FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

有効性の成り立ちを考える

トレードの有効性ってどこから生まれているのでしょうか?

ファンダメンタルであれば「適正価格への調整」という意味合いがあるので別に不思議はないですが、テクニカルに限ってくると、少し疑問が出てきます。なぜテクニカル的な水準が生まれてきたのか。

そこで今回はそういったテクニカルの有効性の成り立ちについて考えてみたいと思います。


<小さな市場だった場合>

例えば市場というものが始まったばかりで100人のトレーダーしかいない場合を考えます。市場が始まったばかりなのですから誰も知識はないものとしておきましょう。

この場合にトレードするとしたならば、基準は「ファンダメンタル」となることでしょう。市場の商品の価格に影響を与えるようなニュースを見ての売買が基本なので、ニュースの入手速度や解釈の正しさなどが有効性につながると思います。


しかし価格に影響するようなニュースは常にはないと思います。またファンダメンタル要素で勝ったポジションの処理や、正しいかどうかは分からない個人で入手した怪しいニュースなどによる売買が発生し、価格の変化を明確に示すニュース以外によっても相場は動きます。


<1人の天才が・・・>

そういった特定のニュース時の動き以外に起きる一見ランダムとも思える相場の動きに対し、何かを気づいた人がいます。

その人は相場を研究し、ある特定のパターンが存在することを発見。そのパターンはここで買った人はここで売るなどの心理パターンであり、そこを突いたトレードをすれば有効性が出てきて、利益にもなります。


ですが、ここで終わりではありません。

その一人はその方法で莫大な利益を築きます。この利益というのは他の参加者である99人の損失で成り立っていますから、構図としてはその一人の天才が大儲けして、他参加者は損という形。

この「一人の天才が大儲け」というところが実は気になっていて、利益が出ることでそのテクニカルが強化されていっているのではないかなと。つまりは利益が出れば投資に回せるお金が増え、テクニカルパターンが発生した時の取引量が増加、結果としてテクニカルの強化になっているのではないかと。


またもう一つあるのが、後追いでの気付きです。

先ほどの天才は一人でしたが、市場の参加者が一人の参加者が特別な方法で大儲けしていると気づくのは遅くないはずです。そしてそれら一部の市場参加者が天才の方法を解明するために研究を始めることでしょう。そして発見される天才のトレード方法。

他にも天才が弟子を取って教えるかもしれないですし、まぁとにかくその莫大な利益を生み出す方法はいずれ他の人も知ることになります

この場合、その方法を生み出した天才はすでに莫大な利益を稼いでいて、そのテクニカルが強化された形になっていると思います。それに追加して後続が来るのですから、このテクニカルの有効性はゆるぎないものになる?


<テクニカルへの近さ>

まぁこういう感じでテクニカルの水準が生まれてきたのではないかと。すべて憶測ではありますが、もし有効なテクニカルがあったとしても、それは投資家の心理を背景にしたものというよりは、投資家の心理を背景にして発展・強化されたテクニカルという感じになるのかなと思ってます。

それともう一つ思うのが、この強化は常に行われているはずなので、その特定のテクニカルにいかに近いかによってテクニカルの有効性が変わってくるのではないかと。世の中には事実かどうか微妙なくらいの結果を出しているトレーダーさんもいますが、それはこのテクニカルの真ん中にいるからで、一番高い有効性を持っているテクニカルを実行できているのかなと。もちろんそれがどんなものか分かれば苦労はしませんが(笑)


関連記事
何故トレードしなかったのかを知りたい
EU首脳会議の合意を受けてユーロ急上昇
トレーダーブログの予想が外れる理由
posted by ゼロハジ at 2012年07月31日 18:28 | Comment(0) | 小ネタ

FXは射幸性が高い

FXはギャンブル」なんて言葉はもう何度も見ましたが、確かにギャンブル的なところは十分にあります。というか、やろうと思えば、それこそコインの裏表を当てるギャンブルにもなりえるわけですし、そういった意味では投資という意味合いは薄い感じはします。

今回はそういったFXとギャンブル性についての記事を取り上げます。以下引用。


では、なぜFXはこんなにも“中毒性”があるのか。

 まず、世界の為替マーケットは、週末を除けば24時間開かれているため、日中仕事で忙しいサラリーマンを含め、誰でも参加しやすいということが挙げられる。しかも株式市場のように「午後3時で終了」といった区切りがないため、いつまでも取引してしまうという特徴がある。

