FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

ゼロハジのテクニカル分析 2月26日版

リアルトレードの調子が急に良くなってます。一時はいままでのドローダウンの中で一番大きなものが発生しましたが、やはり確率の収束という意味でもこれ以上のドローダウンはそう簡単には発生しないことでしょう。


では前回(ゼロハジのテクニカル分析 2月19日版)の予想結果です。

ゼロハジの予想
ユーロドル:上昇   ドル円:上昇

テクニカルB
ユーロドル:下降   ドル円:上昇

実際の結果
ユーロドル: 上昇(57Pips)  ドル円:下降(145Pips)

総合結果
ゼロハジの予想:6/14(42.8%)   テクニカルB:7/14(50%)



まぁ想定通りというべきでしょうか、50%にかなり近づいてきましたね。ドル円の方の予想は結構自信があったんですが、見事に大外れでした。それと今回から「つたない」をやめました。予想に自信があるわけではないですが、「自分の予想精度はつたない、だから外れるのは当然」という考えもあるような気がしたので、表記を改めました。


では来週の予想に行きましょう。私の予想もそろそろ50%を超えていきたいところです。

ゼロハジの予想
ユーロドル:押しを作る可能性もありますが、上昇トレンドラインの方が引きやすい状況ですので、上昇という予想にします。今は下降トレンドラインがほとんど引けない状況ですから、あまり下落するような感じはないです。もちろん今の高値を超えられないと下落の可能性がありますが、来週に限ってはまだ上昇だと思います。ということで来週のユーロドルは上昇と予想します。

ドル円:微妙なところですが上昇でしょう。理由は2つ。まず市場がこれ以上の円高になると介入の恐れがあるのではないか、という恐怖を感じているということ。もう一つはトレンドラインを考えたときにまだ上昇トレンドラインの内側であることです。ブレイクアウトしたラインの延長と上昇トレンドラインに触れているところなので、下落すれば大きいでしょうが、まぁ上昇の可能性の方が高いと思います。来週の予想は上昇です。


テクニカルB
ユーロドル:下降(弱)   ドル円:下降(弱)


先週「ブログ定期更新再開は無期限延期」と書きましたが、何が作用したのか分かりませんが体調も急激によくなり、そしてまたトレードの調子も戻ってきたうえに、貯まっていた仕事や作業もたったの1週間で終わってしまいました。

ということなので、毎日更新とは言いませんが明日から少しづつ記事を書いていく予定です。今年の春は例年に比べても体調の悪化は酷いと予想しているので、あくまでも元気な時に少し書くという感じになると思います。まぁ毎日更新にすると言って出来ないよりは、多少遠慮がちにしておいたほうがいいという配慮もあります。

まともな記事は今年に入ってからほとんど書いてないですから、ちょっと久々に頑張っていきたいと思っています。次回の予定記事タイトルは「超能力とランダムチャート」です(笑)。


関連記事
ゼロハジのテクニカル分析 2月19日版
ゼロハジのテクニカル分析 2月12日版
カスカレ法とトラップリピートイフダン
posted by ゼロハジ at 2011年02月26日 15:48 | Comment(0) | 今後の相場観

ゼロハジのテクニカル分析 2月19日版

ブログの更新を毎日更新にするかも? という話を書いてからずいぶんと経ちますが、それは無期限延期とさせていただきます。というのも最近は体調もかなり悪く、また仕事・FXともにあまりうまくいっていません。この状況で毎日更新というのはかなり厳しいですから、無期限の延期です。まぁ仕事の方ですら一部を断念せざるを得ないぐらいですから、まさかそれでブログの更新を始めるなんてのもあり得ない話です。

さて、前回の予想結果です。テクニカルB2はバックテストにより結果が出ることが分かったために、実際にバックテストしてみたところトレードでの有効性はほぼないことが判明しましたので削除しました。

ゼロハジのつたない分析
ユーロドル:上昇   ドル円:下降

テクニカルB
ユーロドル:下降   ドル円:上昇

実際の結果
ユーロドル:上昇(185Pips)    ドル円:下降(28Pips)

総合結果
ゼロハジのつたない予想:5/12(41.6%)   テクニカルB:7/12(58.3%)



