FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

2010年を自分的にまとめて見る

これが今年最後の記事となりますね。去年も似たような記事を書きましたが、1年の為替の動きを追いながら自分的な出来事とかブログの更新状況などを書いていくという興味がない人には全く興味のない記事です。まぁ他人に見てもらうというよりは自分的な備忘録でしょうか。


1月:1月半ばから現在のリアルトレードを開始、口座開設に戸惑って1月初めからトレードできなかったのは残念ですが、まぁ口座開設について少し詳しくなったからよしとしましょう。このころはまだレバレッジがありましたから、口座選びにはかなり迷ったものです。

2月:信託保全の義務化。これにより全てのFX口座は信託保全により資金を保全しなければいけなくなりました(取引所取引は取引所への預託)。この信託保全義務化はFX業者にとって負担のあるものでしたから、一部の業者では義務化前に撤退・業務譲渡したり、また義務化直後に「信託保全がなされていない」ということで処分を受けた業者も出ました。

3月〜4月:特になし。

5月:ブログを大きく改変した月でした。メールアドレスの公開や相互リンク、「0から勝ち始めるFX」というコンテンツを作ったのも今年でしたか。ブログの更新が1日3記事から1日1記事に変わったのもこの辺りです。ブログ改変前はコメントも書けなかったんですよ。

6月:トレード方法の変更を行った直後にリスク管理に問題があることが判明、一時は20万円ほどあった資金も11万円まで減らしてしまいました。これでFXに対する期待が減ったのは間違いないですが、それでもまだ「FXで利益をあげられそう」という希望があったのは幸いでした。

7〜8月:とにかく暑かったです。すでに6月から暑かったですが、7月8月は地獄の暑さでした。私も体調不良を起こしブログの更新は停止、PCは熱処理が間に合わずに排気部分はヤケドしそうなほどの高温になってしまったりしました。そんな中で8月1日からはレバレッジ規制が実施されています。この8月はFX業界にとって結構な節目だったようで、FX業者の衰退、トレーダーの減少などが見受けられました。

9月:為替的には円高の流れが続いており、9月15日に為替介入がされています。為替介入の影響は1週間ほどで、その後はまた円高に動いてしまっています。しかしこの介入のおかげで「これ以上の円高は介入の可能性がある」ということはしっかりと示してきたと思います。実際その後の相場でも円高が進んでいますが80円を切る場面は出てきていません。これは「80円を切れば介入は確実」という見方があったからで、それはこの9月の介入が意味をなしたということを意味しています。また9月にはFX業界最大手「外為どっとコム」の業務停止命令(実施は10月)がありました。これは相当ショッキングでしたね。私もオススメできる安心の口座だったのですが、どうもシステム関連でのミスが相次いでしまったのが悪かったようです。これは再興までにはかなり時間がかかりそうです。

10〜11月:私の「やりたいこと」を始めたのがこのへんでした。それに時間を使うためにブログの更新時間を削り始めたころですね。ではその「やりたいこと」はどうなったかというと、まだ満足いくような結果はなく、ただただ待たされ続けてます。来年から再始動という感じです。さらに10月ころから私の周りで不幸が連続しています。不幸というのは親せきや家族に病気や事故が相次いでいるというもので、幸いにもまだ亡くなった方はいませんが、「何故ここまで」というほど不幸が続いていますね。そのストレスのせいなのか私の体調も良くありません。

12月:「店頭取引の税制が申告分離課税になるかも?」というニュースが流れた月でした。決定ではないので「ぬかよろこび」の可能性もありますが、これからもずっとFXで戦い続けるつもりの私にとってはかなりのビッグニュースでした。また12月のトレードは少し早くやめすぎたと後悔、もうちょっと粘っても良かったと思います。この辺りは来年に生かしましょう。


今年の特徴は2つ。「ゲーム時間増加」と「FX離れ」です。

今年に入ってから「ネットからゲームを買う」という方法を覚えたのでゲームの入手コストが下がり、さらに「仕事を早く終えれば早く終わった分はゲームをしていい」というルールを作ったことでゲーム時間が増加しました。今年はおそらく私の人生の中で最も多くのゲームをクリアした年になったと思います。体調不良の時も仕事やブログ更新をせずにゲームしてましたから、そのあたりもゲームばかりの年につながった気がします(笑)。

