FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

天気予報と相場

今年の夏は暑いかも、なんていう天気予報を今日見たのですが、ここ数年の夏はずっと暑い気がします。やっぱり温暖化の影響なのかなと思うことは多くなってきました。

さて、そんな天気予報ですが、この天気予報を使って「相場は予想できるもの」と説明する話を読んだことがあります。

たしか「『私は的確に未来を予想することができる』と前置きした後に私が天気予報を読み上げると生徒たちが笑い出した。そこで私は生徒たちに問いかける『天気を予想するのと相場を予想するのと何が違うのかね』」とかいう話です。

つまりは「天気予報のように天気の予想は出来るのに、どうして相場の予想が出来ないと思うのか」ということなのですが・・・


<どうやって天気を予想するのか>

様々な方法があるとは思うのですが、私が知っている天気予報の出し方の一つが「現在の天気図と同じような過去の天気図をいくつも用意し、その中で実際に雨が降った過去の天気図の割合を降水確率としている」というようなものです。

つまり現在の天気図と同じ形の過去の天気図が10個用意できたのであれば、そのうち1個で雨が降れば降水確率10%、6個で雨が降れば降水確率60%という出し方をしているという話です。もちろん今でも使っているかどうかは分かりません。


<天気は変わりませんが・・・>

相場でこの方法を試したとしても、おそらく良い結果にならないことは目に見えています。先ほどの過去の天気図というのを過去のチャートに置き換えてもそうですし、また全く他の天気の予想の方法にしても相場には適用できません

なぜここまで断言できるのかというと、天気はいくら予想が集まっても変わりませんが相場は予想が集まるだけで変化してしまうからです

天気を動かす原因となっているのは「気候」ですが、相場を動かす原因となっていうのは「思惑」です。つまり相場に予想が集まってしまえば思惑が変わり、その予想も意味のないものになってしまうというジレンマが相場にはあるわけです。

なので冒頭の「天気を予想するのと相場を予想するのと何が違う」という問いかけは「全く違う」と答えられてしまいます。


ただこれも規模の問題があります。個人規模での予想が相場に影響することはほぼないですから、個人でエッジを発見し利用すれば相場に勝つことも出来るのかなと思います。なんだかんだ言っても情報の多いプロよりも個人のほうが勝っているというのはよくある話で、相場に影響を与えないトレード量を維持できる個人のほうが有利という面もあると思います。

まぁなんにしても、そのエッジがあるかどうかという話なのですが・・・そこは私では何とも分かりません(笑)


関連記事
久々の光と見えない結果
「ボラティリティの子鬼」の謎を解明
いまさら「アベノミクス」をまとめ
posted by ゼロハジ at 2013年03月26日 17:58 | Comment(2) | 小ネタ

5万円札発行のうわさ

つい先日のこと、ちょっとした小物を買い物して金額ピッタリに支払いしようとしたところ・・・5円玉がない。しかも1度や2度ではなく何度も5円玉が足りないという事態に。

そしてたまたま見たニュースが「5円玉製造ストップ」のニュース。

少し前のニュースなので適切な引用先が見つかりませんでしたが、内容は「平成22年から24年にかけて一般流通用の5円玉が製造されなかった」というもの。理由は電子マネーの普及で小銭が要らなくなってきているからとのことです。

それですぐに私の手元から5円玉が消えるというものではないでしょうが(笑)、なんとなく納得したニュースではありました。


さて、このように消え去りそうな硬貨がある中で、経済刺激策として新たな紙幣が発行されるのではないかという話もあります。以下引用。

一方、そうした反応は織り込み済みであり、金融の大幅緩和を進める中、消費マインドを刺激するための秘策があると、財務省(真砂靖事務次官・1978年旧大蔵省入省)筋はひそやかに言う。

その秘策とは、いったい何なのか−。「5万円札」発行というのだ。

〜中略〜

安倍首相が金融政策のブレーンとして名前を挙げる米エール大学の浜田宏一名誉教授、そして同首相がひそかに信を置く中原伸之元日銀審議委員がインフレ目標の重要性と、景気刺激のためには「何でもやるべき」と主張してきた。「5万円札」発行は十分あり得ることなのだ。