では、来週の予想に行きます。

ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:下降の要素も全くないわけではないですが、上昇の要素の方が強いので来週は上昇だと思います。上昇の要素としてトレンドライン2本が支持していて、しかも結構キレイに引くことができますから、十分に信頼できるラインになっていると思います。ということで来週の予想は上昇です。

ドル円:上昇です。ブレイクアウト後の押しもすでに作りましたし、来週となれば上昇は必至でしょう。ここは安心して上昇予想を出せます。来週の予想は上昇です。


テクニカルB
ユーロドル:下降(強)    ドル円:上昇(弱)


私はいつも3〜5月の調子が悪くなるので、そのあたりの更新は全く期待しないでください。花粉症でもないんですが、いつもその時期は体のどこかしらに問題が出るんです。すでに10年ぐらい続いているので何も原因がないとは思えませんが、寝込む率はかなり高いですね。まぁそれほど体が丈夫でもないので、仕方がないと言えば仕方ないですが・・・少し体を鍛えないといけないかもしれません。


関連記事
ゼロハジのテクニカル分析 2月12日版
ゼロハジのテクニカル分析 2月5日版
1月のトレード結果
posted by ゼロハジ at 2011年02月19日 17:00 | Comment(0) | 今後の相場観

ゼロハジのテクニカル分析 2月12日版

光陰矢のごとし、最近は本当に月日のたつのが早いです。時間の経過なんて心の持ちようで変わるものと思っていましたが、そんなことはなかったようで、年を取るにつれて1週間が1日ぐらいにしか感じなくなってきました(笑)。この記事もまるで毎日更新しているような感覚です。


では前回(ゼロハジのテクニカル分析 2月5日版)の予想結果です。

ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:上昇   ドル円:下降

テクニカルB
ユーロドル:下降   ドル円:上昇

テクニカルB2
ユーロドル:下降   ドル円:下降

実際の結果
ユーロドル:下降(17Pips)   ドル円:上昇(125Pips)

総合結果
ゼロハジのつたない予想:3/10(30%)   テクニカルB:7/10(70%)   テクニカルB2:1/2(50%)



だんだんと結果が出てきた感じですね。まだ合わせて10回ではありますが、私の予想精度は30%・・・(笑)。まだまだ10回ですが、100回でもこのままの結果だったらさすがに目も当てられないでしょう、私の予想精度はランダムよりも低い可能性も・・・なんていうのはいくらなんでも最悪ですから、少し頑張っていかないとダメかもしれないです。


さて、来週の予想です。

ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:すごい微妙な感じです。チャートの形だけを見ると下降だと思うんですが、トレンドラインを引くと上昇というようにも見えます。でもまぁ上昇かなと思います。日足で1.3500辺りが支持線になっているように見えるので、上昇の方が可能性があるかなと。ということで来週は上昇という予想です。

ドル円:ブレイクアウトが発生したように見えますが、来週ということを考えるといったん戻るのではないかと思います。上昇トレンドに入った可能性は十分にあり、今後上昇を続けていくような気がします。しかしブレイクアウト直後は戻るというのが定説(?)なので、来週あたりは押しでの下げがあるかなと。ということで来週の予想は下降です。


テクニカルB
ユーロドル:下降(強)   ドル円:上昇(弱)


テクニカルB2
ユーロドル:下降   ドル円:下降


実はテクニカルB2は日足での検証をしています。というのもこのテクニカルは現在のリアルトレードと組み合わせることができるので、勝率・精度アップのために使うことができそうだなと。最近はこういったFXのアイデアが大量にわき出てきて、かなりの検証案が出てきてます。まぁ実際に検証するのはかなり先になりそうですが、しっかりと書きとめておけば後々すごい効果になるかもしれないですし、アイデアは出せるときに出しておかないと、考えて生まれるものでもないですからね。



関連記事
ゼロハジのテクニカル分析 2月5日版
1月のトレード結果
ゼロハジのテクニカル分析 1月29日版
posted by ゼロハジ at 2011年02月12日 14:55 | Comment(0) | 今後の相場観

カスカレ法とトラップリピートイフダン

最近は「ワイコフの相場大学」という投資書籍を読んでいるのですが、その中に気になる記述がありました。それは「カスカレ(Cascaret)法」です。インターネットで検索してもこの書籍以外には情報はなし、せっかくなので紹介します。

