FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

ゼロハジのテクニカル分析 1月29日版

新型PSPの「NGP」が発表がありましたが、ものすごい性能でびっくりしました。でも個人的にはゲームは大画面でやるものかなと思っているので(私はやれてませんが、笑)、携帯方向への進化というのは「うーん」と思うところがあります。まぁ金額がそれなりであれば、携帯機で場所に困らないですし、「買うかも?」という感じなところです。


はい、では先週の予想結果(ゼロハジのテクニカル分析 1月22日版)に行きます。

ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:上昇   ドル円:下降

テクニカルB
ユーロドル:下降   ドル円:下降

実際の結果
ユーロドル:下降(21Pips)   ドル円:下降(43Pips)

総合結果
ゼロハジのつたない予想:2/6(33.3%)   テクニカルB:4/6(66.6%)



ある程度予想は当たったみたいですが、今回は最終的な値幅がそれほどでもないので、偶然という感じがしないでもないですね。まぁ私の予想なんてその程度の精度しか出せないのは分かってますが(笑)。


ルールの確認ですが、この予想というのはそれほど予想性の高くないトレーダー、つまり私がある程度の予想を行ったとしてもその精度は50%を切らないだろうという推測からきています。それを実証するために来週の相場を私が「上昇」「下降」の2択で予想していってます。来週の始値よりも終値が1Pipsでも高ければ「上昇」、低ければ「下降」という結果になります。

「ゼロハジのつたない予想」というのは私(ゼロハジ)の予想のことで、「テクニカルB」はある条件のテクニカルを使った予想です。私の予想が誰かの役に立つことはないと思いますし、その精度が70%以上になるようなこともないでしょう。でもFXについて最低限の勉強をした人であれば、その予想精度が50%は切らないと思っています。最終的な結果が出るのは2年後くらいでしょうか(笑)。


来週の予想です。


ゼロハジのつたない予想

ユーロドル:すごく微妙なところです。上昇相場だとは思いますが、現在はすこし押し目を作ろうとしている感じです。つまり上昇の可能性もあれば、下降の可能性もあると。ですがここは下降の予想にしました。理由は4時間足でのブレイクアウトです。ユーロドルの4時間足を見て見ると、比較的きれいな上昇トレンドラインを書くことができ、またそれは大きな下降で破られています。ですから下降していく可能性の方が高いかなと。ということで来週の予想は下降です。

ドル円:相変わらずですが、どっちつかずの相場が続いています。来週中には強い値動きが発生して大きく動くような気もしますが、その方向がどちらか予想するのは難しいですね。ですが来週の予想は下降としておきます。理由はMACDが下降気味だからです。まぁ自信はないですが、来週の予想は下降です。


テクニカルB
ユーロドル:下降(強)   ドル円:下降(弱)


そういえば6月を予定に終了するとお伝えした「FX Online」の旧システムですが、ポジションを持っていない方は2月いっぱいで強制終了されるようです。私はチャート用口座として使っていたので、4月くらいに変えればいいかなと思っていました。しかし急に2月いっぱいまでということで少し焦っています。早く何とかしないといけないですね。


関連記事
ゼロハジのテクニカル分析 1月22日版
スプレッドは全体的に拡大傾向にある?
2011年の抱負
posted by ゼロハジ at 2011年01月29日 14:55 | Comment(0) | 今後の相場観

ゼロハジのテクニカル分析 1月22日版

最近のアクセス数は何なのでしょうか、毎日更新しているときは300程度、更新をほとんどしなくなった去年10月からは500程度、そして最近はあまり更新しない割には平均700程度はあります。うーん、アクセスって何なんでしょうね。毎日更新しているよりも週1、月2程度の方がアクセスが多いなんて・・・いくらなんでも理不尽です(笑)。


はい、では先週の予想(ゼロハジのテクニカル分析 1月15日版)の確認に行きましょう。

ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:下降   ドル円:下降

テクニカルB
ユーロドル:下降   ドル円:下降

実際の結果
ユーロドル:上昇(237Pips)   ドル円:下降(26Pips)

総合結果
ゼロハジのつたない予想:1/4(25%)   テクニカルB:2/4(50%)



こんな感じでした。ユーロドルの下降の予想はそこそこ自信があったのですが見事に外れました。ドル円の方は相変わらず動きは小さいです。予想の精度を計るにはまだまだなのは分かっていますが、思ったよりも当たらないものですね(笑)。