(引用元:【永田町・霞が関インサイド】消費刺激の秘策…「5万円札」発行 - 政治・社会 - ZAKZAK


こちらもあまり適切な引用元ではなかったですが、少し前のニュースなので他の記事が見つかりませんでした。


全く人気の出なかった2000円札のときもそうですが、景気刺激策としての新紙幣発行というのは方法としてはあるようです。今回は5万円札の発行が噂されていますが、実現の可能性はどの程度あるのでしょうか? なんでも「坂本竜馬」を肖像にするとか言われていますが・・・

実際に5万円札ができたと考えると、2000円札よりはまだ使い道がある気はします。たとえばお金持ちの方のキャッシュでの支払いの際に、1万円札を大量の持ち歩かなくてもいいようになりますから消費活動は活発になるかもしれないですね。銀行でお金を輸送する際にも大きさが5分の1ですむようになります。大口的には効果が見込めそう。

でも庶民的に考えると、給料を引き出したときは数枚の5万円札になってしまい、それで買い物するといちいち1万円のおつりをもらうことになります。なんとなく二度手間な感じ。1万円のおつりを揃える店側も大変な気がします。


まぁあくまでも噂程度のことですが、2000円札よりはよっぽど現実的な感じがあります。自分的には5万円札よりも定額給付金をもう一度欲しいところですが(笑)


関連記事
ドル円95円後の展開を考える
いまさら「アベノミクス」をまとめ
「お金さえあれば幸せ」等 変な検索ワードを集めてみた
posted by ゼロハジ at 2013年03月22日 14:10 | Comment(2) | 小ネタ

久々の光と見えない結果

ここ最近の検証は裁量トレードに疲れた精神を癒すために軽めのものを行っていました。と言っても過去最多の8つの検証と数だけは多いです。

この数を多くした理由はとても簡単で、いままでの検証の際には一時的とは言え「これはいけるかも」と思うような結果が出ることがあり、それが次の検証のモチベーションにつながっていくところがありました。しかしここ数ヶ月の間どのような検証をしても多少の可能性を感じることもなく、それでFX自体に嫌気が差してきたところがあると。

なので一気に検証数を増やして、たとえ1ヶ月だけの一時的な結果であっても、次の可能性を引き出すためのやる気が出ればいいかなと思ってやっていました。


<過去最高の検証結果>

それで4週間やった結果を先週の土曜日にまとめたわけですが、新規に始めた5つの検証のうち一つで、検証の月単位の最高Pips記録を打ち立ててました(笑)

今までの最高検証記録は一ヶ月で500〜600Pipsが最高で(検証は1年続きましたが失敗に終わりました)、今回は880Pipsのプラス。トレード回数が30回程度なので有効性の判断は出来ないですが、とりあえずはほっとした感じ。来月も試すに決まっているので、検証の嫌気も消えた気がします。

もちろんこれがずっと続くわけがないのは分かってますが、FXのやる気は一気に上がりましたね。いわゆる損小利大のトレードでこの結果というのはうれしいところです。


<結果を見なかった>

実は今回の検証は初めて「検証期間の区切りまで結果を見ない」ということをやってました。今までは毎日そのトレード結果をつけていたわけですが、これだと途中結果の善し悪しでトレードに影響を与えるのではないかという懸念があり、またマイナスになってくると早期改善を考えてしまい続かないという問題もありました。

そこで今回は全く結果を見ずに4週間の検証を行ったのですが、その期間中思っていたのは「うまくいってない」ということでした。

結果が5つ中1つが大勝、3つがイーブン、1つが負けという内容でした。やっているときにはその大勝のプラスは感じてましたが、予想よりも倍以上も大きいプラスになっていたり、また他4つはよほど負けているだろうと思っていたのに、実際にはそれほどでもなかったりと、結果が見えないと「負けた印象のほうが大きく感じているのかもしれない」と思ってます。


まぁでも見ない方が気持ち的にいいですね(笑)なんとなくマイナスを感じても数値で感じるわけではないのでよっぽど楽です。また修正を考えるのは絶対に区切り期間後になりますから、その間修正しようと思わなくなるのも楽でした。