そして「FX離れ」ですね。去年の10月ぐらいに投資についての意識に大きな変更があってから後も、投資書籍を何冊も読んでいますが、それまでのFX・投資の知識を超えるような内容を読んだことがありません。これはおそらくFXに限らず投資の基礎的な要素を満たし始めたからなのでしょうが、その分FXに対する熱は確実に下がってきています。むしろ力を抜いても十分に運用していける自信がついたとも言えますが、FXに興味がなくなり始めたとも言えるかもしれません。ですが、このぐらいの距離感で十分だと思います。今は別に専業トレーダーを目指しているわけでもなく、自分の人生において資金を運用する場所がFXだと決まっただけなので、FX以外の面で頑張っていきながらFXもそこそこやっていくというスタンスに定まった感じでしょう。


まぁそんなこともあった1年でしたが、「1年を通じてFXで利益を上げた」というのはかなり大きな一歩だったと思います。もちろんもっと利益が上がったり、リスク管理も最初からうまくいっていれば、と思ったりもしますが、FXの運用はまだまだこれからも続けていきますから、最初の一歩としては非常に良い感じで踏み出せたと思います。


2010年も色々ありましたが、本当にありがとうございました。2011年もよろしくお願いします。


関連記事
2010年のトレード結果
店頭取引も税率20%へ くりっく365低迷の予感
勝率とタイミングとリスク管理
posted by ゼロハジ at 2010年12月31日 13:19 | Comment(2) | 小ネタ

2010年のトレード結果

では、今年のトレード結果を月別にすべてまとめたいと思います。

Pips金額
1月292936
2月602707
3月22849388
4月13642737
5月-34-26868
6月前9042410
6月後-193-81248
7月42039374
8月-16-3461
9月-228-19610
10月24523920
11月575230
12月-102-8731
年合計692Pips68784円


です。6月の前後半はトレード方法の違いにより分けました。ポジションサイジングも同時期に変わっていますが、トレード方法の変更を基準にして書きました。6月以降に損益が少なくなっているのはさらにリスクを低く取り始めたからです。また12月は10日ほどでトレードをやめましたが、これは明らかに早過ぎたと思っています。来年はもう少し粘ってみても大丈夫でしょう。

と、通貨ペアごとの1年の結果はユーロドルは17勝、ドル円は8勝です。ユーロドルの方が1Pipsの価格が低いために、ドル円の負けがより大きい意味を持ってきてしまっています。これ以上円高になって価格の差が広がっても、独立で採算を合わせているので、各通貨ペアが勝ちで終わっているのであれば、当面は問題ないでしょう。

1年を通じての25勝(ユーロドル・ドル円合わせて)という結果ですが、これはやや低い感じもしますが、まぁ想定の範囲内です。私のシミュレーションでは、このトレード方法の1年の勝利数は20〜60勝ほどなので、25勝というのは低めの範囲内ということです。

ただしこれは勝率想定が56%の場合であり、実際の2010年の勝率は53.4%ほどでした。もちろん結果が常に想定通りにいくわけもないので、十分に誤差の範囲ですが、もしもこの結果が続くようだと想定自体が間違っていた可能性もあるわけです。その辺はまだまだ分かりません。もしかしたらこのトレードには有効性がなかったという可能性もまだありますから、これから何年もの間も油断は禁物です。

年利に関しては元が9万円なので年利75%とも言えますが、すでにレバレッジ規制がなされ、ポジションサイジング的には15万円で1万通貨の取引なので、15万円を基本とすると年利45%ほどとなります。それでも十分ですね。年利100%は遠そうですが、許容範囲外というわけでもないです。まだ複利もできていませんから、複利による年利増加分にも期待したいところです。もちろん来年はレバレッジ規制があるので、複利が期待できるのは再来年になるでしょうが・・・

実はドローダウンの期間もある程度の想定通りだったりします。今年の一番長いドローダウン期間は8月10日から10月30日の約80日ですが、最大でもドローダウン期間は180日にしかならないというシミュレーションからの計算なので、80日というのは毎年のドローダウン期間としては普通でしょう。