さて、来週の予想に行きたいと思います。


ゼロハジのつたない予想

ユーロドル:こうなってしまえばもう上昇でしょうか。下降トレンドラインよりも上昇トレンドラインの方がはるかに書きやすい状況ですので、相場は上向きになっていると思います。1.4000辺りが壁になってしまう恐れもありますが、今のところは上昇の余地があります。ということで来週の予想は上昇です。

ドル円:完全に均衡状態に入っています。これで予想するのはかなり厳しいですが、一応下降としておきます。下降とした理由は「長期で見ると下降しているから」というだけであって、最近の相場状況だけを見ればやはりどちらとも言えなくなってしまいます。まぁ来週の予想は下降です。自信は全くないです


テクニカルB
ユーロドル:下降(強)   ドル円:下降(弱)


テクニカルBはトレンドの転換にはかなり弱そうです。まだ3度目の使用ではありますが、「トレンドが転換しても、それに反応するのは相当遅い」と予想できてしまいます。まぁ最終的な予想結果が勝率50%を多少上回っていれば合格と言えるので、ハードルが低いと言えば低いのですが。


関連記事
ゼロハジのテクニカル分析 1月15日版
2011年の抱負
外為オンラインの高機能チャートをレポート
posted by ゼロハジ at 2011年01月22日 14:29 | Comment(0) | 今後の相場観

PCの進化について

FXとはほとんど関係ない話となりますが、私のPCはもうすでに寿命。今年の春には新たなPCを買うということを決めています。そこでいろいろとPCについて調べていたのですが、最近のPCはすごすぎるなと。

私の現在のPCは2007年4月に購入したもので、メモリは増設して1GB、CPUは1.73GHz、OSはVista、ハードディスクの容量は100GBという感じで十万円ほどだったと思います。このPCでブログを書いたり、FX取引をしたりしているわけですが、性能が悪いと感じることは多々ありました。

たとえば「起動に10〜15分かかる」「FXのチャート表示に3〜4分」という感じで、他にもソフト関連を使っているときに「重過ぎ」と思うことが何度もあり、PCの性能の低さはつくづく感じていました。


しかし最近のPCは格段に性能がいいようで、メモリが4GB、CPUも格段に良いのがついて、ハードディスクも300GB以上で十万円前後です。2007年時と同じ価格でこの性能とは驚きです。これだけの性能であれば、私がPCに求める性能の99%は出していると思います。

ですが、これ以上のスペックは必要なんでしょうか? 私は自分でもPCをかなり使っている方だと思いますが、それでも先ほどの新PCの性能で十分すぎるだろうと思っています。もしもこれがさらに進化したところで使いきれる人はどんどん少なくなっていくだけの気が・・・


さらに調べて見たのですが、そういった一見誰も使わないような高性能なPCというのは動画編集や3Dモデリングなどに使うらしく、一般的なビジネス的な使用の場合は先ほど紹介した4GBメモリのPCでもオーバースペックのようです。私はこのぐらいの性能が欲しいのですが・・・買っても使いきれないというパターンでしょうか、良く考えてみる必要がありそうです。

さて、PCがどんどん進化していっても、それを使いこなせる人はいるようですが、気になるのは家電量販店のランキングです。とある家電量販店に先日行ってきたのですが、そこでのPCの売り上げランキングはすべて高性能PCばかり、先程の4GBメモリのPCよりもさらに一段階性能の高いPCがランキングに入っています。

これはおかしいですよね。PCをする人のほとんどはせいぜいネットをするぐらいのものでしょうから、4〜5万円のネットブックでも用は足りるはず、ですが実際には高性能PCがランキングに。

まぁ勝手な予想ですが、購入者の心理として「高いものは良いもの」と思いこんでいるのかなと。かくいう私も初PCを購入するときに「買うならVistaでないとダメだ」と勝手に思い込んでいました。今思えばVistaなんてのは必要スペックが高すぎて全く初心者向けではなかったですが、安いXPのPCよりも一回り高いVistaPCの方が良いように思えたのは間違いないです。


こういった心理から思うのが、PCの進化というのは価格を維持させるためにあるのかなと思っています。たとえば2011年現在では私の2007年PCと同じ性能のPCは5〜6万円ほどです。これはPCの進化や普及に伴って価格が下がっていく当然の現象で、こういう価格の下がったPCでも十分に機能するわけですが、そこに高性能の10万円超の並んでいたとすると、購入者は「どうせ買うなら高くて良いもの」となり、必要のないスペックと分かっていながら高性能PCを買っていくのではと。つまり「購入者は高いPCを欲しがるから必要のない高性能PCでも売れる、だからPCの価格を維持し続けるためにPCの進化が続いている」のかなと。