以下引用します。

カスカレ法では株価の上下動を利用して利益を上げようとする。これは、株価がある一定のレンジ内でとどまっていれば、「寝ていてもうまくいく」手法である。

引用元:ワイコフの相場大学 名相場師の至言  出版:パンローリング



うーん・・・どこかで聞いたことがあるような(笑)。続けます。

カスカレ法のやり方はこうである。もしある銘柄が長い期間にわたって、上下5ポイントの幅で---例えば50ドルを中心にして45ドルと55ドルの間で---動き、その外に出ることはないと信じる理由がある場合に、50ポイントを出発地点として、そこから1ポイント上がるたびに空売りを仕掛けるのである。それぞれの建玉は1 1/4ドルの利益が出るたびに買い戻し、相場が反騰すればまた同じだけの株数だけ空売りを行う。もしもその銘柄が50ポイント以下に値下がりしたときには、49ドルで買い、さらに1ポイント下げるたびに買いを重ねる。そのどれかのグループで1 1/4ドルの利益が出たらそれを売り、次の機会でまた買い直す。

引用元:ワイコフの相場大学 名相場師の至言  出版:パンローリング



ということで、もう分かっている方は分かっていると思いますが、これはマネースクエアジャパンが特許を取っている「トラップリピートイフダン」そのものです。

別に今回の記事は「トラップリピートイフダン」がいかに危険で無謀なトレード方法かを説きたいわけではないですが、ほぼ同じようなトレード方法である「カスカレ法」から分かることもあるのでは? ということで記事にしています。

カスカレ法のページで気になった記述はいくつかありますので引用していきます。

クレーマーはカスカレを治療法として売り出して何百万ドルもの財をなしたが、そのうち200万ドルをウォール街につぎ込んだ。 〜中略〜 カスカレ法についていえば、クレーマー自身は私の知る限りそれを使うことはなかった。

引用元:ワイコフの相場大学 名相場師の至言  出版:パンローリング


その説明に入る前に申し上げておきたいことがある。それは、このやり方でときどき利益を上げる人もいるが、私の経験では大部分の場合、その利益は幻想でありワナである。自分では利益を得ていると思い込んでいても、実は、ただ借りたお金が積み上がっているだけことにすぎないようなケースが大半なのである。

引用元:ワイコフの相場大学 名相場師の至言  出版:パンローリング


銘柄によっては、実際にときどき儲けることも可能であろう。しかし、たいていの場合はひどい目に遭って、カスカレ法のことなど聞かなければよかったと後悔することになる。カスカレ法はブローカーが手数料を稼ぐにはうってつけの手法である。

引用元:ワイコフの相場大学 名相場師の至言  出版:パンローリング



補足です。

1/4というのは今でいう0.25Pipsってことだと思います。FXではなく株の話ですが、基本は同じですね。推測ですが時代は1920〜40年ぐらいで、このころはブローカーを通じてのトレードしかなかったようです。クレーマーというのは人名です。カスカレ法を生みだした人らしいですが、自分では使わなかった、それなのにカスカレ法を売って莫大な利益を得たという話。


さて、このカスカレ法が失敗する条件というのは予想の範囲外に動いた場合となっています。たとえば、先程の例だと予想レンジは45〜55ドルなので、それ以上の相場状況になると「破綻」ということになります。上がるたびに売る、もしくはその逆ですから、中心方向への動き以外では利益は出ず、損失が増えていきます。つまり予想範囲以上に動くと、積み重ねたマイナス方向へのポジションによって莫大な損失が出て破綻ということです。

つまりは「カスカレ法というトレードの方法もあるが、その実はうまくいかないトレード方法で、しかもその方法を売った人や取引を取り次いでいる人が儲かるシステムになっている」ということです。


うーん、昔からこういう方法は多いみたいです。少し前にある書籍を読んだ時に、日本でも「秘伝」とか言われてるテクニカルがあって、しかも弟子たちに受け継がれているという話が載っていました。確かにそのテクニカルの的中率は相当なものだと思いますが、実はそのテクニカルは非常に多くのパターンを当てはめて的中していると言っているだけなので、もしも逆のトレンドも確認したならばそちらの的中率(つまり外れた率)も高くなるだろうと思います。もちろん実際のトレードでそんなものが使えるわけがありません。

