたためで、世界的な水準で見ても原油価格の高騰と食料品価格の高騰があります。つまりは円安はそれを顕在化させているだけでどこに国もこの2つの影響は受けていると。


またこういった円安での生活圧迫の件だけを紹介してメリットに関しては遠まわしというのも気に入らないです。円高のときはあんなに「給料も上がらずボーナスもカットされる」なんていう報道ばかりだったのに、これから景気が良くなって「給料も上がってボーナスも増える」はずなのに、デメリットばかりの紹介というのはどうにも。まるでデフレのほうが良かったかのような内容。


<デフレも悪くはなかった>

と言っても実はデフレも悪くはなかったんですよね。デフレというのはお金の価値が上がっていく状態ですから、入ってくる金額が少なくともお金の価値が高いのでそれなりの生活は出来ていたと思います。

ここ数年にいたっては信じられないくらい安いサービスを何度も見ましたが、そういったのもデフレの影響でしょう。円高によるメリットを最大限生かしたものや、従業員の賃金の少なさを利用したものなどで製品価格を抑えていたのだと思います。


しかしそういった状況に慣れた今は、製品価格が上昇していくさまは慣れないのかもしれません。実際には製品価格が上がれば最終的に従業員の賃金も上がり景気が良くなっていくのですが、この従業員の賃金が上がるまでの期間(2年程度?)が今なので、インフレに変わっていくのを実感するのはまだ先、これからしばらくは値上げ値上げの日々なのかもしれません。

まぁなんにしてもニュースでやるのであればメリットとデメリットの両面から報道してほしいですね。円高でもダメ、円安でもダメと言うのでは結局は何をしても文句を言っているようにしか見えません。公平公正な報道をしてもらいたいところ。


関連記事
5万円札発行のうわさ
ドル円95円後の展開を考える
いまさら「アベノミクス」をまとめ
posted by ゼロハジ at 2013年04月12日 16:31 | Comment(2) | FX時事ネタ

「相場英雄」が登場する時代到来

はい、10日ほど更新していない間にドル円相場は100円が目前というところまで上昇してきました。長らく低迷していた日経平均も1万3000円超えという状況。

こういった状況の中ですでに目にし始めてきたのが「相場の英雄譚」です。


<リーマンショック以前の英雄たち>

少し前までは超がつくほどの円高に苦しめられてきたわけですが、その際にFXで大きく勝ったような話というのは実はまだ少なかったほうでした。というのもそのさらに少し前のリーマンショック以前のときというのは「円キャリートレードの全盛期」でありまして、とりあえず円を売って外貨を買い、スワップ目的という名目の元に塩漬けをするというスタイルで大勝ちした人のほうが多かったからです。

この「円キャリートレード」をきっかけに雑誌に連載を持ったり書籍を出しているようなトレーダーは今でも数多くいますが、たいていのトレーダーはリーマンショックにより大敗し相場の世界から消え去っています。


<アベノミクスによる大相場>

そして今回はアベノミクスによる円安の大相場がすでに発生しています。今後の動きが単純に予想できるものではないでしょうが、自民党の政権奪還時からポジションを持っている方は為替にしろ株にしろ利益が出始めているという話はよく目にするようになりました。

また利益の出たポジションを決済してさらに大きなポジションを持つやり方をしていた方がいるとすれば、ここ半年で2倍や3倍に増えていてもおかしくはないですし、もし海外口座で高いレバレッジをかけていたとすれば半年で原資100倍なんてことも起き得ることでしょう。まさに「英雄譚」です。


<その相場英雄たちのリスクは・・・>

つい先日の「日銀政策決定会合」では大胆な金融緩和策の実行を見せましたが、実はこのときの市場の思惑というのは「踏み切った緩和はないだろう」というものでした。ですからサプライズ的な勢いで円安が進んだというのもあったわけですが、もしもここで予想通りのガッカリ策だったとしたら、場合によっては円高になった可能性もあったでしょう。

つまりはこれから出てくるであろう「相場英雄」というのは、適正ではないリスクとうまく時勢に乗ったということなわけで、必ずしも彼らに相場のテクニックが備わっていたわけではないのかもしれないということです。


最近は「とりあえず円を売っておけ」とか「株を買うなら今しかない」なんていう声も本当に多く目にするわけですが、それに乗って利益を上げることも確かにあると思います。しかし相場が逆に行く可能性というのは常にあるわけで、リスク管理をしていないと痛い目を見る可能性もあります。

またすでに資金を増やしたようなトレーダーが書籍の出版などすることもあるでしょうが、その背景には「アベノミクスによる大相場」があったということは忘れないほうがよいでしょう。「大相場では実力は測れない」のです。


関連記事
5万円札発行のうわさ
ドル円95円後の展開を考える
いまさら「アベノミクス」をまとめ
posted by ゼロハジ at 2013年04月09日 15:19 | Comment(0) | 小ネタ