まぁ私も高性能なPCは欲しいですよ(笑)。でももしも2007年でPCの進化が止まっていたとしても十分にPCの機能は果たせるわけで、最近のPCは異常なまでに進化している感は否めませんね。毎日4時間程度PCをいじっている私でもさすがに使わない高性能PCがランキングに入っているというのはさすがに変な感じがします。


FXに関係ない記事となってしまって申し訳ないです。PCについて調べてまくってたらどうしても書きたくなってしまいました(笑)。



追記:家電量販店にいったときに3Dテレビ3DPCを見てきましたが、思ったよりも「普通」、というか3Dという感じはあまりしないですね。ビックリマンシールの3Dなやつぐらいの感じです(分かりにくいですが)。まぁとにかく「3Dすげ〜〜〜」という感じは全くなかったです。購入を考えてる方は絶対に一度見てからの方が良いですよ。あのがっかり具合は衝撃です。


関連記事
2011年の抱負
2010年末ジャンボ宝くじの期待値を調べる
外為オンラインの高機能チャートをレポート
posted by ゼロハジ at 2011年01月17日 16:25 | Comment(0) | 小ネタ

スプレッドは全体的に拡大傾向にある?

最近はブログ内のFX口座情報カテゴリを修正中なわけですが、修正の際には公式サイトを開いて口座のスペックがどう変わっているかを確認するという作業を行っているわけです。

その作業中に気付いたのが、「スプレッド拡大」か「スプレッドの表記がなくなっている」業者が10〜15社もあったということです。以前の更新は8月ですから、それからスプレッドに変動があった業者が多かったということでしょう。

数多くの業者がスプレッドの拡大、もしくはスプレッドの表記がなくなる中で、スプレッドが縮小した業者は1〜2社ほどで(キャンペーン除く)、明らかにスプレッドが悪くなっている業者の方が多いことがわかります。


スプレッドの拡大はそのままの意味ですが、スプレッドの表記がなくなっているというのは、以前はスプレッドの表記がされていたのに後にスプレッドの表記がなくなっていたという状態のことです。「レートを参考にスプレッドを推測してください」というようなやり方をしている業者は元からありましたが、以前は参考スプレッドを表示していたのにそれがなくなるというのはやはり疑問です。また参考スプレッドも消えたうえに、サイトには基本的に用意されている簡易レートまで消えて全くスプレッドが確認できなくなっている業者もあり、これに意図がないと考えるのは難しいでしょう。

これはスプレッドを参考にしないようにしているとしか思えません。スプレッドの表記をしてしまうと、他の業者と比べられてしまいますが、スプレッドの表記がなければ実際に口座開設をして使ってみるまでスプレッドが分からないということなのだと思います。スプレッド競争に勝てない以上はこういったことをする可能性もあるのかなと。

また可能性としては薄いですが、スプレッドの表記に何らかの勧告があったのではないかという話もあります。実際には一昨年にそういったことがあった情報は見つけましたが、最近にそういったことがあったという話は見つけられませんでした。まぁ今でも0Pips〜という表記もありますから、そういった勧告が本当なのであれば、まずはこれが是正されるのではないでしょうか。


ではなぜこのようにスプレッド拡大傾向なのかというと、やはりこれは「レバレッジ規制の影響」と考えるのが当然です。

2010年の50倍へのレバレッジ規制の影響受けて取引量は30%ほど低下したというデータもありますし、FX業者にとってはレバレッジ規制は確実に利益を減少させる出来事となっています。利益減少が見込まれるとなれば、業者の損失を含む可能性のある超低スプレッドを提示するのは難しくなってきますから、そういった意味でスプレッドが基準に近付いてくる動きとも見れます。

またレバレッジ規制は今年もあります。25倍規制です。これは巷で「必要のない規制・やりすぎの規制」ということになってきていますが(私もそう思います)、おそらくこのまま25倍規制は実施されてしまうでしょう。そうなれば当然ですが、さらに取引量が減少するでしょうから、スプレッドはさらに拡大するのではと予想できます。


このスプレッド拡大傾向はしばらく続くでしょう。FXが急激に人気を獲得した背景には大きいレバレッジがあり、それにより業者が大きな利益を獲得できたからこそ低スプレッドが実現したわけで、その大きなレバレッジの恩恵がなくなってしまった今、低スプレッドを維持しながら運営していくというのはなかなか難しいところなのかもしれません。