 だが、「FXが人を惹きつけてやまない理由は、何よりもその商品性にある」と行動経済学の第一人者である真壁昭夫・信州大学経済学部教授は分析する。

「株式投資はある程度、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といった指標によって、“理論値”が導き出せますが、為替にはそれがない。実際、ヘッジファンドなどが金融工学によって解析モデルを作ろうとしても、それはことごとく外れています。

 各国の経済情勢とは無関係な値動きもしょっちゅうですし、要は上がるか下がるかを当てる“丁半バクチ”の要素が、株式投資などよりずっと大きい。そもそも人間にはギャンブルしたいという欲求がある。FXが急激に普及した理由も、そこにあるのではないか」

引用元:NEWSポストセブン|FXは最終的に儲からない人が多いと行動経済学の第一人者分析


つまりは「終わりがないためにいつまでもトレードできてしまう」「理論値がなく、ギャンブル的な要素が大きい」ということがFXの中毒につながっているという記事。今回はこれを「FXの射幸性の高さ」として見ていきたいと思います。


<射幸性とは>

まず射幸性とは何かということですが、これは「偶然によって得られる可能性のある利益の高さ」であり、例えばプライズゲームがいい例ですね。プライズゲームはゲームセンターなどにあるフィギュアやグッズを獲得できるゲームのことですが、これにキーホルダーが景品としてあっても普通ですが、ここに数万円もするゲーム機があればそれは「射幸性が高い」と言えます。

他の例としてはパチンコの演出が射幸性が高いと判断され規制されたものがあったり、宝くじは射幸性が高くならないように規制がかかっています。最近では「コンプガチャ」が問題になりましたが、あれも射幸性の高さが問題になっています。


<FXの射幸性の高さ>

話を戻しますが、取引時間の終わりがないというのは射幸性が高まっている気はします。

もちろん土日は休みではありますが、それでも深夜2時でも朝6時でも取引できるというのは確実に射幸性が高い。

しかも深夜とか早朝にも経済指標やなんらかの発表などのイベントの可能性があり、それで大きく動くこともありますから、平日であれば24時間いつでも大勝(もちろん大敗も)の可能性があるというのは射幸性を高くしている感はあります。


また理論値がないというのは大きいです。

もし理論値があれば、現在価格と理論値を比べて高いとか安いとか判断できて、今は「大勝の可能性が低い」という考えもわくでしょうが、それが全くない中では常に大勝の可能性があるように見えてしまい、それが射幸性の高さにつながっているように見えます。


<FXよりバイナリーオプション>

別の記事になりますが、時間内に上がるか下がるかを予想するバイナリーオプションの射幸性が問題になっているという記事もありました。

バイナリーオプションはそれこそコインの裏表的なものであり、FXよりもはるかに射幸性は高いです。感覚としてはFXからギャンブル的なところだけを抜き出したのがバイナリーオプションというイメージです。

FXの場合は自分でリミットとストップを設定できますし、買うタイミングも自由です。しかしバイナリーオプションのほとんどはリミットもストップもなく上昇か下降を当てるだけ、しかも買うタイミングも業者によってきめられています。つまり自由度が少ない。

しかも倍率などが設定されていて、もしチャートによる予想があったとしてもギャンブル的な要素は避けらない感じです。別に商品として悪いとは思わないんですが、これが投資なのかと問われてもYESとはとても答えられません。その記事によれば自主規制の検討中とかなんとか。



FXと株式投資を比べた場合に、射幸性が高いのは間違いなくFXです。でもまぁ射幸性が高かったところで、結局はやる人の問題ですから、自制心を持って投資に臨まなくてはいけないという以外は特にない気はします。


関連記事
低スプレッド業者の利益はどこから来るのか
EU首脳会議の合意を受けてユーロ急上昇
6月1日より人民元と円の直接取引開始
posted by ゼロハジ at 2012年07月27日 11:09 | Comment(4) | 小ネタ

何故トレードしなかったのかを知りたい

FXブログは数多くありますが、それらの情報が決定的に役に立ったというようなことはとても少ないと思います。

勝っているトレーダーさんが自らのトレードをチャート付きで毎日更新されているようなものですら、何度見ても、何度読み返してみても「分からない」ということもあります。

この原因として考えられるのが「トレードした理由が分からない」ではなく「トレードしなかった理由が分からない」ということにあるのではないかと。


<トレード方法は公開されていても・・・>

私はライン系のブログさんをよく読むので、それを基準に書いていきますが、ライン系のブログでは基本的なトレンドラインのブレイクや水平ラインのブレイクなどでのトレードを紹介しています。ないものもありますが、トレード記事などを見るとやっぱりブレイク関連は使っています。