後はこの結果が続けばいいんですが・・・そうもいかないのが相場というものでしょう。まぁ少なくとももう4週は楽に検証できそうです。


関連記事
「ボラティリティの子鬼」の謎を解明
アクセス数のグラフにラインを見る
今日から裁量トレードの練習再開
posted by ゼロハジ at 2013年03月19日 17:29 | Comment(0) | 小ネタ

集中できない原因を考える

このブログを何年も読んでくれているありがたい読者さんなら覚えているかもしれませんが、私は毎年春になると体調が悪くなります。花粉症とかではないんですが、実は最近は花粉症にもなっていてダブルパンチで辛い(笑)。

そんなこともあり、体調の悪さからか夜に何度も目を覚ましてしまい、日中は睡眠不足で眠いという日々が続いています。


そこで今回は相場に対する集中力を下げる原因を考えてみたいと思います。


<睡眠不足、眠い>

まずは先ほどの「睡眠不足」です。

まぁ何に関してもそうですが、睡眠不足の状態は集中力が下がります。特にFXの場合は深夜帯のトレードをしている方も多く、睡眠不足ではなくても単純に「眠い」ということもあるようです。

ブログなどを見ていているとトレード中に寝てしまった例はいくらでもありますね。しかも逆指値を入れていないという恐ろしいことになっている方もいました。眠いなぁと思ったら持っているポジションにはストップを入れておきたいところ。


<他に気になることがある>

私は面白いゲームに手をつけている間は何をやっても雑になる傾向があります。作業を雑に終わらせて余った時間でゲームをするという悪習慣があるので、例えFXであっても適当に判断してしまうようなことにもなります。

これは「他に気になることがある」ために集中力が落ちてしまう例だと思います。

例えば「部屋に虫がいるのを見てしまった」とか「数日中に大きなことを決断しなければいけない」とか、体調関連で言えば先ほどの「花粉症」とか「虫歯」なんてのも気になることになるでしょう。

人間というのは常にスッキリとした状態にないのが当たり前ですが、少しでも気にかけなければいけないことを少なく小さくしておきたいですね。


<環境が悪い>

極端に「寒い」かとか極端に「暑い」、また「うるさい」とか「工事の振動」など現在自分がいる環境が悪くても集中できなくなります。工事現場の隣で正確な判断ができる人はそうそういないですよね(笑)

子供がいる主婦の方などは「子供が走り回って集中できない」などもあるでしょう。私の地域は昔からこの時期は暴風が吹き荒れるのが普通でして(春一番とは違う地域的なもの)、その風の音で集中力がそがれることが良くあります。


<集中できないときは・・・>

もしも「今日は集中できないなぁ」と思ったのであれば、ポジションの縮小とかトレードしないという選択もありだと思います。もちろん程度はありますが、好相場のときに自分が相場に臨みたいと思うとは限らないわけで、ほどほどの距離感は大切です。

とかなんとかこの記事を書きましたが、今日集中できてないゼロハジなのでした(笑)


関連記事
「ボラティリティの子鬼」の謎を解明
アクセス数のグラフにラインを見る
「お金さえあれば幸せ」等 変な検索ワードを集めてみた
posted by ゼロハジ at 2013年03月15日 13:14 | Comment(2) | 小ネタ

ドル円95円後の展開を考える

心理的ラインと言われていたドル円95円ですが、なんだかんだ言ってもそのラインは易々と超えてしまいました。日経平均のほうも年内1万2000円の予想もすでに達成されています。

相場師にとっては好相場なのかもしれませんが、逆に「経済的には行き過ぎている」という声も出始めているのも事実。円が安くなるのは別にいいんでしょうが、そのペースがちょっとおかしい。あまりに急すぎて歪みが出始めているという話もあります。

そんなこんなで注目度の高いドル円相場ですが、この95円越え後の展開を考えてみたいと思います。


<抵抗なかった95円ライン>

まず95円越えの経緯ですが、連日の指標の改善でリスク選好からドル円が買われた形です。意外にも円がらみの動きではなく、主にドル関連での動きでした。もちろん「望まれているさらなる円安」という背景もあったんでしょうが、動かした要因となったのは世界経済の回復による「リスク選好」のようです。