じゃあどこで儲けているのかというと、秘伝だからと言うことでとんでもない値段で商材を売りつけているだけだったりするんですよ。たぶん弟子に受け継いでいるのは「このテクニカルは役に立たん。だからこれは取引するものではなく、客に売りつけるためにあるんじゃ」なんて感じだと思いますよ(笑)。

だって、私はそのテクニカルの書籍を2冊ほど読みましたが、「このテクニカルはこんなに儲かります」「このテクニカルの的中率はこんなに高い」「このテクニカルを作った人はこんなにすごい人でした」という解説ばかりで実際のテクニカルの解説は1〜2ページ程度。そういった「このテクニカルはすごいんだ」という解説を書籍いっぱいに紹介して、そして最後に「秘伝書」といって何十万円もする商材を紹介するという何というあくどい手法(笑)。ちなみに著者(双方とも弟子)が違いますが、書いてあることはどちらも先ほどの説明通りです。だからおそらく弟子が継いでいるのはいかに商材を売るかなんだろうなと推測しているわけです(笑)。


と、話が少し飛びましたが、まぁ「カスカレ法」が破綻するという話なのに、それにそっくりな「トラップリピートイフダン」がうまくいくとは思えません。「トラップリピートイフダン」は効果の割に人気が高すぎると思うので、少しくぎを刺しておきました。


関連記事
1月のトレード結果
スプレッドは全体的に拡大傾向にある?
店頭取引も税率20%へ くりっく365低迷の予感
posted by ゼロハジ at 2011年02月07日 19:00 | Comment(0) | 小ネタ

ゼロハジのテクニカル分析 2月5日版

そういえばこの分析ではなくリアルトレードの方の話なのですが、あちらで使っているトレードタイミングはデイトレード用ではないのでは? と思い始めてきました。というのもそのタイミングは日をまたいで数日でのトレードとしてみると意外に精度が高かったりするのです。そもそもデイトレードのトレードタイミングとしたのは、損失を30Pipsに限定したいという私の勝手な都合からですから、もしこれを100Pipsぐらいにしたらさらに有効性が出たりするかもしれません。要検証ですね。もちろん検証はすでに手いっぱいなので、いつ空きができるか分かりませんが(笑)。

さて、先週の予想結果(ゼロハジのテクニカル分析 1月29日版)に行きましょう。

ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:下降   ドル円:下降

テクニカルB
ユーロドル:下降   ドル円:下降

実際の結果
ユーロドル:下降(8Pips)   ドル円:上昇(13Pips)

総合結果
ゼロハジのつたない予想:3/8(37.5%)  テクニカルB:5/8(62.5%)



最終的な値幅が小さすぎますから、今回の結果に予想どうこいうのは難しいですね。当たったとも外れたとも言えない相場という感じです。まぁ半分は当たっていたようですが・・・。


来週の予想に行きたいと思います。来週の終値が上昇している下降しているかを予想しています。今回から自分用の検証に「テクニカルB2」を追加します。


ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:上昇でしょう。先週の下落予想は「上昇相場だけれども一時的に押し目を作るのでは」ということで下降と判断したわけで、今は押し目らしきものもできていますし(日足)、上昇の余地の方が大きいと判断できます。ですから来週は上昇すると予想しています。

ドル円:判断材料がほぼ全くないです。何度も書いていますが、今のドル円の状況は81〜83円の範囲外で動く気配がほとんどありません。ですから来週も動いたとしてもその範囲内でしょうし、1週間でどのように動いたとしてもその中に収まるとしか思えません。ですがそれでは予想にならないので、一応予想すると、下降です。現在の相場のトレンドラインは上昇も下降も引けますが、今週の終値は上昇トレンドラインよりも下降トレンドラインの方に近いので下降かなと思います。来週の予想は下降です。


テクニカルB
ユーロドル:下降(強)   ドル円:上昇(弱)

テクニカルB2
ユーロドル:下降   ドル円:下降


テクニカルB2はこの記事を書いているときになんとなく思いついたテクニカルですが、システムなどを使わずに自分でバックテストした限りではなかなかの精度を誇っていました。テクニカルBよりは相場への反応が早く、使いやすそうな感じです。

と、最近思うんですが、この予想って不毛ですよね(笑)。読んでくれる人もほとんどいないでしょうし、自分にとってもそれほど役に立つわけでもない。まぁこれはブログが更新されていることの証明記事みたいなものでしょうか。早く毎日更新に戻りたいところであります。