ですからそういったものを使えばある程度の効果はありそうなものの、実際に試してみても全く有効性が発揮されなかったりします

それでもトレード記事においては的確に勝てるトレードをしていることになっていて、紹介された条件であれば仕掛けていたはずの負けトレードは省かれています。こういったものを見ると「この人は嘘をついているのかも」と思ってしまうのが普通です。


<無駄なトレードはどこ?>

でもそれは必ずしもそうではないのかもしれません。私は仕掛けというとついつい「条件を満たした場合の全仕掛け」から考えてしまいますが、おそらくそういったトレーダーの方は「こういった条件のときは仕掛けない」というものを持っていて、それを実行しているために全仕掛けとは違った結果になるのだろうと思います。

重要なのがこのスルーされた負けトレードを「行わなかった理由」です。

仕掛けの理由は公開されている通りで間違いはないのでしょうが、「トレードしなかった理由」が分からない限り、そのトレードは再現できないと思います。しかもこの「トレードしなかった理由」というのはなかなか紹介されない

そのためにどのトレード結果も嘘くさい感じが消えないのではないでしょうか。


<スルーしたトレードの情報が欲しい>

ということなので、「どこで仕掛けるか」という情報も必要ですが、実は「どこは仕掛けないのか」という情報も大事なわけで、その情報のためには「このポイントは仕掛ける条件だったけれども、こういった背景があったので仕掛けなかった」とかいう記事も書いて欲しかったりします。

やはり、「この条件なら絶対仕掛けるだろ」というところでもスルーしているわけですから、特別な何かがなければそんなことはしないはず。でも読んでいる方からすると失敗するたびに「紹介されている仕掛けの方法が悪い」と思うか、もしくは「紹介された仕掛けへの理解が正しくないのか」と思ってしまうので、その点でモヤモヤが強くなっている感じはします。

まぁなんだかんだ言っても、「実はその仕掛けの方法が役に立たない」という可能性の方が大きいのがFXブログの現状な気はしますが(笑)


関連記事
トレーダーブログの予想が外れる理由
ブログ開設5年目突入
「勝つことはできなくても勝つための努力はできる」など変な検索ワードを集めてみた
posted by ゼロハジ at 2012年07月24日 17:35 | Comment(0) | 小ネタ

昔の通貨を紹介

最近読んでいた本にも、また最近プレイしているゲームにも出てきたのが「ターレル」という通貨。

「ターレル」というのはターラーとも呼ばれ、ヨーロッパで16世紀から数百年もの間使われていたという銀貨。ユーロのように共通の通貨だったようではなく、各国ごとに「ターレル」銀貨を発行していたようです。

またこの「ターレル」という名称から「ドル(Dollar)」が生まれ、そこからさらに派生して銀貨の丸い形から日本の「円(Yen)」になったという説があります。


ということで、今回はこういった昔の通貨について調べてみたいと思います。


<シリング>

映画や小説などにも良く出てくるのが「シリング」という通貨。

実は必ずしも昔の通貨というわけでもないようで、現在でもウガンダ、ケニア、ソマリア、ソマリランド、タンザニアで使われているようです。

ただ昔の通貨としてイメージがあるのは、これが昔にイギリスの補助通貨として使われていたからだと思います。

イギリスにおける「シリング」の歴史は1489年〜1971年もあるそうで、そのあたりの時代を背景にした映画や小説で出てきても全くおかしくはないわけです。


<ドラクマ>

ギリシャの再選挙問題で「ギリシャの旧通貨であるドラクマに戻るのでは?」なんていう話もありましたが、実はこのドラクマは紀元前から使われていた歴史のある通貨だったりします。

使われていたのは紀元前5世紀以降ということで、実に2500年も前の通貨ということになります。しかもギリシャだけではなく、中東諸国など広く使われていたということです。

どのような研究をすれば判明するのかは分かりませんが、紀元前5世紀の1ドラクマは1990年の25ドル程度になるそうです。


<寛永通宝>

日本の古い通貨として非常に有名な「寛永通宝」。

この寛永通宝は1636年に作られた通貨で、1897年まで使われていたとのこと。結構いろいろな種類があるようですが、パッと見ても区別がつかない(笑) しかしその微妙な種類の違いによってかなりの価値の違いがあるようです。中には1枚数十万円とかもあるそうです。

