FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

FXの難しさは情報の取捨選択にある

FXは難しい」というのは良く聞く言葉です。私もやってみて確かに難しいとは思いますし、だからこそこんなにも苦労しているわけですが(笑)、ではFXの難しさというのは一体どこにあるのでしょうか。

それはトレードの判断の難しさでしょうか、それともリスク管理の難しさでしょうか。私がふと思ったのは「情報の取捨選択」に難しさがあるのではないかと思ったのです。


まぁFXに限らないと思いますが、情報というのは少なからず間違いや嘘が混じります。そしてこれは一般的に販売されるような書籍であってもそうですし、ましてやネット上の情報などはどのような情報にしても100歩ぐらい離れて見ないと痛い目を見ることでしょう。

FXでももちろん多様な情報があります。専門家によるレポート、独自テクニカルを紹介した書籍・情報商材、ネットでの書き込みやブログ、多種多様な情報がありすぎるほどに存在してしまっています。

ではそれが全て事実かというとそういうわけではありません。こういった情報類を分析すると大きく3つ、「事実」「嘘」「不確定」に分けられると思います。


「事実」の情報というのは100%確実な疑いようのない情報のことです。たとえば「USDというのはアメリカドルのことだ」とか「○○口座ではトレール注文が使える」などです。こういった間違えようのない情報というのは「事実」としてそのまま受け取れます。「事実」の情報には全く問題はありません。

次は「嘘」の情報です。広告分などでよくみられますが、「FXは100%儲かる」だとか「絶対に損をしない方法」などは明らかに嘘ですし、またネット特有の情報として相手に損失を与えるよう誘導する嘘というのもあったりします。まぁネット上の情報などその程度のものなのかもしれませんが、私もこういった情報で痛い目を見た口です(FX以外のこと)。このような嘘の情報というのは主に自己の利益のためであり、その情報を信じてアクションを起こした人にとって利益になるかどうかなどは一切考えられていません。

そして「不確定」情報です。これはFXにとっては一番多い情報となることと思います。「不確定」の名の通り、確定されていない情報ということで、「テクニカルの有効性」は確定しているわけではないですし、同じくファンダメンタルについてもその見方がすべて正しいわけではありません。またブログの情報、もちろんこのブログでもそうですが、ブログに書かれている情報はあくまでも管理人が正しいと思っている情報であって必ずしも100%正しいわけではなく、確定された情報の少なさというのを感じます。勘違いや間違いによる情報もこれに属すると思います。


3つに分けられた情報の中で問題なのは、一見すると「嘘」情報に思えますがそうではないと思います。「嘘」情報も確かに問題ですが、その情報量というのは決して多くはないように見えます。意図的に嘘をつくというのは意外としないものでありますし、そもそも嘘をついて自分に利益が来るというのもそれほどない状況ではあります。

一番問題なのは「不確定」情報でしょう。FXにおいて不確定な情報を使わずにトレードすることはできません。さきほども書きましたが、テクニカルの有効性というものすら「事実」とは限りません。その有効性は確実に検証されたものではないでしょうし、検証されたとしても期間を変えればまた結果も変わってしまいます。

同じくファンダメンタルについてもそうです。確実な見方というものは存在しないことはFXをやっている方なら誰でも分かっていると思います。私も政策金利スキャルピングをやっていたから分かりますが、単純に「政策金利の上昇=通貨価値の上昇」と思いますが、実は政策金利が上昇しても通貨価値が上がらなかったりすることも多かったりします。つまりその時その時の状況により見方が変化しますから、ファンダメンタルについても不確定な情報を使わなければいけないのです。


このように「不確定」情報の使用の難しさが一番の問題なのではないでしょうか。トレードをする限りは何かしらの基準が必要ですが、その基準は絶対的なものになることはなく、それはどこまでいっても「不確定」なもののままです。

つまりトレードをするには不確定な情報を使わなければならず、そしてその不確定な情報は書籍やネットの海に大量にある中から自分で選択しなければいけない、と。この辺りにFXの難しさがあるんじゃないかぁと思ってしまいました。全く有効でない不確定情報も多い中で、そこから本当に有効な不確定情報を見つけないと、有効なトレードをするというスタート地点にも立てないわけで、まぁもちろんそのスタート地点に立ったところでまだまだ難しい問題もあるわけですが(笑)。

