FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

2011年にレバレッジが規制され25倍になる話

レバレッジ400倍や600倍など非常に高いレバレッジを見ることも珍しくなくなってきた最近ですが、そんなレバレッジ競争にも終止符が打たれることとなってしまいました。

2009年(平成21年)8月1日に公布されました「内閣府令」により、レバレッジの限界は2010年8月からは50倍規制、2011年8月からは25倍規制とされることが決定されたのです。

これにより多くのFX投資家が影響されるわけですが、そもそもなぜレバレッジが規制されなければならないのか? また規制により今後のFX業界にどのような影響が出てくるのか。今回はそういったまじめな話をしていきたいと思います。



・レバレッジの拡大

レバレッジを何百倍とかけることもできるようになっているという話をしましたが、これはそもそもFX業界の口座開設競争による結果なのです。各FX会社はできるだけ多くの口座を開設を狙い様々なサービスを提供してきたわけですが、そのなかにはスプレッドの低さや、手数料の安さ、取扱通貨ペアの数などもあり、一要素としてレバレッジの高さもあったわけです。

レバレッジが高いとより多くのリターンを狙うことができるためハイリスクハイリターンな投資をすることができます。そういったハイリスクハイリターンな投資をしたい方にとってはできるだけ高いレバレッジの口座を選ぶ必要があり、そういった要求のなかでレバレッジが高くなっていったという背景があります。

またレバレッジが高ければそれだけ低い証拠金で取引が可能になるため、「○○円から取引が可能」といった広告効果も期待できるのです。たとえばレバレッジ100倍の場合は取引を始めるのに「1万円から」となりますが、200倍ならば「5000円から」となりますので、レバレッジを高く設定しておいた方がお得感が強くなり、口座開設の可能性が大きくなるわけです。

しかも高いレバレッジはFX会社の利益にもなります。取引証拠金が低ければそれだけ多くの取引をすることが可能になり、結果として全体の取引量が増えます。FX会社の主な収入源は取引に発生するスプレッドですから、レバレッジを高く設定し取引量を増やせばFX会社の懐が潤うわけです。

こういった投資家のハイリターンを狙う姿勢やFX会社の都合などによりレバレッジはどんどんと高くなっていったのです。



・なぜレバレッジを規制?

なぜレバレッジが拡大していったのかは分かってもらえたと思いますが、ここで一つ疑問がわきます。

レバレッジの拡大は投資家にとっても望ましく、しかもFX会社の利益になるのになぜ規制されなければいけないのか? ということです。

これは与謝野財務大臣がコメントしていますので以下引用(引用元:与謝野財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策)記者会見概要:金融庁

外国為替証拠金取引の証拠金率の問題は、何百倍という世界は、常に追い証が発生する世界になるということが1つ。それから外国為替を買った人が小さい証拠金でそれほど大きな為替取引をしているという自覚が発生していないという場合があるわけです。 〜中略〜 追い証の発生率とかそういうものをなるべく低くとっておいた方が投資家のためだと思っています。


引用終わり

つまりは主に追証の問題がメインとなっているわけです。


追証というのは証拠金以上の損失が発生し追加証拠金が必要になることですが、レバレッジの拡大に伴い致命的な追証が発生するケースも出てくるのです。

たとえば証拠金100万円レバレッジ400倍で限界までポジションを持った場合、1ドル100円とすると400万通貨単位まで持つことができます。ドル/円で400万通貨単位持つと1Pipsの変動で4万円動きますので、25Pipsほどマイナスに動くだけで資金が0になります。これだけならばまだいい方ですが、強制ロスカットの発動が15分ごとなどの場合には大変なことになります。

15分の間はどんな値動きをしても強制ロスカットが発動しませんので(口座によります)、大きくマイナスが拡大する可能性もあります。ドル/円ならば15分で100Pipsぐらい動くこともあるでしょう。そういった場合マイナス方向への変動であればいきなり300万円の追証です。

この例はちょっと大げさかもしれませんが、小さい額の追証なら日常茶飯事に起こっているのです。それではさすがに問題がありますので、今回の規制となったわけです。



・なぜ25倍?