いつか分かると思いますし、来年のことを考えれば(更新があれば)ここで曖昧にしてもしょうがないと思うのではっきりとさせておきますが、税金については今後も正確な値は書きません

以前に税金は公開するとか何とか書いたような気もしますが、税額からFX以外の所得額が分かってしまうということに気付いてしまったために、FXでの税額すら正確な値を書くのははばかられる状況です。

少し前のニュース通りに店頭取引が申告分離課税になれば問題ないのですが、現在の総合課税ではFXにかかっている税率を計算することで私の実所得がだいたいばれてしまいます。まぁ大した額ではないですが、あまり知られたくないために書かないことにしました。

また明確にしないためというわけではないですが、FXにかかる税金は私の預金から補てんして現在FX口座に入っている資金を減らさないようにしたり、また追加入金をしたりするので、その旨はサイドバーの年度別の結果の後に「調整」としてプラスマイナスを書いていきます。プラスなら追加入金、マイナスなら税金等で口座資金を引き出したということです。

今年は調整はなしですね。利益は約6万8000円ほどですが、私は自営業なので給与所得でない所得とFXの利益との兼ね合いがさっぱりわからないんですよ。つまり今年のFXの利益に税金がかかるかどうかもわからないと。まぁかかっても大した額ではないのは分かってますから、追加入金もなく出金もしないということでプラスマイナス0です。


ということで、今年の利益は「68784円」。資金の調整はないのでFX口座資金は「15万8784円」のままで2011年のトレードはスタートします。明日は2010年の為替の流れや、個人的な出来事など、1年のまとめ記事を書きますのでよろしくお願いします。


関連記事
12月のトレード結果
11月のトレード結果について
10月のトレード結果
posted by ゼロハジ at 2010年12月30日 16:44 | Comment(0) | 管理人のトレード記録

店頭取引も税率20%へ くりっく365低迷の予感

まずは引用から

政府は16日、2011年度税制改正大綱を閣議決定した。これによると、現在、総合課税としている店頭FX取引に係る所得について、「くりっく365」など取引所FX取引に係る所得と同様に、20%の申告分離課税とした上で、両者の通算及び損失額の3年間の繰越控除を可能とするとしている。

店頭FXへの20%の申告分離課税の適用は、2012年1月決済分以降となる。税制改正大綱ではこの目的について、「金融商品間の課税の中立性を高める」ことを挙げている。

引用元:店頭FXに20%の申告分離課税適用、証券優遇税制は2年延長 - 税制改正大綱 | ライフ | マイコミジャーナル


ということで、「くりっく365」「大証FX」という取引所取引の特権とも言えた「申告分離課税」ですが、今回の案が通れば店頭取引、つまりFXを行っているおそらく全ての業者で税率20%、損失繰り越しが可という申告分離課税が実現することでしょう

しかしこれはあくまでも「閣議案」でありますから、決定がされなければお流れとなります。つまり実施が決まったわけではないわけです。だからそれほど大きなニュースにはなっていないのかもしれません。


もしこれが実施となれば、くりっく365の低迷の可能性が出てきますね。くりっく365には取引手数料がかかりますから、店頭取引のスプレッドの低さと取引手数料無料にはそう簡単には勝てません。低迷の予感です。

また注意として、場合によっては税金が高くなることもあります。たとえば現在の店頭取引は総合課税、雑所得での申告となりますが、この場合の最低の税率は15%です。つまり20%よりも低いわけです。さらに申告分離課税には基礎控除がないです。つまり1円の利益から申告しなければいけないと、もちろん損失繰り越しもありますから、勝っても負けても毎年申告しなければいけないのです。利益が高ければ申告分離課税になるのはプラスが大きいですが、利益が年間30万円程度であれば払う税金は増えることでしょう(給与額による)。


でもまぁ私にとっては嬉しいニュースですね。今年一番のビッグニュースだったと思います(笑)。これでFX業界も明るくなるかもしれません。レバレッジ規制でFXの人気は大きく下がってしまいましたから、店頭取引も一律で申告分離課税になれば、また人気が再燃するのは間違いないでしょう。さぁ俄然やる気が出てきたぞ(笑)。