逆にもしも確実に有効性のあるテクニカルの情報があったとしたらどうですか? 誰でもその「確実な」テクニカルを使うと思いますし、このトレードは正しいのだろうか、なんて悩みもないです。つまり考える必要もなくそれを使っていくことができることでしょう。しかし実際には有効とされているトレードでも本当に有効性があるのかどうか心配になりますよね? やはりそれは「確実」ではないから、なのではないでしょうか。


ということで、自分的な結論としては「FXの難しさは取捨選択の難しさにある」というものになりました。まぁ必ずしもそうとは言い切れない面も確かにありますが、どのテクニカルを使うかというだけでもトレードの大部分の結果が変わってしまいますから、「どの情報を信じるのか」というのは十分に注意すべきことなのだと思います。


関連記事
為替の中心 ロンドンで見たちょっとニュースな出来事のレビュー
今年の9.11のアノマリーは土曜日
テクニカルの有効性は低い
posted by ゼロハジ at 2010年09月25日 14:05 | Comment(0) | 小ネタ

外為どっとコムに業務停止命令 10月は新規トレード不可

「外為どっとコム」はFX業界No.1と言っても過言ではないと思いますが、その外為どっとコムに対して業務停止命令・業務改善命令が出されました。停止期間は10月1日〜10月31日まで、決済注文と入出金は可能だそうです。

業務停止命令を受けることになった原因は7月13日、9月6日のバッドティックと、さらに9月15日にシステム障害を起こしたことを問題としたもの。9月15日のシステム障害の少し前、9月10日には業務改善命令が出ていたということも背景にあるようです。


この業務停止命令で10月いっぱいは新規のトレードができなくなってしまいますから、外為どっとコムの信用は相当落ちたことは間違いありません。さすがに1カ月丸々というのは結構大きな処分と言えます。

外為どっとコムというのはFX口座数・預かり資産において6年連続でNo.1となっているわけですが、最近はスプレッドをさらに縮小するなどのサービスの向上がみられていました。しかし使っている方の評判を見ていると、最近はあまり良くなく、しかも原因となった障害を起こしているなど「少し無理をしているのかな」と思ってしまうところがあります。

まぁFX業界も競争は厳しいですから、今までドル円スプレッド2銭だったものを1銭にしただけで相当な負担があったのでは、と推測できます。つまりはNo.1を維持するためにだいぶ体力を削ってきてしまっていたのかなと。


ですが、それでもまだ外為どっとコムはFX業界のトップを争うとは思います。今回の一連のことはシステムに関連することですから、1カ月の業務停止の間にシステムを完全に修正してしまえば、その後の不安はなくなります。今までは土日だけにしか修正できなかったので、そういったミスを修正しきれなかったのではないでしょうか。もちろん推測の域は出ません。

またこのブログでは外為どっとコムを「オススメのFX業者」としていますが、これは今回の事態で変えることはしないです。先ほども書きましたが、今回のことはシステム的なものでありますから、意図的に悪質な行為を行って処分を受けたのとはわけが違います。今ではシステムが安定している多くの業者も過去にはシステム障害に悩まされていたりしますから、今回は顧客の多さからこの判断だっただけで個人的には今回の処分は大きすぎると思っています。

ということなので、猿も木から落ちるというか、単に運がなくてシステムエラーが頻発しただけというか、とにかく10月いっぱいは外為どっとコムでの新規トレードは不可、10月以降の外為どっとコムの運営が気になるところです。


関連記事
今年の9.11のアノマリーは土曜日
適正リスクの最大を取る必要はない
裁量トレードと機械的トレードの違い
posted by ゼロハジ at 2010年09月18日 11:29 | Comment(0) | FX時事ネタ

円高82円台、日本政府は為替介入へ

昨日、9月14日には民主党の代表選挙があり、結果として日本の首相は変わらず管氏ということになりました。これを為替市場は「円高への対策が遅い管氏の再選」と見たようで、14日のドル円相場は失望感から円高方面へと動き、83円を切り82円台を付ける場面も出ていました。

そこで9月15日の今日、10時30分ごろから政府と日本銀行による為替介入を実施、急激に円安への動きを強めています。12時現在では相場は84.40程度まで回復してきており、この動きがどこまで続くかは見ておかなければいけないでしょう。介入は6年半ぶりだそうです。