2年後には25倍まで規制されてしまいますが、なぜ25倍なのかはよくわかっていません。当初の予想では「25倍に規制する」と言っておいて、「反対が多いから50倍までにします」というのが自然な流れだと思っていたのですが、本当に25倍規制を実行してきてかなり驚きました。

FX投資家のほとんども「25倍規制はやりすぎ」という意見ですし、そこまで規制しなくても投資家の保護は達成できるはずです。

何百倍というレバレッジは確かに問題があるかもしれません。しかしすべて25倍まで規制してしまうと、いままでに利用できた投資方法が使えなくなる可能性もありますし、通常の取引のリターンも激減してしまいます。いままでまじめに取引をしてきた方が損をするような規制になってしまっていますので、これでは新たな問題が発生してしまうでしょう。

個人的にも今回の25倍規制はやりすぎだと思っています。一部のリスクを考えない投資家のために、多くの健全な投資家が犠牲になってしまうわけですからね。



・FX業界の対応

規制が決まったことによりFX業界は規制に合わせて変わっていかなければなりませんが、多くのFX会社ではすでに規制に素直に従うと表明していますので、そのあたりで問題が起こることはないと思います。

問題なのは規制をすることにより発生する利益の減少です。

先ほども書きましたが、FX会社はスプレッドによる利益を主に運営を行っています。レバレッジが規制されれば取引量の減少は間違いなく、それによりスプレッドによる利益の減少が見込まれます。

そうなればFX会社の運営に問題が出てくる可能性は否定できません。あくまでも個人的な予想ですが、2年後の25倍規制に向けてFX業者は減っていき、最終的には3割以上の業者がFXから撤退すると予想しています。

しかし、FX会社もただ何もしないわけではないようです。現在噂されているのが「規制までの間に儲けられるだけ儲けようとしているのではないか」ということです。どういうことかと言いますと、現在はまだレバレッジの規制は始まっていないため、通常の取引が可能です。この通常の取引ができる間にキャンペーンなどで取引量を増やして利益を手にいれ、規制の開始前にがっぽりと稼いでおこうとするのではないかということです。つまりは駆け込みで取引量を増やそうとするようです。



規制の抜け道?

※実質レバレッジも規制の対象になっていますのでこの方法は使えないことがのちに判明しました。削除はしませんが間違っているということは理解してお読みください。

また裏技的な方法として「ロスカットまでの証拠金維持率を下げる」というものも噂されています。

これは現在30〜100%の間で設定されているロスカットまでの証拠金水準を1%まで下げることにより、取引量の減少を防ごうとする手段のようです。

現在のロスカット基準では「取引に必要な証拠金」のほかに「ロスカットまでの余分な資金」が望まれましたが、ロスカット水準を下げることにより「取引に必要な証拠金」だけで証拠金の維持をさせます。

私は現在ロスカット水準が100%の口座を使用しています。つまり10万円で4万円分の取引をしたのならば6万円のマイナスが出た時点でロスカットとなります。しかしこれが1%まで引き下げられると、99600円までロスカットに耐えられるようになりますので、取引と維持に必要な金額は100%の時の10万円と1%の時の6万円はほぼ同じ効果となります。

これによりいままで証拠金の維持のために入金しておいた分をも取引に回すことができるため、取引量の減少を食い止めるのではないかとされています。隠し玉と言いますか規制の穴を利用した抜け道的な方法です。結局のところこの方法でもリスクが高まりますので、さらなる規制の対象になる可能性もあります。



・総論

レバレッジ規制により投資家の保護という目的は果たされるとは思いますが、それによりFXの人気が減少することは間違いありません。今回の規制がFX全体にとってプラスになるのかマイナスになるのかは分かりませんが、少なくとも私にとっては大きなマイナスでした。