この通貨は流通量がかなりあったようで、使われていた二百数十年の間に数十億枚も発行されたようです。当然現在数もかなりあるので、価値がないものは全然価値がない


そういえば最近はなんでもかんでも買い取ってくれるリサイクルショップが増えたためか、古銭がすごく身近になってきています。私が初めて古銭を売っているのを見たのが、ガチャガチャで古銭が出てくるものがあって、1回300円とかでした。ということは古銭の価値ってそんなものですか。後50年ももっていればそれなりに価値が上がるような気がしないでもないですが(笑)


関連記事
2012年 サマージャンボ宝くじの期待値を調べた
EU首脳会議の合意を受けてユーロ急上昇
FXあるあるネタ 第2弾
posted by ゼロハジ at 2012年07月20日 14:54 | Comment(0) | 小ネタ

低スプレッド業者の利益はどこから来るのか

ずいぶん前に出た疑問として「手数料無料のFX業者はどこから利益を得ているのか」というものがありました。

普通に考えても取引手数料がないのにやっていけるとはとても思えず、それなのにほとんどの業者が導入し始めるというこの不思議。

実際にはこれは「スプレッドに業者の利益が乗っている」ということで謎は解けたわけですが、では最近の超低スプレッドの状況ではFX業者はどうやって利益を出しているのでしょうか。今回はこの謎に迫ってみたいと思います。


<08年と12年の状況比較>

まずは手数料無料化が始まってきた2008年と2012年現在の状況を比較してみます。

「手数料無料化が始まったきた2008年」と書きましたが、実際にはその前(2007年ごろ?)には始まっていたと思います。ただ私がFXを知ったのは2008年なので、それ以前のことは全く分かりません。ですから便宜上2008年から始まったことにしました(笑)


2008年というのは「史上空前のFXブーム」と言っても過言ではなかったと思います。このころは数多くのキャンペーンもありましたし、今は規制で存在していないですが日本国内においてレバレッジ400倍、600倍というところもありました。

FX業者としては高いレバレッジで多くのポジションを取引してもらえば、取引手数料が無料だったとしてもスプレッド分だけで十分なほどの利益になったわけです。このころはロスカット規制もなかったので、10万円でレバレッジ400倍だと1ドル100円ならば40万通貨取引できます。一発逆転が可能だった夢の時代(笑)


さてそこから4年後の2012年現在、レバレッジ規制が行われFXの投資としての魅力は激減。それでもまだ可能性はあるので残っていますが、他の投資としてCFDやバイナリーオプションの台頭もあり、ある程度一般的にはなったもののやはり株式投資ほどメジャーになった感はありません

取引手数料は無料のまま、スプレッドは2008年よりもグッと下がってきてドル円で0.5銭なんていうところも。レバレッジ規制で撤退した業者も多く、2008年と比べると40〜50%ほどの業者が撤退や合併、吸収などで消え去りました


<赤字になるほど広告を>

実はこの業者が減ったことにポイントがあるのではないかと。

FX業者というのは業種としてはかなり儲かりやすい業種です。インターネット中心なので申請のための手間(業者側)も省けますし、また金融関係なので単純にお金が入りやすい。

ですが2008年ごろ(正確な年度は記憶になし)に見たデータによれば、そういった儲かりやすい業種にもかかわらず赤字の業者もちらほらとありました。

それらの原因は例外なく「広告費」。

先ほど2008年にはキャンペーンが多かったと書きましたが、キャンペーンは主にキャッシュバックでしたから、そこにお金がかかりますし、また新規顧客増やすためにも広告を打つのでそちらでもお金がかかっていたわけです。

余談かもしれませんが、この莫大な広告費には「ブーム中に新規顧客を取れるだけ取って、後は定着した顧客で利益を上げていく」という思惑があったらしいです。まぁ単純に顧客獲得競争も激しかったのでしょう。


<現在はない広告費>

それでその広告費ですが、これは感覚的な話もありますが現在は「かなり減っている」と思います。

キャンペーンを行っている業者も減ってますし、行ったとしても大した内容ではないです。また広告を出していない業者も増えているように感じます。そもそも08年に比べて業者が半分近くも減っているのですから、そこまで競争が起こるわけもありません。レバレッジ規制でブームも終わってますし。


こういった広告費の減少があるため、FX業者としては負担が少なくなり、より多くの利益を取る必要がなくなったのではないかなと。これは「どこから利益が出ているか」ということではないですが、以前のように莫大な広告費を必要としなくなったという背景はあるかなと思ってます。