15日のドル円の始値は83.20程度だったので、少なくとも100Pips以上の動きが発生しています。


今日はたまたまニュースを見ていたので、1時間40分というラグがありますが、ドル円に注意ということで速報的に記事を書いてみました。まぁもちろんきちんとニュースを見ている人には役に立たない記事だとは思いますが(笑)、とにかくドル円の動きにしばらく注意する必要があるでしょう。それと介入の規模、介入に対する海外の反応なども要チェックだと思います。


関連記事
今年の9.11のアノマリーは土曜日
裁量トレードと機械的トレードの違い
さらなる円高時代到来か 15年ぶり高値の可能性
posted by ゼロハジ at 2010年09月15日 12:17 | Comment(0) | FX時事ネタ

為替の中心 ロンドンで見たちょっとニュースな出来事のレビュー

今回レビューする書籍は「為替の中心 ロンドンで見たちょっとニュースな出来事(ユウ・キソン)」です。

これはどういう書籍かというと、為替のディーラーたちが取引をするディーリングルーム内の出来事を書き綴った書籍です。テクニカルなどの勉強にはさっぱり役に立ちませんが、我々のようなFX投資家の顧客取引は「セールス」と呼ばれる集団によってカバーされている、とかなんとか書かれていたりして、今まで全く知らなかった一面を見ることができたりします。

そういえば日銀の市場介入のすごさも書かれていました。1日で1兆2000億円も使われたとかいう話があったり、外為市場最大の影響力を誇るプレイヤーなんても書かれていました。しかも91年以降の10年で為替差益等で6兆円の利益を上げているなんて話も。

またストップ狩りについても書かれています。大口のトレードの情報を手に入れて、そのストップを僅かに超えるように相場を誘導、相場はすぐに元の水準に戻る、というまさにストップ狩りですね。他にも情報操作についても書かれていましたし、やはりこのFX業界というのは一般人が出入りするにはちょっと厳しいものがあるのかなと思ってしまいました。

気になったのは「Eトレーディング」、インターネットを使って注文を出せばトレーダーが必要なくて済む、顧客と銀行の直接取引が可能になればセールスも必要なくなる、ということだそうです。今はまだFX業者がその取り次ぎをしていますが、顧客と銀行とが取引するようになればFX業者が不正をしているなんていう疑惑もなくなるのかもしれないですね。


と、色々と面白いことが書いてある書籍ですが、誤字脱字が結構多いです。私が見つけただけでも2〜3あり、しかもそれがページのタイトルにもあったりするものですから驚きです。まぁ読むには関係ないと思いますが、気にはなるかもしれません。

トレードに役に立つ書籍ではないですが、「FXのトレードってこんな感じなのか」というのがなんとなく分かる書籍です。個人的にはかなり面白かったと思いますが、まぁ安さのせいもありますよね。これもブックオフで105円だったので買いましたが、これを定価の1260円で買うかと言われれば疑問です(笑)。


「為替の中心 ロンドンで見たちょっとニュースな出来事」の評価は90点です。かなり高いですが、これはトレードの役に立つという意味での評価ではなく、単純に面白いという意味での評価です。「読み物」としてはかなりいけてると思いますよ。もちろんFXをやっていなければその面白さは分からないと思いますが、FX投資家であれば「へぇ〜」と思う部分は何度か出てきます。FXの裏事情を読みたい方にはお勧めです。


関連記事
テクニカルの有効性は低い
ストックマーケットテクニック 基礎編のレビュー
ゼロハジのテクニカル分析 7月31日版
posted by ゼロハジ at 2010年09月14日 11:07 | Comment(0) | 投資書籍レビュー

今年の9.11のアノマリーは土曜日

今日は9月11日、正確には時差がありますが、今日はアメリカ同時多発テロがあった日となります。

このテロが起きたときにたまたまテレビを見ていたのですが、確か「アメリカのビルで大きな火災があった」とかいう一報で特に気にせずに寝たのを覚えています。そして朝起きたら実は大惨事だったと。


さて、この話題を取り上げるのは適切ではないとは思っていますが、このブログはFXブログである以上は為替に影響がありそうなことは取り上げなければいけません。

それで何の話かと言いますと、この9.11テロは年月を経ても為替市場に影響を与えているのではないか、という説がありました。まぁ私がこの説を確認したのは2008年でそれ以降は一切見ていないので、すでにこの説を書いているのは私だけだと思いますが、私が考えたものではないことははっきりさせておきます。