25倍以下に下げられる可能性はまずないと思いますので、FX投資家の皆さんは2年後の25倍規制に向けて準備をしておきましょう。


関連記事
少額からでも始められるレバレッジ制度
大儲けを狙わない
主要FX口座比較一覧
posted by ゼロハジ at 2009年08月31日 19:08 | Comment(0) | FX時事ネタ

誰がお好み? FX業界のイメージガール比較

FX業者によっては美しいお姉さんたちをイメージガールとして認定し、企業のイメージアップや認知度の向上を図ろうと努力しているわけですが、さてそのイメージガールはどこの業者がいちばん美しいのでしょうか?

美しさには好みがあると思いますので、わざわざ一位を決めるなんて野暮なことはしません(笑)。自分で「この子がいいなぁ」なんて思いながらFX取引に励んでください。


さて、まずはくりっく365の「八田亜矢子(はった あやこ)」さんです。

八田亜矢子のオフィシャルブログ『はったあやこSTYLE』

現役東大生のようですが、2年ほど留年しているらしいですね(笑)。テレビにはかなり出演されてますから、一度くらいは顔を見たことがあると思いますよ。個人的にはかなり好みです(笑)、こういう女性と付き合ってみたいものです(笑)。


次は外為オンラインの「西山茉希(にしやま まき)」さんです。

西山茉希オフィシャルサイト

外為オンラインのイメージキャラクターとしての認知度はかなり高いと思います。非常に美しい容姿ですし、これまた管理人の好みです(笑)。格闘技の番組などに出演されているのをよく見かけますが、女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルだそうです。


FXプライムには「長谷川京子(はせがわ きょうこ)」さんが起用されています。

LesPros: Artists: 長谷川 京子

最近はあまり見かけなくなってしまいましたが、しっとりとした美しさは健在ですね。大人な雰囲気がFXのイメージアップにつながると考えての起用かもしれません。FXプライムのCMにも出演されています。


結構探してみたのですが、イメージガールは3人以外は見つかりませんでした。細かいところでいえばもっと多くの方がいたのですが、1コンテンツに参加しているだけの方がほとんどでしたので、今回はイメージガールとして定着した3人に限定しました。


ちなみに男性はというと、サイバーエージェントFXの魔裟斗さんが有名かもしれません。広告などで見ることも少なくないと思います。


今回はこれで終了ですが、これからイメージガールが追加・変更などがありましたら、イメージガール比較第2弾もあるかもしれません。次回にはもっと多くのイメージガールたちを紹介できると嬉しいです。


関連記事
FXだけで生活はできるのか?
オススメのFX口座
余剰資金を使って投資する
posted by ゼロハジ at 2009年08月29日 16:06 | Comment(0) | 小ネタ

大証FXとは?

最近話題になってきました「大証FX」。実際のところ分かっていない方も多いと思います。かという私もほとんど知りません。記事を書くにあたってこれから調べていこうというところです。ということで今回は「大証FX」の話。


さてまず最初に言わなければいけないのが「大証FX」は取引所取引だということです。取引所取引というのは「くりっく365」と同じで公的な取引所で行われる取引のことで、「くりっく365」は東京金融取引所、「大証FX」は大阪証券取引所(大証)が取引所となります。

「くりっく365」をご存知の方なら分かると思いますが、取引所取引にはいくつかのメリットがあります。それは「大証FX」も同じです。


「くりっく365」の特徴といえば

・申告分離課税により一律20%の税率
・資金は取引所へ全額預託され完全保証
・損失を3年間繰り越せる(申告必須)

といったものがありますが、これは「大証FX」でも全く同じです。


しかし、レバレッジ・取扱通貨ペアなどは異なります。2009年8月現在「くりっく365」のレバレッジは最大100倍、取扱通貨ペア数は23通貨ペアですが、「大証FX」のレバレッジは約30倍、取扱通貨ペア数は9つと結構な違いがあります。

「くりっく365」も始まった当初は同じようなものでしたから、これから「大証FX」も同じぐらいの水準までは引き上げてくるとは思います。


さてここで疑問がわきます。「同じ取引所取引ならどっちでも変わらないのでは」と思いませんか?