関連記事
2010年末ジャンボ宝くじの期待値を調べる
信頼できるトレード結果の公開方法を考える
カバー率100%の業者は全体の73%
posted by ゼロハジ at 2010年12月19日 13:30 | Comment(0) | FX時事ネタ

12月のトレード結果

12月のトレードは12月10日分で終わりにしました。まぁ少し早い気もしますが、12月はかなりのペースで負けてきていますし、トレードするとしてもせいぜい残り数日のこと、ならば少し早くても終了していいかなと。少し休みたい気持ちもありましたから、早めのトレード終了を決断しました。

さて、2010年度分のトレード結果については別記事にて書かせてもらいますが、とりあえず軽く計算した限りでは2010年度は22勝、勝率53%ぐらいになると思います。そこそこでしょうか、詳しくはまた今度書きます。


では12月のトレード結果となります。すでに書きましたが、12月はあまり良くないですね。

通貨ペア日付Pips金額
ユーロドル12月1日302520
ドル円12月1日303000
ドル円12月3日303000
ユーロドル12月3日-30-2511
ドル円12月3日-30-3000
ユーロドル12月3日-30-2491
ユーロドル12月6日302481
ドル円12月7日-30-3000
ユーロドル12月8日-30-2491
ドル円12月8日303000
ユーロドル12月8日-30-2516
ドル円12月9日303000
ドル円12月9日-30-3000
ユーロドル12月9日-30-2514
ドル円12月10日-30-3000
ドル円12月11日-12-1200
計-102Pips計-8731円


ということで、約10日ほどのトレードでしたが結構な負けとなっています。3連敗以上が2回もありますから、かなりのハイペースでの負け込みようです。続けない方が良いという判断も分かってもらえると思います。

ユーロドル3敗、ドル円0勝です。特別何か原因があってこの結果というわけでもなく、おそらく単にトレード期間が短いのでこういった結果になったのかなと思います。それほど気にするようなことはないでしょう。


問題なのは最適化の結果の方ですね。先月の結果で「拡大>現在>縮小」が成り立っていると書きましたが、今月はそれを否定するような結果が出ています。詳しいトレード結果はやはり面倒なので書きませんが(笑)、今月は「拡大<現在<縮小」になってしまったのです。

まぁ確かにトレード期間が通常よりも半分以下ですから、誤差が大きくなるのは当然だと思いますが、ちょっと気になる結果ではあります。この結果を考えると、拡大案だから良くなるとは言い切れなくなってきます。もしかしたら縮小案の方が良い可能性も出てきたわけです。まぁこれで検証期間が長くなるのは間違いないですね、3カ月ほどを想定していましたが、4〜6カ月ぐらいは見た方が良いのかもしれません。


12月はあと2記事書く予定です。一つは「2010年のトレード結果まとめ」、もう一つは「2010年のまとめ(トレード以外)」です。トレード以外のまとめは2010年の相場状況や出来事、ブログがどうなったか等を書くつもりです。ほとんど自分のことになると思いますが、自分的なまとめとして書いておこうかなと。


関連記事
11月のトレード結果について
年末年始の相場について
勝率とタイミングとリスク管理
posted by ゼロハジ at 2010年12月12日 15:05 | Comment(0) | 管理人のトレード記録

11月のトレード結果について

今日は12月1日、つまり「モンスターハンターポータブル3rd」の発売日でありますが、残念ながら予約できず(苦笑)。10月からチェックしてたんですけどね、どこも微妙に時期がズレてしまって予約はできませんでした。と、実は今日になってバックアップ用のDVD+RWが読み込まず、新しくUSBメモリを購入することにしたので、そのついでにゲーム屋を回ってみようかと思ってます。