では実際にどのようなアノマリーかというと

9月11日(ニューヨーク時間で)になるとドルが売られる

というものです。


具体的な動きは

9月11日は同時多発テロ発生日
      ↓
事故により亡くなった人を思い出す
      ↓
悲しい気持ちになる
      ↓
投資において弱気になる
      ↓
アメリカで株が安くなる
      ↓
ドル安へ動く

ということらしいです。


これはメンタルが相場に影響するいい例なのかもしれないですね。まぁまだ確実にアノマリーとして成立するのかどうかはわからないですが、一人ひとりでは僅かなメンタルの動きであっても、全体で見ればそれが大きくなって相場に現れるということなのかもしれません。

と、去年もこの件についての記事を書きましたが、去年は9月11日にドル円が下落していました。つまりはドル安円高の動きですね。今年は9月11日が土曜日でトレードがないので動きは分かりませんが、この動きが来週の月曜日にでるなんてことはないでしょう。円高で苦しんでいる日本にとっては土曜日で良かったのかもしれないですね(笑)。


実際どうなんでしょうか。ブラックマンデーでも同じような動きがあるとか聞いたことがありますし、アノマリーがそれほど意味のないものでもないと思いますが、これからも要注意程度でしょうか。さすがにデータが少なすぎますから、来年もまた来年も様子を見ていきましょう。もちろんその前にブログの更新が終わらないようにしないといけませんか(笑)。


関連記事
テクニカルの有効性は低い
1万通貨取引で勝てないトレードは勝てない
さらなる円高時代到来か 15年ぶり高値の可能性
posted by ゼロハジ at 2010年09月11日 11:49 | Comment(0) | FX時事ネタ

8月のトレード結果

ずいぶんと間が開きましたが、8月(先月)のトレード結果をまとめたいと思います。まずはリアルトレードの結果、オリジナル版から行きましょう。

通貨ペア日付金額
ユーロドル8月2日2595
ドル円8月2日-3000
ドル円8月3日3000
ユーロドル8月3日-2576
ユーロドル8月4日-2563
ドル円8月4日-3000
ドル円8月5日-2993
ユーロドル8月5日2575
ドル円8月6日-3012
ドル円8月6日3000
ユーロドル8月6日2554
ユーロドル8月10日2577
ユーロドル8月10日2575
ドル円8月10日3007
ドル円8月10日-3000
ユーロドル8月11日2558
ドル円8月11日-3000
ドル円8月12日-3000
ドル円8月12日-3000
ユーロドル8月13日-2577
ユーロドル8月14日603
ドル円8月14日-1100
ユーロドル8月16日-2574
ドル円8月16日3000
ユーロドル8月17日2557
ユーロドル8月18日-2562
ドル円8月19日-3010
ユーロドル8月19日2571
ドル円8月19日3000
ユーロドル8月19日-2549
ユーロドル8月20日2476
ドル円8月21日-1100
ドル円8月24日2990
ユーロドル8月24日-2548
ドル円8月24日3000
ユーロドル8月25日-2521
ユーロドル8月25日2536
ドル円8月25日-3000
ユーロドル8月26日2541
ドル円8月27日3000
ユーロドル8月28日-2562
ドル円8月30日-3000
ユーロドル8月30日2540
ドル円8月31日3000
ドル円8月31日-3000
ユーロドル8月31日2531
-3461円


マイナスという結果でした。ドル円は4敗、ユーロドルは4勝。ということでPips的にはほとんど差がないですが、通貨ペアの金額の差でこのような差がつきました。また調整による細かな勝ち負けも原因でしょう。

なぜ8月は勝っていないのかというと、やはり円高をめぐる攻防があったからではないかと思います。市場が円の動きについて敏感になっているために、ファンダメンタルへの動きが強く表れ、結果としてテクニカルの効果が薄まったものだと思います。この動きは9月も明らかに続いていますので、おそらく9月も負け越すだろうと予想しています

またやはり円高に関係なくドル円のトレードの有効性が低いことも感じました。ユーロドルは比較的安定的に勝っているのに対しドル円は毎月のように負けてます。この辺りを改善できないとドル円を切ってユーロドルだけのトレードに切り替える可能性もでてきます。一応1月からのトータルではドル円も勝ってはいるようですが、ユーロドルほどの有効性は見えません。