関連記事
ゼロハジのテクニカル分析 1月29日版
ゼロハジのテクニカル分析 1月22日版
ゼロハジのテクニカル分析 1月15日版
posted by ゼロハジ at 2011年02月05日 18:48 | Comment(0) | 今後の相場観

1月のトレード結果

今年初めてのトレード結果となりますが、残念なことにあまり良い結果ではないです。まぁ1年を通してプラスになればいいんですが、さて今後どうなるでしょうか。トレードの結果に行きます。


通貨ペア日付Pips金額
ユーロドル1月4日-30-2465
ドル円1月5日-30-3000
ユーロドル1月5日302463
ユーロドル1月5日-30-2461
ドル円1月5日303000
ユーロドル1月7日302496
ドル円1月7日-30-3000
ドル円1月8日-30-3000
ユーロドル1月8日-1-83
ユーロドル1月11日-30-2490
ユーロドル1月11日-30-2486
ユーロドル1月11日-30-2488
ドル円1月11日-30-3011
ユーロドル1月12日302490
ユーロドル1月13日302483
ドル円1月13日302989
ドル円1月14日302989
ドル円1月14日-30-3000
ドル円1月15日-9-900
ユーロドル1月17日302488
ユーロドル1月18日302475
ドル円1月18日-30-3000
ドル円1月19日302979
ユーロドル1月19日302466
ドル円1月19日303000
ドル円1月21日292900
ユーロドル1月21日-30-2487
ユーロドル1月21日302483
ドル円1月22日-10-1000
ユーロドル1月24日-30-2484
ドル円1月25日-30-3000
ドル円1月25日-30-3010
ユーロドル1月25日-30-2469
ドル円1月26日-31-3100
ユーロドル1月26日-30-2464
ドル円1月27日-30-3000
ドル円1月27日-30-3000
ドル円1月27日303000
ユーロドル1月27日302490
ユーロドル1月27日-31-2572
ユーロドル1月28日-30-2479
ドル円1月28日303000
ユーロドル1月31日302465
計-143Pips計-13793円



このような結果でした。現在資金は14万4991円で、今回はユーロドル1敗、ドル円2敗でした。少し計算が合わないよう気もしますが、金額的には合っているので、間違いはないと思います。

うーん、酷い結果ではありますが、まだ頑張った方かもしれないですね。というのも今月は地獄の8連敗があり、正直言うともっともっとひどい結果が出ると思っていました。それがこれですから、ほっとするレベルで落ち着いてくれた感じです。


さて、問題は最適化の方ですね。こちらは完全に頭を悩ませる結果となっています。現在は今使っているトレード方法のトレードタイミングを「拡大」した場合と「縮小」した場合の2つの案をデモトレードにて検証中です。

1月の「拡大案」の結果は-256Pips(37.5%)、「縮小案」の結果は-448Pips(33.3%)で、現在の「リアルトレード」の結果は-143Pips(45%)です。

どれもこれも負け越しているのは問題ないですが、問題なのはいままでの検証結果がばらばらということです。11月の検証結果は「拡大案」が最も良く、そして12月は「縮小案」が良くなって、そして今月は「リアルトレード」の結果が一番良いということになってしまっています。これではなにが一番機能しているのか全く分かりません。

これはおそらく拡大・縮小の数値が現在の数値に近すぎたのかなと思っています。つまりあまり大きな変化を期待できないほどしか数値を変えなかったのではないかと。

しかし今後もこの検証は続けます。12月は半分程度しかトレードしていないですし、ある程度の信頼できる検証回数を得るためには、もう1〜2カ月の検証はしたいところです。ですが、この最適化案がうまくいく可能性は相当低くなってしまいました。これから急に「拡大案」「縮小案」のどちらかの結果が良くなると思えませんし、このまま終了というのが可能性として一番高い気もします。


さて、2月はかなり忙しそうです。2月初めからはブログの更新を毎日更新にする予定だったのですが、その予定も無理になってしまいました。またしばらくはまともなブログの更新は少ないでしょう。まぁとりあえずは「ゼロハジのテクニカル分析」だけは続けていこうと思ってます。


関連記事
ゼロハジのテクニカル分析 1月29日版
2011年の抱負
2010年のトレード結果
posted by ゼロハジ at 2011年02月01日 17:49 | Comment(0) | 管理人のトレード記録