いきなり関係がない話題でしたが(笑)、11月のトレード結果は「まぁまぁ」でしょうか。いつも通りオリジナル版の結果からです。

通貨ペア日付Pips金額
ドル円11月1日303000
ユーロドル11月1日-30-2426
ユーロドル11月2日302419
ドル円11月3日303000
ユーロドル11月4日292349
ユーロドル11月4日302427
ドル円11月5日-30-3009
ドル円11月5日-30-3000
ユーロドル11月5日302423
ユーロドル11月8日302441
ユーロドル11月9日-30-2428
ドル円11月9日303000
ドル円11月10日303000
ドル円11月10日303000
ユーロドル11月11日-30-2476
ユーロドル11月11日-30-2467
ユーロドル11月12日-30-2469
ドル円11月12日303000
ユーロドル11月12日-30-2464
ドル円11月15日303000
ユーロドル11月15日-30-2482
ユーロドル11月17日302500
ドル円11月18日-30-2996
ユーロドル11月18日302495
ドル円11月18日-30-3000
ユーロドル11月19日-31-2581
ドル円11月20日-30-3000
ユーロドル11月22日-30-2502
ユーロドル11月22日302505
ドル円11月23日-30-3009
ユーロドル11月23日-31-2592
ドル円11月26日303008
ユーロドル11月26日302517
ユーロドル11月29日302523
ドル円11月30日-30-2996
ユーロドル11月30日302520
計57Pips計5230円


はぁ、ということで今年の年率100%の可能性はまずなくなってしまいました。何度も書いていますが12月は半ばまでしかトレードしないので、よほどすごい結果が出ない限りは2倍である18万円には達しないと思います(現在16万7515円)。

11月は前半は良かったんですけどね、後半にドル円の値動きが小さくなって結果としてトレードの結果が悪くなってしまいました。まぁそれでもユーロドル1勝、ドル円1勝なので結果としてはまだ良い方だと思います。


さて、いつも書いている最適化の方ですが、こちらの方は久々にうまくいった気がしています。11月から最適化の案として検証しているのが、トレードタイミングに使用している数値の拡大と縮小、つまりトレードのタイミングを最適化しているのですが、これがまた結構良い結果が出たのです。

まぁ細かいトレードの結果は書くのが面倒なので省きますが(笑)、結果を総合すると「拡大案:240Pips(61.7%)」「縮小案:-62Pips(47.6%)」です(カッコ内は勝率)。こう書くと分かりにくいので分かりやすく書くと

拡大:240Pips(61.7%) > 現在:57Pips(52.7%) > 縮小:-62Pips(47.6%)

となっています。つまり「拡大>現在>縮小」が成り立っているので、最適化の方向は拡大方向へと向かえば良いということが分かりました。

実際のところ、数値を拡大するというのはトレードの条件を厳しくするということですから、勝率が高まるのは当然です(その代わりにトレード回数が減少する)。これは十分に予測していました。しかし獲得Pipsまで上昇していますし、勝率も2〜3%の上昇という予測をはるかに上回る9%の上昇になっています。まぁ少し行き過ぎなので、デモとリアルの差が出たところもあるとは思いますが、縮小案が現在のトレード結果よりも悪くなったことを考えても、トレード数値の拡大による有効性の上昇はかなり確実性が高いかなと。

まだまだ1カ月分のデータなので結論付けるには早すぎますが、この結果が続くようであれば現在のリアルトレードの新たなトレードタイミングを構築できる可能性はあります。しかもまだ1段階目です。これからさらに数値を拡大して検証できますし、より細かい数値での検証も十分にできます。このトレードのタイミングにはかなりの可能性が眠っているということです。


最適化の件はありますが、まぁとりあえずは12月が無事に終わってくれたらいいなぁと。去年の12月の検証(デモ)でもそうでしたが、切り上げを間違うと非常に厄介なんですよね。12月も半ばを過ぎると値動きが小さすぎてリミットやストップに全然かからないし、どうせ正確なデータが取れないんだから本気になっても仕方がない気もします。ということで12月は良い結果が出なくてもいいから、とにかく波乱なく無事に終わってほしいと思います。

と、書き忘れましたが、12月はこのブログの一部記事の修正等の予定が入っていますので、ブログの更新はかなり少ないと思います(最近はいつも少ないですが)。全く更新されなくてもあまり気にしないでください。年末には2010年のまとめ記事を書きたいと思います。


関連記事
2010年末ジャンボ宝くじの期待値を調べる
勝率とタイミングとリスク管理
今年の9.11のアノマリーは土曜日
posted by ゼロハジ at 2010年12月01日 14:28 | Comment(0) | 管理人のトレード記録