このときに95円を超えているわけですが、この95円というライン、今年はじめから「ドル円最適ラインは90〜95円」という思惑があったわけで、95円で一旦抵抗されるのではないかという感じがありました。しかし実際にはたいした抵抗もなく素直に95円超え、さらには96円もラクラク超えてきてます。

ですから経済的には95円は節目であっても、相場的にはそれほどの意味は持たなかったのかもしれません。


<2つの今後>

95円を超えた今後としては2つの見方があるようです。


まず一つがこのまま100円をつけてしまうという見方。先ほどの90〜95円という思惑があったように、今度は「100円をつけるのではないか」という思惑が生まれてきています。相場は結局は個々の思惑で動きますから、案外実現する可能性もあるでしょう。

もう一つは政府が円安を抑えてくるのではないかという見方です。今日の円相場もそうですが、政府は行き過ぎた(急すぎる)ドル円相場と思っているようで、ここで一旦落ち着かせようという意図が見て取れます。現在は円主導の円安ではないですが、それでも政府が円高に誘導するような見せ方をすれば円安の動きが鈍くなる可能性はあります。


<円相場これからのポイント>

円関連の動きで注目なのが、4月初旬、もしくは今月中に臨時会合があるのではないかと言われている「日銀政策決定会合」でしょう。

日銀人事で揺れ動いた円相場は、次は日銀政策決定会合待ちとも言われていて、そこでの発表は円相場に対して大きい影響力を持つのは間違いないです。大胆な緩和策があれば更なる円安、何もなければ円高の要因になるでしょう。


<実生活と円安>

ところで円安ということを生活を通じて実感することが多くなってきませんか?

私は例のゲームダウンロードサービス「Steam」でゲームを購入する際に、ドル支払いのために価格が10%以上も上昇しているのは感じてました。このまま100円なんて超えると購入も控えたくなってくるレベルです。

そういえば円安でパソコンの値上げやガソリンの値上げが言われてますね。他にも様々な値上げが取り上げられてますが、それらは本当に円安に関係があるのかは分かりません(笑)

私は円高のときに「円高のメリットを探すべき」的なことを書いてましたが、今度は円安のメリットを探すべきときが来ているのかもしれないですね。


関連記事
いまさら「アベノミクス」をまとめ
ファンダメンタルに対するちょっとした失望感
注意喚起 光回線の訪問勧誘
posted by ゼロハジ at 2013年03月12日 13:21 | Comment(6) | FX初心者用記事まとめ

「ボラティリティの子鬼」の謎を解明

また一つFXの真理が明らかになったかもしれません・・・というとあまりに大げさですが、書籍やネットでも見たことのなかった発見はありました

今回分かったのは「ボラティリティの子鬼のマイナスの理由について」です。


<ボラティリティの子鬼>

「ボラティリティの子鬼」というのは、20%の利率の勝ちの後に20%の負けがあると資金が96%に減ってしまうという現象のこと。20%上がって20%下がったのなら100%に戻ってもいいようなものの、実際には資金が減るということで小さく問題視されています。

この現象には明確な名称は設定されていないですが、私が初めてこの現象を知ったときに「ボラティリティの子鬼」と呼ばれていたのでそのまま使ってます。一般的な名称ではないので検索してもこのブログぐらいしか出てこないと思います。


<96%になるなら・・・>

事の発端は96%という数値でした。私がFXをはじめたときに最初にやったのが確率的アプローチだったということは時々書きますが、そのときに「確率だけで攻めても有効性は絶対に生まれない」と言う結論に至り、それは今も変わっていません。

ですがこの「ボラティリティの子鬼」では20%上がって20%下がると96%になる。つまりただ減少したわけで、じゃあその4%はどこに行ったんだ、というのが今回のテーマでした。また96%になるなら104%になる方法もあるのでは?という大きな期待もありました。


<すぐに出た結論>

しかしその大きな期待は一晩で潰えました。「ボラティリティの子鬼」も確率の変遷によるものだったのです。


実際の調査の方法は簡単で、「ボラティリティの子鬼」が発生する最低のトレード回数が2回なので、2回を1セットとしてすべての勝ち負けのパターンを出しました。つまりは「勝勝 勝負 負勝 負負」です。

