FXとは?
1.FX(外国為替証拠金取引)とは?
2.そもそも外国為替とは?
3.株式とは違い24時間取引可能
4.少額から始められるレバレッジ
5.通貨ペアとは?
6.通貨の金利差「スワップポイント」

FXの基礎知識
1.取引の際にはスプレッドに注意
2.レートの最小単位Pips(ピップス)
3.リスクコントロールを知る
4.マージンコールと強制ロスカット
5.ロスカット(損切り)は超重要
6.相場を分析する2つの方法
7.いろいろな注文方法の解説
8.自分に合った投資期間選び
9.余剰資金を使って投資する
10.FXでの税金知識



←サイドバーに中級者向け記事
チャートの見方(テクニカル分析)
1.チャートからトレンドを読む
2.基本中の基本「ローソク足」
3.値動きを平均化「移動平均線」
4.トレンドを把握「トレンドライン」
5.「RSI」で加熱度のチェック
6.「MACD」で売買タイミングを計る

情報活用(ファンダメンタル分析)
1.ニュースや政策から相場を読む
2.経済指標の発表をチェック
3.要人の発言によって・・・
4.災害が起きると・・・
5.為替を動かす情報とは?
6.情報はどこから入手?

まずはデモトレードに挑戦
1.実戦の前にまずはデモトレード
2.チャートの見方を練習
3.注文の仕方・数値の見方を確認
4.取引システムは使いやすい?
5.勝てるまで口座は開かない
6.オススメのデモトレード口座
FX口座の選び方
1.FX口座を選ぶ際のポイント
2.くりっく365とは?
3.信託保全について
4.開設に必要な初回入金額
5.口座開設手続きの概要
6.オススメのFX口座

FX実践体験記
1.見方をチェック(1日目)
2.相場上昇でもプラス0(2日目)
3.安値買いで相場上昇(3日目)
4.負けて負けて また負けて(4日目)
5.予想外な結末(最終日)

FXで勝つためのポイント
1.自分の投資スタイルを確立する
2.トレンドに乗るのが基本
3.ナンピンと塩漬けは厳禁
4.取引記録を付けておく
5.ロスカットはしっかりと
6.ポジションを持たないという選択肢
7.大儲けを狙わない

2017年グリーンジャンボ宝くじの期待値計算

はい、前回の更新は11月だったでしょうか。実に3ヶ月ぶりの更新となります。

このサイトもFXに触れることがなくなってから長くなりますが、どんな形であれ更新をやめないのは見ている方が多いからです。FXに関連しない更新のみになっても毎日60名以上の方が見ているようなので、さすがに放置するわけにもいかないのです。今後もこのような形ではありますが更新したいと思います。

さて、今回は「グリーンジャンボ宝くじ」の期待値計算となります。

発売されるのは通常の「グリーンジャンボ宝くじ」と「グリーンジャンボミニ5000万」の2種類。どちらのくじにも「春のめぐみ賞」が設定されているのが特徴、と言っても実際は3等か4等辺りが名前を変えた程度のものなのでしょうが、なんとなく違う感があるのも事実ではあります。



実際の計算に移ります。まずは「グリーンジャンボ宝くじ(第713回全国自治宝くじ)」から計算していきましょう。

(3億×1)+(1億×2)+(10万×99)+(2000万×3)+(10万×1000)+(3000×10万)+(300×100万)+(1万×2万)

=3億+2億+990万+6000万+1億+3億+3億+2億

=14億6990万

14億6990万÷30億=0.4899666・・・

0.489966×100=48.9966%


期待値は48.9966%という結果に。いたって普通ですね。最近の期待値は高いのが普通ですから、47%台が一般的だった頃に比べれば高くなっています。「春のめぐみ賞」があることでのマイナスも生まれていないようですね。



次は「グリーンジャンボミニ5000万(第714回全国自治宝くじ)」の計算をしましょう。

(5000万×10)+(500万×20)+(50万×200)+(3000×10万)+(300×100万)+(5万×3000)