<スワップ激減のため>

と、ものすごーく長い前置きでしたが(笑)、実は結論は出てます。

2008年と2012年の間にあったものは「レバレッジ規制」ともう一つ「リーマンショック」です。

リーマンショックが直接的に影響したわけではないですが、リーマンショックにより引き起こされたのが各国の政策金利引き下げ。そのころ非常に広まっていた「円キャリートレード」はこれで一気に壊滅しました

その後は少しづつ政策金利は上がってますが、しかし全体的には低く、今ではスワップ投資をするトレーダーはかなり少ないです。


と、これが現在のFX業界と何の関係があるのかということですが、スワップの現在値に問題があります。

先ほども書いたように、最近はスワップ投資のトレーダーは皆無。デイトレーダーもスプレッドばかり気にしてスワップの値はほとんど気にしていないことでしょう。

そういうこともあり、スワップの値が引き下げられてきています。これは政策金利とは別の意味での引き下げで、つまりは業者がより多くスワップの差額がもらえるような変更です。


具体的な変更としては「買いスワップと売りスワップの差を広げる」や「買いスワップと売りスワップ両方を下げる」などがあります。スワップポイントの変更については、スプレッドのように規約・約款の変更などもないので、地味に下げてきている感じです。

これが超低スプレッドで取引手数料無料でもFX業者が利益を得られるところなのだと思います。まぁあくまでも推測ですが、それにしても無駄な部分の多い記事でした(笑)



おまけ:もう一つの可能性としてあるのが「メジャーではない通貨ペアのスプレッド引上げ」です。

少し前に業者のスプレッドをチェックした時に、メジャーな通貨ペア(ドル円、ポンド円)はスプレッドの減少傾向にあったのですが、メジャーではない通貨ペアについてはスプレッドの拡大が見られました。この辺りにも超低スプレッドの秘密があるかもしれません。


関連記事
FXあるあるネタ 第2弾
3.17以降の追証件数
6月1日より人民元と円の直接取引開始
posted by ゼロハジ at 2012年07月17日 14:59 | Comment(0) | 小ネタ

2012年 サマージャンボ宝くじの期待値を調べた

はい、今日から発売ということで早速「サマージャンボ」1枚と「2000万サマー」1枚を買ってきました。

注目なのが「1等賞金がジャンボ宝くじ史上最高の4億円」に設定されたということで、この背景には宝くじの法律の改正がありまして、宝くじに対して今までよりも高額な当せん金額をつけることが可能になりました。

なんでも宝くじは販売不振らしく、そのための措置とかなんとか。

この法改正で当然気になってくるのが「期待値は上がるのか」ということ。今までの宝くじの支払総額は販売金額の50%と決まっていたので、期待値的には最高でも0.5までしか行きませんでした。今回の法改正でもしかしたらこれも変わったかもしれません。


と、そういった期待値を持ちながらのいつもの計算をやっていきます。

まずは「サマージャンボ宝くじ(市町村振興 第624回全国自治宝くじ)」から行きます。

(4億×1)+(5000万×2)+(10万×99)+(500万×2)+(100万×100)+(1万×1万)+(3000×10万)+(300×100万)+(10万×1000)

4億+1億+990万+1000万+1億+1億+3億+3億+1億

=14億1990万

14億1990万÷30億=0.4733

ということで期待値は0.4733ということになりました。今までには最高期待値の0.5もあっただけに、今回は期待値的には良くない感じです。なんというか4億に目がいけば「期待値低くてもいいんじゃないか」と考えた裏は感じます。


では次に「2000万サマー(市町村振興 第625回全国自治宝くじ)」の期待値を計算していきます。

(2000万×50)+(10万×100)+(1万×1万)+(300×100万)

10億+1000万+1億+3億

=14億1000万

14億1000万÷30億=0.47

ということでこちらは0.47という期待値でした。サマージャンボよりもさらに低い。


うーん、やはり最高当せん額とは言っても期待値的には変わりないようです。宝くじって「最も効率の悪いギャンブル」なんて言われているんですから、当せん金額の修正よりも配当金の比率、つまりは期待値の修正を行ってほしいものです。

あ、そういえば、「1等賞金の引き上げ 7億5000万」とニュースにありましたが、今回は前後賞合わせて5億円。ということはこれから段階的な引き上げがありそうな感じです。


関連記事
円高のメリットを自分のものに
FXあるあるネタ 第2弾
2012年ドリームジャンボとドリーム10(TEN)の期待値+CZダイヤの感想
posted by ゼロハジ at 2012年07月09日 18:45 | Comment(0) | 宝くじ