実は「大証FX」と「くりっく365」にはちょっとした違いがあります。「くりっく365」の場合は通常のFX口座と同じような取引なのですが、「大証FX」はオークション方式とマーケットメイカー方式を融合させた新たな取引方法を使用しています。

一見複雑なようにも見えますがいままでの取引とそれほど変わりはなく、買いと売りの差がないためスプレッド0での取引も不可能ではないとだけ言っておきます。というか私の理解力ではそれ以上分かりません(笑)。


2009年7月21日に始まったばかりの「大証FX」ですが、これからどのような変化を遂げていくのでしょうか。一投資家として気になるところではあります。


関連記事
くりっく365とは?
インヴァスト証券「大証FX」の評価・評判
オススメのFX口座
posted by ゼロハジ at 2009年08月28日 14:11 | Comment(0) | FX口座の選び方

管理人のトレード記録(早くも終了)

まさにタイトルの通りです(笑)。あの後負けに負け続けてついに資金が0に・・・

なんてひどいことにはなっていませんが(笑)、かといって良い状態でもないです。


2月以降の取引で徐々に負けが込んできまして、だいたい1万5千円くらいまで資金が減ってしまいましたが、たまたま予想外に勝ってしまったことがあり、どうにか6万円まで戻したしだいです。

最後の取引が5月ぐらいで、現在8月ぐらいですからこの方法では3ヶ月ぐらいの間取引がないことになります。これで毎月トレード記録を更新しろと言われても無理な話なわけです。書くことが何もないですからね(笑)。

ということで今回を持ちまして「管理人のトレード記録」については終了させていただくこととしました。あくまでも今のところ書くことがないと言うだけなので、今後別な方法での取引方法で新しく更新を始めることなどはあるかもしれません。


それと、現在の取引方法(つまり管理人のトレード記録で使っていた方法)を公開するつもりでいましたが、いまだうまくまとまっていないこともあり、公開を取りやめることとしました。多少は有効な投資法だと思っていたのですけど、このままではとてもじゃないですが実戦では利用できません。しばらくは検証を続けていますので、もしかしたら「トレード手法」カテゴリの方で公開するかもしれません。意外にもこのカテゴリは人気なんですよ。


「管理人のトレード記録」を楽しみにしていてくれた方がいるとは思えませんが(笑)、急な終了となってしまったことをお詫びさせていただきたいと思います。


関連記事
管理人のトレード記録(9月)
経済指標の発表に合わせたスキャルピング
取引記録を付けておく
posted by ゼロハジ at 2009年08月27日 16:38 | Comment(0) | 管理人のトレード記録

各国主要通貨政策金利推移一覧

タイトルがすべて漢字になってしまったのが気になりますが(笑)、ここでは各国の通貨に設定されている政策金利の推移を一覧にして表示してます。こういったデータがあった方が意外と役に立ったりするものですからね。

私は面倒臭がりなのでおそらくデータの更新は非常に遅くなります。ですから政策金利の現在値を知るための役には立たないと思います。過去の政策金利のデータを知るためのページだと思ってください。また結構古いデータもひっぱり出してきていますので、多少の間違いは勘弁してください。

