FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

真の損小利大?

ずいぶん前の話となってしまいますが、「損小利大についてのセミナーをする」とかいう内容の広告を見た気がします。驚いたのはそのセミナーはメールによるサポートがあったことです。サポート期間は6カ月だったと思いますが、損小利大って理解するのにそんなに時間がかかるものですか? そのセミナーの内容も「損小利大を知って勝つ」とか何とかいうものでしたが、なんだか損小利大について間違った認識をしているような気がしたので記事にしてみたいと思います。


まず損小利大の一般的な認識ですが、「損を小さくして利益を大きくする」と言われてはいませんか? 非常に簡単に説明すると確かにこれで合っているのですが、これだけだと「ストップを小さく設定してリミット大きく取ればよい」ということになってしまいます。ですがそれは微妙に違います

損小利大、というのは損を小さく利益を大きくというので合ってはいますが、問題は「どうやって損を小さくするか」ということなのです。単に通常のトレード時にストップを小さくしただけでは効果はないわけです。

では正しくストップを小さく設定する方法はというと、これは「ストップが小さくても機能するタイミングで仕掛ける」のです。損小利大というのはストップやリミットだけのことではなく、トレードのタイミングも重要なのです。


たとえばラインブレイクアウトが最も分かりやすいですね。ラインブレイクアウトというのはトレンドラインのブレイクアウトで仕掛けるものですが、この時のストップの入れ方は基本的に一つ。ストップをラインの内側に入れておき、ブレイクアウト後に戻ってしまった(ダマシ)時のストップとして入れます。

この場合にはストップの値はそれほど大きくは必要ありませんし、逆を言えばストップを大きくする必要がありません。ブレイクアウトが戻ってまたラインの内側での動きになったのであれば、もうそのトレードを続ける意味がありませんから、ライン内に戻った時点でストップで間違いはないでしょう。

しかしこのラインブレイクアウトトレードでは、ストップは先ほどのように小さく入れられますが、リミットは通常通りに入れることができますから、「損小利大」が的確にできます。これが本当の損小利大というものです。


以前読んだFX雑誌で損小利大の方法として「リミットを100、ストップを50にしておいて6勝6敗(勝率50%)なら300の儲け」なんてことが普通に書かれていましたが、これは大きな間違いです。おそらく私が間違いと言っても信じない方も多いでしょうから、自分で試してみるのが一番です。その結果に驚く方もいるでしょう。リミット100、ストップ50のトレードの基本勝率は33%。それを50%まで高められるのであれば、こんな方法を使わなくても余裕で利益を上げていけます。

こういった間違った損小利大が普通にまかり通っていますが、損小利大だけ、つまりリミットとストップの変動だけで利益が上がるようなことはないです。あくまでもトレードのタイミングと損小利大を組み合わせることで、リスクの少ないトレードができるというだけのことなので、損小利大を学べば利益が上がるというのは幻想ですね。

ちなみにですが、損小利大のトレードというのは必ず勝率が低くなります。ストップが小さいということはそういうことなのですが、ではリミットはどのくらいかというと、これは流れに乗り続けられれば非常に大きくなります。もちろんトレードの期間にもよりますが、日足を基準とした損小利大のトレードでは所持期間が半年〜1年なんていうのもあるようです。これだと毎年プラスにするのは難しいうえに、勝率は10〜15%ほど、ストップは小さいですから含み損がきついことはないと思いますが、20連敗などが普通にある中での運用はなかなか精神的にはきついのではないでしょうか。損小利大で損失を小さくしたとしても、実は同時に勝率も下がっているから結果はそこまで大きくは変わらないのです。


じゃあそもそも損小利大のどこにメリットがあるのかというと、実はこれは試行回数にあります。たとえば100Pips分の負けが自分の最大許容損失だとしましょう。これに到達してしまうときに、リミットを同じとしてストップが50Pipsの時と5Pipsの時を比べて見ると、50Pipsの場合は最短で2回のトレードで許容損失に到達、5Pipsの場合は最短でも20回のトレードで到達です。

ただ単にストップの値を変えただけなので、どちらも最終的な到達の確率は同じなのですが、ここで重要なのが「実際のトレードには有効性がある」ということです。その有効性がどの程度なのかは分かりませんが、有効性を発揮するためには試行回数が必要になります