関連記事
2011年の抱負
店頭取引も税率20%へ くりっく365低迷の予感
外為オンラインの高機能チャートをレポート
posted by ゼロハジ at 2011年01月17日 15:00 | Comment(0) | FX時事ネタ

ゼロハジのテクニカル分析 1月15日版

先週から始まったこの予想ですが、さてどうなったでしょうか。1週間の予想ですから、うまくいかなかったことはすでに分かっていますが(笑)、確認していきましょう。


ゼロハジのつたない予想
ユーロドル:下降   ドル円:上昇

テクニカルB
ユーロドル:下降   ドル円:下降

実際の結果
ユーロドル:上昇(506Pips)   ドル円:下降(31Pips)

総合結果
ゼロハジのつたない予想:0/2(0%)、テクニカルB:1/2(50%)



という結果となりました。ユーロドルの下降という予想はかなり自信があったんですが、「これでもか」というぐらい上げました。見事に外れです。ドル円の方は予想ができるほどの値動きは期待できなかったので、特に言うことはないですね。誤差の範囲だと思います。


では、来週の予想に行きます。


ゼロハジのつたない予想

ユーロドル:1.3400に比較的きれいな抵抗線があるので、これから下げていくと思うんですが、抵抗線はいつか破られるものなので、そのあたりは心配ですね。でもまぁ下降だと思います。ボリンジャーバンドも上ラインに触れていますし、少なくとも一旦の下降は見せるのではという予想です。ということで来週の予想は下降です。

ドル円:正直言って全く分からない相場です。最近は82〜84円台が基本となってしまっているので、どちらに動くのか予想しにくいです。一応と言っては何ですが、非常に長く続いている下降相場ということを考えて、来週の予想は下降としておきます。


テクニカルB

ユーロドル:下降(強)   ドル円:下降(弱)


ユーロドルもドル円も下降するという予想で一致しました。あまり似通った予想をしても面白くはないですが、テクニカルBを確認する前に私が予想しているので、テクニカルBの影響受けて予想が変わることはないです。影響を受けたら検証の意味がないですからね。


関連記事
2011年の抱負
12月のトレード結果
勝率とタイミングとリスク管理
posted by ゼロハジ at 2011年01月15日 15:40 | Comment(0) | 今後の相場観

ゼロハジのテクニカル分析 1月8日版

はい、ということで、年初めに「やる」と書いたゼロハジのテクニカル分析ですが、あることを思いついたのでさっそく始めたいと思います。

今回の「ゼロハジのテクニカル分析」は私のつたない予想によってどの程度の値動きが予想できるのかを確認する分析となります。そのために分析自体が誰かの参考になるということではなくて、単に「トレーダーの予想自体はそれほど間違っているものではない」ということの確認です。

ルールは土曜日の終値から次の土曜日までにレートが上昇しているか下降しているかを予想するという非常に単純なものです。1Pipsでも上昇下降があれば結果が出ますので、かなり分かりやすく測定していけるかなと。その結果を%で表示していきます。名称は「ゼロハジのつたない予想」です。

また今回思いついたことというのは、別パターンで私が思いついたテクニカルの実験もやってみることです。このテクニカルは止まっている相場でないとやや使いにくいですから、週単位で結果を計るようになる今回の実験には最適なのです。ちなみにこのテクニカルの名称は「テクニカルB」としておきます。当たり前ですが、テクニカルの内容は公開はしません。これはいつものことですね(笑)。

予想精度の予想は、どちらも55%程度だと思います。もう少し行けばすごいですが、まぁとにかく50%を切ることはまず絶対にないでしょう。これは私の予想に自信があるからではなく、FXの基本さえ知っていれば予想精度は50%を切らないという推測からきています。


別に難しくはないので、さっそく始めていきたいと思います。予想するのは「ユーロドル」「ドル円」の通貨ペアです。前回と違って今回はスルーという予想はないです。あくまでも予想精度を計りたいだけですし、上昇下降を予想するだけなのでスルーは必要ないでしょう。


ゼロハジのつたない予想

ユーロドル:これは下降ですね。現在は1.3000という支持線を割ってきたところですから、ここから大きく下降する可能性が高いです。反発の可能性もないわけではないですが、まぁ普通に考えて下降ですね。ということで来週の予想は下降です。

ドル円:これは上昇だと思います。最近はドル安に向けたファンダメンタルの要素が強いですし、下降の幅よりも上昇の幅の方が大きいですから、そういった面で来週の予想は上昇となります。


テクニカルB

ユーロドル:下降(強)   ドル円:下降(弱)