これらすべてを20%の増減で計算すると結果が以下のようになります(100スタート)。

勝勝 100→120→144
勝負 100→120→96
負勝 100→80→96
負負 100→80→64

です。96の部分がいわゆる「20%勝って20%負けたら資金が96%になった」という場面。

コレを見れば一目瞭然ですが、96%と減った資金は「勝勝」のパターンに吸収されている形になります。つまり勝って負ければ資金は減りますが、その代わりに勝って勝った場合の資金増加量が増えるという仕組みになっています。結果をすべて合計すると「400」になりますから、期待値的には全く変化がないということが分かるでしょう。

ちなみに途中で資金を抜いたり追加したりすると最後の値は変化しますが、期待値的には全く変わりませんでした。つまりは確率の変遷と同じです。


<それほど気にする必要はない?>

期待値の増減がない以上は、「ボラティリティの子鬼」に関してはそれほど意識する必要はないと思います。さすがに80%増えて80%減ったら資金が36%になった、では話にならないのでそのレベルでの意識は必要ですが、そもそもFXにおいて1回で資金が20%も増減するトレードはそうそうないので(ハイレバレッジは除く)そこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。それに期待値が移っているだけなので、トレードさえ持続できれば何の問題も起きません

と、今回は「ボラティリティの子鬼」の謎について解明してみました。


関連記事
2012年の人気記事まとめ(+おまけ)
今日から裁量トレードの練習再開
オススメの投資書籍まとめ(FX)
posted by ゼロハジ at 2013年03月07日 14:44 | Comment(2) | 小ネタ

アクセス数のグラフにラインを見る

少し前にトレンドラインや横ライン(抵抗線と呼んでました)のトレードの検証をしていました。

結局少しの有効性も出ず、時間軸が悪かったのではないかとか、リミットストップの入れ方が悪かったのではないか、などいろいろ考えては見たものの明確な答えがないまま結論は出していませんでした。

それからしばらくした昨日の事、たまたまアクセス数のグラフを見ていたところ発見してしまったのです。そのグラフの中に存在する「トレンドライン」や「横ライン」の数々を。


<グラフにはラインが書ける>

実は以前にもCPUの使用率を見ていたときにもこのことに気づいていたわけですが、ランダムではないもののそれほどの規則性があるわけでもないグラフたちにラインが引けるというのはなかなか面白いです。

しかもブレイクの動きやサポートの動きなどもほとんど同じであり、これらグラフと実際のFXチャートを比べてみても違いは分からないだろうなとは思います。


<同じと似ているは違いますが・・・>

以前にも書きましたが、チャートとランダムなグラフが同じに見えたところで同じ意味を持っているわけではないです。

たとえばサッカーのスコアとサイコロ2つの出目が同じだったところで「サッカーのスコアはサイコロの出目と同じくランダムなんだ」ということには絶対にならないのと同じです。似ているからといって同じというわけではないです。


しかし私がいままで検証してきた結果を見ても、ライン系の有効性は一度も確認できず、そして相場とは関係のないグラフにまでも同じラインが引けてしまうというのであれば、これはラインの有効性を疑い始めてもおかしくはないかなと

ただキリのいい数字ので攻防もありますし、有効性が全くないと判断するのも極端な話であり、決着点としては「すべてのラインには有効性はない」、つまりは有効なラインもあれば全く有効でないラインもあるのではないかと


<見極め>

結局のところラインなんていくらでも引けてしまうんですよね。だからその中には有効ではないものが当然混じってくるわけで、その見分けが大切になってくるのかもしれないです。

たとえばラインには外部と内部がありますけど、外部は基本的に無視できない要素ですが、内部のラインは無視しても問題ない場合が多い気がしてます。

他には角度とかですか、実際にはチャートの縮尺があるので角度自体には意味はないですが、急激な角度のラインは支持されない印象です。


とまぁいろいろ考えてみました。後は検証してみないと分かりません。


関連記事
2012年の人気記事まとめ(+おまけ)
「お金さえあれば幸せ」等 変な検索ワードを集めてみた
今日から裁量トレードの練習再開
posted by ゼロハジ at 2013年03月05日 16:09 | Comment(0) | 小ネタ