円、ドル、ユーロ、ポンド、カナダドル、豪ドル、NZドル、スイスフラン、南アフリカランドの通貨についてのデータとなります。


09年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
7月0.100.251.000.500.253.002.500.257.50
6月0.100.251.000.500.253.002.500.257.50
5月0.100.251.000.500.253.002.500.257.50
4月0.100.251.250.500.253.002.500.258.50
3月0.100.251.500.500.503.253.000.259.50
2月0.100.252.001.001.003.253.500.5010.50
1月0.100.252.001.501.004.253.500.5011.50
08年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
12月0.100.252.502.001.504.255.000.5011.50
11月0.301.003.253.002.255.256.501.0012.00
10月0.301.003.754.502.256.006.502.5012.00
9月0.502.004.255.003.007.007.502.7512.00
8月0.502.004.255.003.007.258.002.7512.00
7月0.502.004.255.003.007.258.002.7512.00
6月0.502.004.005.003.007.258.252.7512.00
5月0.502.004.005.003.007.258.252.7511.50
4月0.502.004.005.003.007.258.252.7511.50
3月0.502.254.005.253.507.258.252.7511.00
2月0.503.004.005.254.007.008.252.7511.00
1月0.503.004.005.504.006.758.252.7511.00
07年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
12月0.504.254.005.504.256.758.252.7511.00
11月0.504.504.005.754.506.758.252.7510.50
10月0.504.504.005.754.506.508.252.7510.50
9月0.504.754.005.754.506.508.252.7510.00
8月0.505.254.005.754.506.508.252.5010.00
7月0.505.254.005.754.506.258.252.509.50
6月0.505.254.005.504.256.258.002.509.50
5月0.505.253.755.504.256.257.752.259.00
4月0.505.253.755.254.256.257.752.259.00
3月0.505.253.755.254.256.257.502.259.00
2月0.505.253.505.254.256.257.252.009.00
1月0.255.253.505.254.256.257.252.009.00
06年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
12月0.255.253.505.004.256.257.252.009.00
11月0.255.253.255.004.256.257.251.757.50
10月0.255.253.254.754.256.007.251.757.50
9月0.255.253.004.754.256.007.251.758.00
8月0.255.253.004.754.256.007.251.508.00
7月0.255.252.754.504.255.757.251.507.50
6月0.005.252.754.504.255.757.251.507.50
5月0.005.002.504.504.255.757.251.257.00
4月0.004.752.504.504.005.507.251.257.00
3月0.004.752.504.503.755.507.251.257.00
2月0.004.502.254.503.505.507.251.007.00
1月0.004.252.254.503.505.507.251.007.00
05年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
12月0.004.252.254.503.255.507.251.007.00
11月0.004.002.004.503.005.507.000.757.00
10月0.003,752.004.503.005.507.000.757.00
9月0.003.752.004.502.755.506.750.757.00
8月0.003.502.004.502.505.506.750.757.00
7月0.003.252.004.752.505.506.750.757.00
6月0.003.002.004.752.505.506.750.757.00
5月0.003.002.004.752.505.506.750.757.00
4月0.002.752.004.752.505.506.750.757.00
3月0.002.752.004.752.505.506.750.757.50
2月0.002.502.004.752.505.256.500.757.50
1月0.002.252.004.752.505.256.500.757.50
04年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
12月0.002.252.004.752.505.256.500.757.50
11月0.002.002.004.752.505.256.500.757.50
10月0.001.752.004.752.505.256.500.757.50
9月0.001.752.004.752.255.256.250.757.50
8月0.001.502.004.752.005.256.000.507.50
7月0.001.252.004.502.005.256.000.508.00
6月0.001.252.004.502.005.255.750.508.00
5月0.001.002.004.252.005.255.500.258.00
4月0.001.002.004.002.005.255.500.258.00
3月0.001.002.004.002.255.255.250.258.00
2月0.001.002.004.002.505.255.250.258.00
1月0.001.002.003.752.505.255.250.258.00
03年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
12月0.001.002.003.752.755.255.000.258.00
11月0.001.002.003.752.755.005.000.258.50
10月0.001.002.003.502.754.755.000.258.50
9月0.001.002.003.502.754.755.000.2510.00
8月0.001.002.003.503.004.755.000.2511.00
7月0.001.002.003.503.004.755.000.2512.00
6月0.001.002.003.753.254.755.250.2512.00
5月0.001.252.503.753.254.755.500.2513.50
4月0.001.252.503.753.254.755.500.2513.50
3月0.001.252.503.753.004.755.750.2513.50
2月0.001.252.753.752.754.755.750.7513.50
1月0.001.252.754.002.754.755.750.7513.50
02年ドルユーロポンドカナダ豪ドルNZフランランド
12月0.001.252.754.002.754.755.750.7513.50
11月0.001.253.254.002.754.755.750.7513.50
10月0.001.753.254.002.754.755.750.7513.50
9月0.001.753.254.002.754.755.750.7513.50
8月0.001.753.254.002.754.755.750.7512.50
7月0.001.753.254.002.754.755.750.7512.50
6月0.001.753.254.002.504.755.501.2512.50
5月0.001.753.254.002.254.505.501.2511.50
4月0.001.753.254.002.254.255.251.7511.50
3月0.001.753.254.002.004.255.501.7511.50
2月0.001.753.254.002.004.254.751.7510.50
1月0.001.753.254.002.004.254.751.7510.50