ということで改善しているのがこちらの検証データです。

Pips日付
-208月2日
208月3日
-208月4日
208月4日
-208月6日
-208月6日
208月6日
208月10日
-208月10日
-208月11日
-208月12日
-208月14日
208月16日
-208月19日
208月19日
208月19日
-208月21日
208月23日
208月24日
-208月25日
208月27日
-208月30日
208月30日
-208月31日
-60


これはドル円のリミットとストップを20にしたものの結果です。現在のリアルトレードではドル円のリミットとストップは30なわけですが、これだとうまく動きに乗れていない、動きが終わってもまだポジションが残っているなどがあるために有効性が下がっているのかもと思います。ですからドル円に限りリミットストップの幅を狭めることで有効性は高まらないのかなという実験です。

まぁ8月は1勝分だけこちらの方が良い結果ですが、まだまだ分からないですね。この程度の結果が続くのであれば最適化は失敗と判断すると思います。勝率にして3%以上は改善されたいところです。


と、まぁこんな感じで8月は終わりでした。9月も負け越すと思いますが、できれば8月と同じ程度の負けで抑えておいてほしいところです。あまり負けると持ち直すのに時間がかかりますからね。まぁ円高対策もすでにされたので、ファンダメンタルな動きにイチイチ反応することも少なくなってくれるかもしれないです。そうなればまだ勝機はあるのかも? 期待はしないでおきましょう(笑)。


関連記事
テクニカルの有効性は低い
7月のトレード結果
さらなる円高時代到来か 15年ぶり高値の可能性
posted by ゼロハジ at 2010年09月09日 16:34 | Comment(2) | 管理人のトレード記録

更新再開と更新頻度低下のお知らせ

はい、今日より更新再開したいと思います。

休んでいる間に口座情報も最新のものに更新しましたし、体調もすでに完全回復しています(笑)。後はこの暑さがどうにかなればいいんですが・・・

さて、更新が止まったのは8月11日からで、ほぼ丸1カ月休んでいたわけですが、申し訳ないですがこれからの更新のペースを落とさせてもらいたいと思います。今までは1日1記事がペースでしたが、これからは3〜7日に1回程度の更新になります。かなり更新頻度が落ちます。


更新頻度を落とす理由はいくつかあります。最近の暑さも原因です。9月に入ってもまだ暑いままですし、そのせいでPCの起動は30分〜1時間が限界、それ以上の起動になるとPCに触れられなくなるほど熱を持ってしまうので、PCをいちいち休ませる必要があり、この暑さが落ち着くまではブログを1記事更新するだけでもかなりの時間がかかってしまいます。

またずいぶん前からやりたかったことがありまして、それのために時間を割こうという意図もあります。今までは「FX」というのが自分の最大の関心事だったわけですが、最近は投資やFXの書籍を読んでも特に得ることもなく、また運用もそこそこの結果となっていますので、FXに対する興味や情熱というものが結構減ってきています。しかも他にやりたいことがあるのですから、まずはそのやりたいことに挑戦してみて、それからブログの更新という感じなのかなと思っています。

実際のところ、現状ではその「やりたいこと」がどの程度時間を使うのかもわからないので、これからこのブログがどうなるのかも見えないのですが、まずは更新頻度を落として更新していってみて様子を見たいと思います。

当たり前ですが、別にブログをやめたいわけではないです。ただ自分にとってこのブログの更新は明らかに時間を使いすぎなので、少し更新しない時間の使い道を考えてみたいのです。ちなみにですが、8月11日以降更新を休んでいる間も、FX口座の情報の更新のために毎日3時間程度は使っていました。つまり別に休んでいたわけでもなかったりするわけです(笑)。


ということですので、ブログの更新頻度は大きく落ちます。休んでいる間にネタも結構溜まったので、書きたい記事は結構あるんですけど、この暑さのせいで記事を書く気が全くしません(笑)。まぁそれなりに続けていきたいと思います。当然ですが「更新しなくなったと思ったらブログが終わってた」なんてことは絶対ないのでその点は安心してください。これから更新頻度は落ちてしまいますが、たまにでいいので読んでくれると幸いです。これからもよろしくお願いします
posted by ゼロハジ at 2010年09月04日 12:05 | Comment(4) | 小ネタ