=5億+1億+1億+3億+3億+1億5000万

=14億5000万

14億5000万÷30億=0.483333・・・

0.4833×100=48.33%

期待値は48.33%となりました。単なる「グリーンジャンボ」よりも少しだけ期待値が低いですが、そこまで大きくは違わないものと思って良いでしょう。こちらも「春のめぐみ賞」がありますが、同じく影響らしい影響は受けていないようです。



と、宝くじの期待値の計算をしてみましたが、記事の構成とか書き方とかをすっかり忘れてきてしまいました。もしもいつもの書き方ではなかったとしても、それは単に時間が経って書き方スタイルが変わってしまっただけであり、別人が書いているわけではないのであしからず(笑)
posted by ゼロハジ at 2017年02月26日 10:16 | Comment(0) | 宝くじ

2016年年末ジャンボの期待値計算

はい、久しぶりに更新となります。

もはや毎年のこととなりましたが秋の花粉症に悩まされています。少し窓を開けただけで鼻水が止まらず、息苦しさすら感じるほど。9月から12月まで続くんですがこれって普通なんでしょうか? 今年は特に酷いので毎日のように花粉症の薬を飲んでます(苦笑)


さて、今回は年末ジャンボ宝くじの期待値の計算となります。

今回発売される年末ジャンボの特徴は「ミニ」と「プチ」の存在でしょう。通常の「年末ジャンボ宝くじ」は1等が7億円、前後賞合わせて10億円の高額当せんの可能性があるものとなっていて、「年末ジャンボミニ」は一等が1億円、1ユニット当たり7本の当せんが用意されています。「年末ジャンボプチ」は今回が初登場、1等1000万円が1ユニット当たり100本となっています。これまでの「ミニ」が「プチ」になり、その中間が「ミニ」になったイメージでしょうか。


では早速、期待値を計算していきたいと思います。

まずは「年末ジャンボ宝くじ(第704回全国自治宝くじ)」から計算します。

(7億×1)+(1億5000万×2)+(50万×199)+(1500万×20)+(100万×200)+(1万×2万)×(3000×20万)+(300×200万)

=7億+3億+9950万+3億+2億+2億+6億+6億

=29億9950万

29億9950万÷60億=0.49991666・・・

0.4999×100=49.99

期待値は49.99%となりました。宝くじの最高の期待値が50%なので、今回の期待値はほぼ最高値と考えて問題ないと思います。意外なことに1ユニットが通常の1000万枚ではなく2000万枚とのことなので計算がしにくかったですが、期待値や確率は大きくは変わっていないようです。


次は「年末ジャンボミニ1億円(第705回全国自治宝くじ) 」の計算です。

(1億×7)+(100万×200)+(3000×10万)×(300×100万)

=7億+2億+3億+3億

=15億

15億÷30億=0.5

0.5×100=50

期待値は50%です。先ほど書いたように宝くじの最高値となりました。前後賞がないために限界ピッタリまで出たのでしょう。ちなみに1等は1ユニット7本しかなく、ミニになっているわりには当たりづらいです。その分だけ2等100万にウェイトが置かれているのでしょうか。


最後は「年末ジャンボプチ1000万(第706回全国自治宝くじ)」の計算となります。

(1000万×100)+(1万×2万)+(300×100万)

=10億+2億+3億

=15億

15億÷30億=0.5

0.5×100=50

ということでこちらも期待値は50%でした。わずか3等までという極めてショートスタイルな宝くじのようですが、その分だけ1等に大きく比率が割かれているため、「余計な当たりが少ないほうがいい」という要望に答えた配分だと思います。



今年1年もあと1ヶ月で終わりですが、このブログもどうにか放置されることなく1年を終わることになりそうです。おそらく今年はもう更新しないでしょうから、一ヶ月早いですが年末の挨拶をしておきます。

本年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
posted by ゼロハジ at 2016年11月29日 03:25 | Comment(0) | 宝くじ