先ほどの例では50Pipsの時はたった2回のトレードで最大許容損失に到達してしまっていました。2回ぐらいであれば、トレードの有効性とは全く関係のない動きによって負けてしまうこともあるでしょうし、有効性を発揮する前にトレードができなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。しかし一方の5Pipsのストップでは勝率は相当に低いですが、試行回数は20回もあります。20回もあれば有効性のあるトレードが何回か出来るでしょうし、最大許容損失に到達する前に勝ちぬけるような可能性も出てくるのです。つまり試行回数が多いと有効性が発揮されるトレードができる可能性が高くなるために、ストップが小さいこと、つまりは損小利大の方が多少有利になるのです。


と、今回は損小利大について色々と書きましたが、損小利大というのは通常のトレードのストップを小さくして損を小さくする方法ではない、ということはしっかりと覚えていただきたいです。


関連記事
FXの難しさは情報の取捨選択にある
勝率99.9%で100年間続けられるトレード方法
テクニカルの有効性は低い
posted by ゼロハジ at 2010年10月20日 12:49 | Comment(0) | 小ネタ

カバー率100%の業者は全体の73%

実は昨日知ったのですが、だいぶ前に非常に興味深い調査が行われていたので紹介したいと思います。

外国為替証拠金取引業者に対する一斉調査の結果について:金融庁

ということで、2010年4月16日発表の金融庁の調査です。調査項目は少ないものの、FX業界全体の調査というのはあまりないような気がします。あっても一部の限られた業者とかでしか行われていなかったりするので、99社というおそらく全てのFX業者での調査結果は珍しいことでしょう。


さて、項目はいくつかありますが、気になったのは「カバー取引に係る業者のリスク管理について」「為替相場が急激に変動した場合のリスク管理の状況」ですね。詳しい内容についてはリンクを見てください。


「カバー取引に係る業者のリスク管理について」で気になるのはやはり「カバー率」です。カバー取引というのは、顧客の取引相手であるFX業者がその顧客の反対の売買を銀行と行うというものですが、もしもカバー取引をしていないと「顧客の損はFX業者の利益」というのは正しくなってしまいます。

それで実際の結果はというと、フルカバー、つまり顧客の取引の100%をカバーしている業者というのは73%、一部分のカバーは27%となっています。つまりFX業者の27%は顧客の損の一部をいただいているということになります。詳しい内訳は省きますが、カバー率30%未満も7%います。全くカバーしていない業者がいる可能性もあるのです。

これは驚きの結果でした。カバーをどのくらいするかというのはFX業者の自由だと聞いたことはありましたが、まさか4分の1以上がカバーが100%ではないとは・・・これではFX業者は顧客を負けさせて利益を得ていると言われても当然のことですね。

FX業者がカバーをしないというのは、つまり顧客の負け比率が高いということでもあります。もちろん顧客を負けさせれば・・・という話もありますが、そういったことを「なし」としても、単純に全顧客の総合結果が勝ちよりも負けの方が大きいのであれば、顧客の取引相手は常にFX業者ですから(相対取引の場合)、無理にカバーをしなくてもFX業者には利益が入るわけです。


次に気になったのは「為替相場が急激に変動した場合のリスク管理の状況」です。

もしも為替相場急変した場合に業者として一体どのようなリスク管理を行うのか、という対策方法についての項目です。

対策として一番多かったのが「顧客からの受注を停止(56%)」、次が「顧客提示するスプレッドを拡大する(40%)」、そして「自己勘定取引を停止(4%)」です。自己勘定取引というのはFX業者が独自に行う取引だそうです。

相場急変時のスプレッドの拡大は当然分かります。しかし一番多かった「受注停止」というのが納得いきません。ブログなどを見ていても「注文が通らなかった」という話が良くありますが、つまりはFX業者の半分は相場の急変時には注文を通さない対策をしている、というのが事実だったようです。

まぁそれはそういったことをしないと業者の損になるからということなのでしょうが、注文が通らなければ顧客の損やチャンスロスになるのですから、対策としては「気に食わない」ところではあります。しかもそれを明記はしてないですからね。カバー取引を行うかどうかは顧客にはあまり関係はないですが、こちらは顧客に直結していますから、「このFXサービスでは相場の急変時に注文の受け付けを一時停止する可能性があります」ぐらいは見えるところに書いていてほしいものです。


と、この2つの項目からFX業者について知ることができたような気がします。こういった調査はもっと行ってもらいたいところですね。


関連記事
FXの難しさは情報の取捨選択にある
為替の中心 ロンドンで見たちょっとニュースな出来事のレビュー
適正リスクの最大を取る必要はない
posted by ゼロハジ at 2010年10月08日 10:12 | Comment(0) | 小ネタ