関連記事
主要FX口座比較一覧
アメリカ経済指標発表時期(スケジュール)・重要度一覧
スワップトレードは本当に安全?
posted by ゼロハジ at 2009年08月27日 15:02 | Comment(0) | FX関連データ

今後の政策金利の変動(09年8月)

さて、2009年8月現在の政策金利の状況はといえば、主な通貨については5月以降全く変動がなく、政策金利だけについて言えば非常に静かな状態が続いていると言えます。通常であれば1か月に1回ぐらいの頻度で主要国の政策金利が変動するのが普通ですから、現在の状態はかなり変動が少ない方です。

こういった静かな状況が起こったのには理由があり、それはもちろん「リーマンブラザーズの破綻」ですね。


皆さんもご存知の通りリーマンブラザースの破綻により、各国の経済情勢は壊滅的な打撃を受けました。これに対応する策として急激に政策金利を下げ、ダメージを少なくしようとしたわけです。去年の10月(リーマンブラザーズ破綻翌月)から政策金利は下がる一方で、結果としてその国のほぼ最低基準の政策金利まで引き下げられてしまったのです。

そのためこれ以上経済状況が悪くなっても金利を下げられなくなり、かといって金利を上げられるほどの余裕もなかったために実に3か月の間も変動がなく続いてきたのです。


しかし問題はいつまで政策金利の変動がない状態が続くのかということです。政策金利の変動は相場にとって大きな転換点となる可能性がありますので、投資家にとっては気になるところでしょう。

特にスワップ投資を行っている方にとっては非常に気になるところでしょう。政策金利の急落でリスクはそのままにリターンだけが減ってしまったのですからね。これからどうなっていくのか気にならないはずがありません。

これはあくまでも予想に過ぎませんが、早ければ今年の9月、遅くても11月から政策金利を上げ始めるのではないかと私は見ています。


理由はいくつかありますが、「すでに景気の悪化は底を打った」というのが一般的な意見となってきていますし、「そろそろドルの金利が上がるのではないか」といった噂も出始めています。今年1月の大方の予想は「9月から景気が持ち直す」というものでしたし、景気回復=金利アップとは必ずしも言えませんが、なかなか自然な流れだとは思います。


「リーマンブラザーズの破綻は100年に一度の経済危機」と言われるほどの大きなニュースではあったわけですが、いつまでも経済が悪化し続けるわけではないはずです。そろそろ景気が回復し始めて政策金利が上昇し始めてもおかしくはないのではないでしょうか。


関連記事
アメリカ経済指標発表時期(スケジュール)・重要度一覧
スワップトレードは本当に安全?
リスクコントロールを知る
posted by ゼロハジ at 2009年08月25日 15:36 | Comment(0) | 今後の相場観