2016年オータムジャンボの期待値計算

ずいぶん久々の更新となる気がしていたものの前回更新はサマージャンボのときですから、それほど離れてはいなかったようで少し驚いています。

私が宝くじを買い始めたのはいつだったか。FXを始めた後だったとは思いますが、このような形で宝くじと関わっていくとは想像もしていませんでした。

すでにこういった期待値の記事の需要のほどは分かりませんが、生存報告というかこのブログがまだ生きていることの証明として更新しておこうかなと思いました。


というわけで今回も期待値の計算となります。

今回計算するのは「オータムジャンボ宝くじ」です。

ミニ系の同時発売はなく、ジャンボ単体の発売となっています。今回は特徴はあまりなく、賞金額は過去最高でもないようですし、その他にハガキによる応募で限定アイテムがもらえるぐらいでしょうか。別段魅力的な何かは感じません。オーソドックスなジャンボ宝くじと言えそうです。

あえて言うなら4等までしかないことでしょうか。通常だと6等が300円だったと思うので、4等までなのは特殊ですね。中間の当せんがごっそりとなくなって、2等1000万円が10本と多くなっています。ミニとの融合でしょうか?



では期待値の計算に行きます。

前回まで計算を枠で囲んでいましたが、多少の問題があったため今回から枠なしに戻ります。



「オータムジャンボ宝くじ(新市町村振興 第700回全国自治宝くじ) 」の期待値計算

(3億×1)+(1億×2)+(10万×99)+(1000万×10)+(5000×10万)+(300×100万)

=3億+2億+990万+1億+5億+3億

=14億990万


14億990万÷30億=0.4699666・・・

0.4699×100=46.99%



期待値は46.99%となりました。期待値としては低めでしょうか。噂によると次の年末ジャンボがすごいらしいので、ここはジャンプするための踏み込みになっているのかもしれないですね。もちろん噂は噂なので信憑性には欠けます。


そういえば私は計算した期待値があっているかどうかの確認のために他サイトさんを見るようにしていたのですが、今回初めて他サイトさんの期待値計算が見つからないという事態になっています。

最近のGoogleさんは異常なほど記事の内容に厳しくなったため、実際に期待値の記事は投稿されているのでしょうが、検索はさせてくれない状態になっているのだと思います。もしかしたらこの記事も検索エンジンに載らずに必要とされている方に全く届かないかもしれませんね。

愚痴になりますが、Googleさんはなんでそんな仕様にしたんでしょうか。検索される側として不便なのは仕方ないとしても、検索する側から不便では意味がないでしょう。本当に早く直してもらいたいものです。


と、完全に脱線しました(笑)。なんだかんだ言っても見られているブログなので、こういった形であっても更新を続けていくのも悪くはないかなと思います。
posted by ゼロハジ at 2016年09月28日 17:32 | Comment(0) | 宝くじ

2016年サマージャンボの期待値計算

最近はまたFXの人気が大きく上がっているようですね。イギリスのEU離脱という長期間(2年以上)の大きな要因がありますし、実際にEU離脱の結果が出てからは円高方向への動きが激しく、さらに市場介入の可能性が示唆されるなどチャンスの多い相場ではあります。

一方でFXで大損をした方もいたようですね。億単位で損失を出されている方の画像がいくつも見つかりましたし、チャンスでもありリスクでもある状態はしばらくは続くのかもしれません。


と、久々にFXらしいことを書いてみましたが、今回もいつものように期待値の計算記事です。

今回発売されたのは「サマージャンボ」宝くじ。特徴としては、2等が「1000万円」「豪華客船の旅」「所さんのカスタマイズカー」から選択できるというこれまでにない賞金と賞品の選択という新しい要素が試されています。もちろん実際のところ「1000万円」以外を選ぶ方はほとんどいないと思うのですが、これからの可能性として「賞品も選択できる」というのは小さくないと思います。しかし実験的にやるとしても、リスクのある2等からというのは何故だったのでしょうか。100万円クラスの当選から始めるのが無難だと思うのですが・・・

それにしても「所さんのカスタマイズカー」と「豪華客船の旅」って何なのかと調べて見ましたが、所さんというのはもちろん「所ジョージ」さんであり、豪華客船は「クイーン・エリザベス号」とのこと。それぞれ先着順で5名と10組20名となっていて、当せんしても必ずしも選べるわけではないそうです。特に選ぶためには条件もあるので実際に賞品を受け取るのはなかなか厳しいのかもしれません。ちなみに「豪華客船の旅」は2タイプから選べ、そのうち一つは「世界一周127日間」というとてつもない規模となっています。