9月のトレード結果

8月中の予想でも9月は負け越すとは思っていましたが、結果としては結構な負けとなってしまいました。

通貨ペア日付金額
ドル円9月1日-3000
ユーロドル9月1日2523
ドル円9月1日-3000
ドル円9月2日-3000
ユーロドル9月3日-2701
ドル円9月3日3000
ユーロドル9月7日2523
ドル円9月7日3000
ドル円9月8日-3000
ユーロドル9月9日-2515
ユーロドル9月9日-2513
ドル円9月9日-3000
ユーロドル9月9日-2513
ユーロドル9月10日-2605
ドル円9月10日3100
ユーロドル9月10日-2528
ユーロドル9月13日2527
ドル円9月14日3000
ドル円9月14日-3000
ユーロドル9月15日2490
ドル円9月15日3000
ユーロドル9月16日-2562
ユーロドル9月16日2568
ユーロドル9月17日-2574
ユーロドル9月17日-2573
ユーロドル9月20日-2569
ユーロドル9月21日-2644
ユーロドル9月22日2537
ドル円9月22日3000
ユーロドル9月23日-2528
ドル円9月24日3100
ユーロドル9月24日-2555
ドル円9月25日-1600
ユーロドル9月28日2525
ユーロドル9月28日-2522
ドル円9月29日-3000
ユーロドル9月30日2499
ユーロドル9月30日-2500
計-19610円


ドル円は0勝、ユーロドル7敗でした。普段の月はドル円の方が結果が悪いものですが、今月は明らかにユーロドルの方が動きが悪かったようです。しかし私の感じる限りでは、ドル円の方が動きが悪く、ユーロドルの方がまだ希望が見えました。しかしこの結果になったというのは、運の要素があったのではないかと思います。というのもユーロドルの取引において、勝ち相場であるのに負けるというのが何度もあり、「?」と思うようなことが多々ありました。おそらく偶然が続いただけとは思いますが、もしも通常通りに結果が出ていればここまでの負けにはならなかったものと思います。取引では運も重要だったりするのでしょう。

さて、10月の結果の予想はおそらく「勝ち負け」というところだと思います。勝ちもせず負けもせずを10月いっぱい繰り返すのではないかという予想です。先ほども書きましたが、ユーロドルの動きはこのテクニカルにとってはそれほど悪いものではありませんから、ドル円の結果と合わせても9月のような大敗ということはないと思われます。それにしても9月は負けすぎですね(笑)。


他の最適化案の検証については特に書くことがなかったです。現在最適化案の検証は2つ行っていますが、どちらも切るほど悪くはなく、かといってリアルトレードに採用するほどよくもないという状態で、来月もそのまま検証を続けようと思ったぐらいなものです。まぁ大きく変更しているわけではないので、結果が大きく変わることはないとは思いますが、それにしてもほぼ全く変化がないのには驚きました。早く新しい検証を始めたいのですが、まぁ来月以降にするしかないでしょう。これ以上FXに時間をかけるのはきついところです。


このままの運用では今年中に利益をすべて吐き出してしまう可能性もあるかもしれないですね。今日現在では今年の初めからプラス4万8000円ほどですが、このペースで負けが続くと11月には開始資金の9万円を切る可能性があり、また資金の破綻の可能性も出てきます。実は結構な瀬戸際が迫ってきたりしているのです。

シミュレーションの結果でも半年程度の低迷は予測済みですが、このまま破綻なんてしないといいんですけどね。やはり円高関連の動きがテクニカルを殺している状況は否めません。私の勝手なシナリオですが、まだ誰も円高への対策が完璧とは思ってませんから、円高への動きが止まらず、そして円高が進めば日本政府が介入をする、それを繰り返しているうちに円高が一定水準以上進まないことが分かり相場が大きく反発、円安への動きが始まることになる、のかなと思います。円高へ動くたびに介入をすれば誰も円を売らなくなりますから、こういった介入の方法は考えられるところではないでしょうか。もちろん介入をやらないということになれば、大変な円高への動きが発生します。どちらにしても円高が為替の焦点である以上はテクニカルの結果が良くなることはないでしょうね。10月は安定的に相場が動いてほしいところです。


関連記事
円高82円台、日本政府は為替介入へ
8月のトレード結果
テクニカルの有効性は低い
posted by ゼロハジ at 2010年10月01日 12:54 | Comment(0) | 管理人のトレード記録