はい、こんな感じですね。テクニカルBはあまりに寂しいですが(笑)、これ以上は書くことは特にないですので、一応テクニカルシグナルの強さを表示してみました。ユーロドルが下降という予想で一致です。

こういうような予想を毎週やっていく予定です。今回は予想だけですが、来週からは予想が当たっていたかどうかの確認もします。さて、どうなるでしょうか。1年ぐらい続ければ面白い結果が見られるような気もしますが・・・頑張って更新するしかないですね(苦笑)。



関連記事
2011年の抱負
12月のトレード結果
勝率とタイミングとリスク管理
posted by ゼロハジ at 2011年01月08日 15:04 | Comment(0) | 今後の相場観

2011年の抱負

明けましておめでとうございます。2011年もよろしくお願いします。

さて、2011年になったことですし、今年の抱負を書いてみたいと思います。2010年も年明けに抱負を書いていて、その抱負はほぼすべて実行されています。つまりここで書く抱負は意外と精度の高いものだったりします(自分で言うことではないですが、笑)。


まずは、新しい「ゼロハジのテクニカル分析」として、予想の精度を計ってみたいかなと。どういうことかというと、土曜日にユーロドル・ドル円のレートを確認し、来週の土曜日に上がっているか下がっているかを予想するという単純なものです。これは上がっているか下がっているかを予測するだけなので、1週間経ってたった1Pipsでも上下していれば結果が出るということです。

なぜこんなことをしようとしているのかというと、私の考えではほとんどのトレーダーは予測精度ではなくリスク管理によって負けていると思いますので、私のそれほど得意でない予想でもたぶんその精度は50%を超えるだろうと踏んでいます。もちろん今回の予想は誰かの参考になるようなものでは全くなく、単に私のつたない予測の精度でも50%を超えるという証明をしたいだけです。これはたぶんやると思います。


FXのトレードの方は、今年も「利益を上げること」ですね。去年の結果はプラスではありましたが、想定の内でもなかなかに低い数値でした。この程度の数値であればランダムな結果でも出る可能性がありますから、「実は有効性なんてなかった」という可能性もあります。それを否定するためにも今年も利益を上げて終わりたいです。

最適化も今年中に一段階成功させたいです。現在行っているトレードタイミングの最適化は数カ月の検証があれば結果が出るでしょうから、それがうまくいっていれば現在のトレードタイミングの最適化に成功すると思います。これは是非やりたいですが、願って出来るものでもないので淡い期待を持ちながらしっかりと検証していくしかないですね。

後は・・・年内に100記事ぐらい書きたいです。最近は本当にまったく更新されていないので、今年はもっと更新していきたいかなと。一応の予定では1月の半ばか2月初めぐらいから毎日1記事更新に戻るつもりなので、その後また更新がなくなったとしても1年で100記事ぐらいは書いていきたいなぁと。

それと自分だけのことではないですが、相互リンクを15個ぐらい増やしたいと思っています。まぁ去年は6月ぐらいから相互リンクを受け付けてようやく1件の相互リンクをいただいただけでしたから、今年はもっともっと相互リンクを増やしていきたいと思ってます。どこでもいいというわけではないので、じっくりと増やしていきたいですが、最近はアクセスもかなり伸びてきましたし(更新してない割には、笑)、年内にそのくらいは相互リンクがあるかなぁと。もちろん「そのくらい来てほしい」という希望の方が大きいですが(笑)。

あぁ、そういえば抱負とはまた違うとは思いますが、今年は間違いなくPCを購入します。現在のPCは購入してから3年半、夏の暑さでやられてしまい、熱にかなり弱くなっています。今年の夏がどうなるかは分かりませんが、それでも寿命も近いですし、そろそろ購入してもいいころかなと思っています。ブログに影響はほとんどないと思いますし、トレードも影響はないでしょう。


さて、去年の初夢は酷いものでしたが、今年の初夢は気になる内容でした。その内容は「両親と一緒に住宅展示場で何やら予約のようなものをしている」という夢でした。両親に家を買ってあげるというのは私の本当の夢でありますが、それを実現できるような要素が何か今年にあるという暗示でしょうか? ハッ! これは宝くじが当たることの暗示では・・・とか言いながら年末ジャンボは見事に外れていました(笑)。

まぁとにかく、私にとってもこのブログを読んでくれる方にとっても良い年になることを願っています。今年もよろしくお願いします。



関連記事
2010年を自分的にまとめて見る
2010年のトレード結果
2010年末ジャンボ宝くじの期待値を調べる
posted by ゼロハジ at 2011年01月02日 16:26 | Comment(0) | FX時事ネタ