またサマージャンボミニ7000万も同時発売、こちらは賞品はなくこれまでどおりの宝くじとなっています。


では期待値の計算に行きたいと思います。2等賞品に関しては1000万円相当の扱いとなっているため、特に考慮せずそのまま1000万円とします。



「サマージャンボ宝くじ(市町村振興 第696回全国自治宝くじ) 」


(5億×1)+(1億×2)+(10万×99)+(1000万×4)+(3万×2000)+(3000×10万)+(300×100万)

=5億+2億+990万+4000万+6000万+3億+3億

=14億990万


14億990万÷30億=0.4699666・・・

0.469966×100=46.9966



今回の期待値は46.9966%となりました。去年のサマージャンボの期待値が48.33%ですから、それなりに下がっているというのが正直なところ。やはり2等の1000万円相当の賞品のところでコストがかかっているからでしょう。



「サマージャンボミニ7000万(市町村振興 第697回全国自治宝くじ)」

(7000万×10)+(100万×40)+(10万×300)+(7000×5万)+(300×100万)

=7億+4000万+3000万+3億5000万+3億

=14億2000万


14億2000万÷30億=0.47333・・・

0.4733×100=47.33%



こちらの期待値は47.33%となりました。去年の同じ7000万ミニの期待値は47.66%ですから、こちらも減っています。

少し前のジャンボ系宝くじの期待値を調べて見ましたが、今回の期待値はやはりだいぶ低めである印象を受けました。賞品のコストがジャンボミニの方まで影響を与えたのでしょうか?それともたまたま?いずれにしても新たな試みはメリットもデメリットも生んだような気がします。
posted by ゼロハジ at 2016年07月07日 05:04 | Comment(7) | FX初心者用記事まとめ

2016年のドリームジャンボ宝くじの期待値計算

5月11日よりジャンボ系宝くじである「ドリームジャンボ宝くじ」と「ドリームジャンボミニ7000万」が発売されています。このブログの役目はもはやジャンボ系宝くじの期待値の計算しかないので、発売日には更新できませんでしたが、きちんと今回も役目を果たしたいと思います(笑)

今回の特徴としては「熊本地震の被災地支援」ということでしょう。当せん金や等に大きな変化はないですが、発売した一部を地震支援分という扱いにし、最終的に約40億円が支援に回されるとのこと。地震があったのが先月ですから、1ヶ月足らずで対応したというのは褒めても良いと思います。宝くじの名称も変わっていますし、絵柄にも「くまもん」が(取ってつけたように)いますから対応度は高い気はします。


では期待値の計算に行きましょう。今回は2種類ありますが、まずは「ドリームジャンボ」の方から。


「熊本地震被災地支援 ドリームジャンボ宝くじ(第694回全国自治宝くじ)」の期待値計算

(5億×1)+(1億×2)+(10万×99)+(1000万×3)+(2万×3000)+(4000×10万)+(300×100万)

=5億+2億+990万+3000万+6000万+4億+3億

=14億9990万


14億9990万÷30億=0.49996666・・・

0.4999×100=49.99%



ということで期待値は49.99%でした。確か前回の東日本の際は期待値がだいぶ低く、「支援だから仕方ない」と納得した覚えがありますが、今回は支援の規模が小さいということもあってか期待値の減少は見られないどころか充分すぎるものとなっています。



「熊本地震被災地支援 ドリームジャンボミニ7000万(第695回全国自治宝くじ) 」の期待値計算

(7000万×10)+(100万×100)+(4000×10万)+(300×100万)

=7億+1億+4億+3億

=15億

15億÷30=0.5

0.5×100=50%



と、きっかり50%となりました。気持ちいいぐらいぴったりの50%。4等までしかないため、通常のジャンボ宝くじに比べて調整しやすいのかもしれません。


期待値が高ければそれだけ購入しやすくなって地震の支援にもつながるのかもしれないですね。

そういえば変な時間に更新していますが、特に意味はないです。最近よく眠れないもので、この時間に作業することも普通になってきました。健康って大事なんですよ
posted by ゼロハジ at 2016年05月13日 04:13 | Comment(0) | 宝くじ